ソーク族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソーク族: Sac, Sauk)は、インディアン部族(アメリカの先住民族)のひとつである。正式には「アサキワキ族(黄色い大地の人々)」といい、これがなまって「サキ族(saki)」、「サック族(sac)」、「ソーク族」などと呼ばれている。「フォックス族」とは近縁で、緊密な提携を結んでおり、「ソーク&フォックス」としてしばしば同一部族に数えられる。

もともとはウィスコンシンなど、北東部の森林部族だった。19世紀の白人による強制移住によって、現在はほとんどがオクラホマに定住させられている。

1834年エイブラハム・リンカーンが、ホイッグ・民主党の連立候補としてイリノイ州下院議員に初当選。これにより、イリノイ州軍の大尉となりニュー・セーレムの連隊を率いた。結果、イリノイ州の圧倒的な勝利となり、ブラックホーク率いるソーク族は全滅に近い被害を出した。

ソーク族の格言

  • 私の前を歩くな、私が従うとは限らない。
  • 私の後を歩くな、私が導くとは限らない。
  • 私と共に歩け、私たちはひとつなのだから。