ウィニペグ・ジェッツ (2011-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィニペグ・ジェッツ
Winnipeg Jets

マニトバ州ウィニペグ
創設1999年
所属カンファレンス
所属ディビジョン
歴代チーム名
  • ウィニペグ・ジェッツ(2011 - )
本拠地
収容人員: 15,015人
チームカラー
  • ライトブルー、紺、赤、銀、白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 なし
アブコワールド なし
カンファレンス優勝 なし
ディビジョン優勝 なし
プレジデンツトロフィー なし
組織
オーナー: トゥルー・ノーススポーツ・アンド・エンタテイメント
GM: ケビン・シューベルデイオフ
HC: ポール・モーリス
主将: アンドリュー・ラッド

ウィニペグ・ジェッツWinnipeg Jets)はカナダマニトバ州ウィニペグを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

なお、1996年までウィニペグには同名のチーム名、ウィニペグ・ジェッツ(現:フェニックス・コヨーテズ)が存在していたが、経営母体、歴史的経緯などが異なる別チームであるため、当記事では分けて解説する。

歴史[編集]

ジェッツの前身となるアトランタ・スラッシャーズ1997年アトランタ・フレームスの代替チーム(フレームスは1980年カルガリーに移転しカルガリー・フレームスとなった)として、NHLのフランチャイズ権を獲得した。2007年にチーム初のプレーオフ進出を果たしたが第1ラウンドで、ニューヨーク・レンジャースに、4連敗の末敗退した。その後はプレーオフ争いどころか下位に低迷するシーズンが続くことになった。

2011年4月頃、経営不振と観客減少に喘ぐスラッシャーズが新たにフランチャイズ移転を摸索している話が、ニュースを中心に流れ、ウィニペグ市民からはジェッツ復活の期待が高まった。後に2011年5月にカナダの企業「トゥルー・ノース(True North Sports and Entertainment)社」に所有権が譲渡され、5月31日にコミッショナーから新たなフランチャイズをマニトバ州に移転することを発表、市民は歓喜の渦に包まれ、見切り発進にも拘わらずNHLシーズンチケットは発表後、数日で完売した。後にマニトバ州ウィニペグに本拠地を移動しチーム名を、長年親しまれていたウィニペグ・ジェッツに改名することが発表され、同年6月にNHLから正式に承認された。

なお、ジェッツのチーム名はウィニペグ郊外に北アメリカ航空宇宙防衛司令部の空軍基地が存在することに因み、ジェット機(戦闘機)に由来する。新たなチームマークは戦闘機を図案化し、カナダの象徴となっているメイプルリーフ(サトウカエデ)に見立てたものとなっており、新ユニフォームのお披露目式は空軍基地で行われている。


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]