マニトバ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニトバ州
Manitoba
マニトバ州の旗
州旗
モットー: ラテン語:"Gloriosus et Liber"
(英語:Glorious and free)
マニトバ州の位置
基本データ
州花 プレーリークロッカス
Prairie Crocus
州木 ホワイトスプルース
White Spruce
州鳥 カラフトフクロウ
州都 ウィニペグ
最大の都市 ウィニペグ
州の公用語 英語仏語は完全な公用語ではないが広く行政機関で使用されている)
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域(割合)
最高標高
(国内第8位)
647,797 km²
553,556 km²
94,241 km² (14.5%)
832 m
人口2011年
 - 総計
 - 人口密度
(国内第5位)
1,208,268
2.2 人/km²
GDP2011年
 - 州合計
 - 1人当たり
(国内第6位)
558億9,400万[1]カナダドル
4万4,654カナダドル
連邦政府加入
 - 順番
 - 加入年月日

5番目
1870年7月15日
時間帯 中部標準時(CST、UTC-6
中部夏時間(CDT、UTC-5
郵便コード
郵便番号
ISO 3166-2:CA
MB
R
CA-MB
公式サイト www.gov.mb.ca
行政
副総督 フィリップ・S・リー
Philip S. Lee
州首相 グレッグ・セリンジャー
Greg Selinger:新民主党)
カナダ議会
 -下院議席数
 -上院議席数

14
6

マニトバ州: Manitoba)は、カナダの1つ。

西はサスカチュワン州、東はオンタリオ州、北はヌナブト準州と接し、南は国境を隔ててアメリカ合衆国ミネソタ州ノースダコタ州と接する。北東部はハドソン湾に面する。カナダのプレーリー3州の一つ。

州都および最大都市のウィニペグに、人口の半数以上が集中している。

歴史[編集]

マニトバは欧州人が移住するまでは、オジブワ族、アシニボイン(Assiniboine)族などの先住民族の住む地域であった。

17世紀よりイギリス人およびフランス人が探索し始めた。北米大陸での英仏戦争(「7年戦争」とも呼ばれる)の結果、イギリスが1763年パリ条約によりこの地域を獲得し、「ハドソン湾会社」の広大な私有地、ルパート・ランドとなった。レッドリバー植民地の建設などイギリス人の植民が進んだ結果、メティとの衝突が生じ、また毛皮交易をめぐるハドソン湾会社と北西会社の争いなどもからみ、1816年にはセブン・オークスの戦いが発生した。

ルイ・リエルに率いられたメティにより1869年に設立された臨時政府が元となり、カナダ連邦政府との交渉の結果、1870年カナダ自治領(Dominion of Canada)に加入。この当時は現在の1/18の面積であったが、ノースウェスト準州の土地を吸収する形で拡大し1912年に現在の大きさとなった。

地理[編集]

「カナダのへそ」とも呼ばれ、広大なプレーリーが広がっている。辺り一帯が平地であり、360度見回しても山をひとつも見ることができない。州内の最高地点はウィニペゴシス湖西側のボールディー山で、832mである。

州の中部から南部にかけてウィニペグ湖ウィニペゴシス湖マニトバ湖の3つの大きな湖がある。ウィニペグ湖にはサスカチュワン川レッド川ウィニペグ川ドーフィン川が流れ込み、またネルソン川が流れだし、ハドソン湾へと注ぐ。水はけが非常に悪くボウフラが成長しやすいため、例年、による被害が絶えない。

人口動態・言語[編集]

2011年の国勢調査によると人口は1,208,268人[2]。そのうち、730,018人と半数以上がウィニペグ都市圏に集中している。州民の内、ウクライナ人を祖先に持つものが14.7%を占め、おなじカナダのアルバータ州と共に北米でのウクライナ人の拠点となっている。フランス人の入植者も多かったことから、州南部を中心にフランス系も多く148,370人を数える。

また、2011年国勢調査による人種別統計では69.8%が白人、13.0%が非白人でそのうちフィリピン人が最も多く、59,220人となり州全体の5.0%を占める。先住民が17.0%を占め、これはカナダの州のなかでは最大であり、州の民族のなかでは最も人口増加率が高い。

2006年国勢調査によると、州民の母語は英語が75.0%、6.0%がドイツ語、フランス語が3.9%、3.0%が先住民のアルゴンキン語族となっている。フランス語は公用語には制定されていないものの、フランス系の多い南部の一部地域を中心に使われ、教育や行政サービスなどで使われている。歴史的にウィニペグのサン・ボニファス地区がフランス語系文化の拠点となっている。

気候[編集]

北アメリカ大陸の中央という立地条件のため、極端な気候を有する。例えばウィニペグでは、「夏は暑く(最高気温38℃)、冬は寒い(体感最低気温-55℃)」という極端な気候である。一般的に、気温と降水量は南から北に向かって低減し、同時に降水量は東から西にむかって低減する。トンプソンを含む北部は亜寒帯気候ドーフィンを含む中部は大陸性気候ブランドンを含む南西部はステップ気候、ウィニペグを含むその他の南部は湿潤大陸性気候に分類される。また、晴天日の多い州であり、年間晴天時間はカナダの全州の中で最も多い。[3]

経済[編集]

マニトバ州の経済は、農業、観光業、エネルギー産業、石油産業、鉱業、林業等に大きく依存している。中でも農業は州経済の中心を担っており、マニトバ州はカナダ全農地の約12%を占める。[4]

主要都市[編集]

マニトバ州議事堂

※人口はいずれも2011年時点のもの[5]

教育[編集]

大学[編集]

スポーツチーム[編集]

交通[編集]

サスカチュワン州からイエローヘッド・ハイウェイでマニトバ州に入る州境にある看板。
鉄道
  • カナダ太平洋鉄道(CPR、Canadian Pacific Railway) - ウィニペグに駅があり、カナダ東部および西部、そしてアメリカと結ばれている
  • カナディアン・ナショナル鉄道(CN、Canadian National Railway) - ウィニペグに駅があり、カナダ東部および西部、そしてアメリカと結ばれている
  • VIA鉄道VIA Rail) - ウィニペグに駅があり、カナダ東部、西部、チャーチルと結ばれている
  • ハドソン湾鉄道 - チャーチルと州内の地域を結んでいる
州内の空港

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Statistics Canada. Gross domestic product, expenditure-based, by province and territory (2011); November 19, 2013 [cited September 26, 2013].
  2. ^ Statistics Canada. Population and dwelling counts, for Canada, provinces and territories, 2011 and 2006 censuses; 8 February 2012 [cited 8 February 2012].
  3. ^ Manitoba Canada”. Environment Canada. 2008年11月28日閲覧。
  4. ^ Total farm area, land tenure and land in crops, by province”. Statistics Canada. 2009年1月10日閲覧。
  5. ^ Manitoba Municipality population counts”. Statistics Canada. 2012年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]