アナハイム・ダックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナハイム・ダックス
Anaheim Ducks

カリフォルニア州アナハイム
創設1993年
所属カンファレンス
所属ディビジョン
歴代チーム名
  • アナハイム・ダックス(2006 - )
  • マイティダックス・オブ・アナハイム(1993 - 2006)
本拠地
収容人員: 17,174人
チームカラー
  • 黒、金、オレンジ、白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (1回) 2007
アブコワールド なし
カンファレンス優勝 (2回) 2003・2007
ディビジョン優勝 (2回) 2007・2013
プレジデンツトロフィー なし
組織
オーナー: ヘンリー・サミュエリ
GM: ボブ・マレー
HC: ブルース・ブードロー
主将: ライアン・ゲツラフ

アナハイム・ダックスAnaheim Ducks)はアメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

2005年までのチーム名はマイティダックス・オブ・アナハイムアナハイム・マイティダックス)だった。

歴史[編集]

●設立

このチームは1992年ウォルト・ディズニー・カンパニーによって設立された。チーム名は、アマチュア・ホッケーチームに属する若者達の奮闘を描いたディズニー映画のタイトル『The Mighty Ducks』(邦題:『飛べないアヒル』)にちなんで命名された(なお、伝統を重んじる保守的な立場からは、浅薄な名前であるとの批判もある)。ディズニー社は引き続き『マイティ・ダックス』と呼ばれるテレビアニメシリーズを製作し、擬人化されたアヒルで構成された虚構のチーム「マイティダックス・オブ・アナハイム」を登場させた。

1993年、設立後最初のドラフト抽選では、日系三世のポール・カリヤ (Paul Kariya) を第1巡目(全体では4番目)で指名。その後カリヤはキャプテンとして新興マイティダックスの大黒柱となり、チームを2003年のスタンレー・カップ決勝出場の栄光へと導く(カリヤはその後コロラド・アバランチへ移籍、ナッシュビル・プレデターズセントルイス・ブルースでプレーし2010-2011シーズン終了後引退)。


●カリヤ、セラニの「ダイナミック・デュオ」時代

1996年2月、シーズン途中でウイニペグ・ジェッツとの大型トレードでティーム・セラニを獲得。これによりカリヤ、セラニという当時のNHLを代表する強力な攻撃ライン「ダイナミック・デュオ」を持つようになった。また、カリヤはこのシーズンからアナハイムのキャプテンとしてもチームを引っ張っていく。

1996-1997シーズン、マイティ・ダックスは初のプレーオフ進出を果す。1997年プレーオフ1回戦でフェニックス・コヨーテズを4勝3敗で下すものの、準決勝でデトロイト・レッドウィングスの前に敗れ去った。

長野オリンピックを控えた1997-1998シーズンは日本でバンクーバー・カナックスを相手に開幕戦を行う(1997年10月、東京代々木第一体育館)。カリヤは契約のこじれから開幕戦から12月まで出場ができず、復帰後の翌年2月には試合中に激しいチェックを受け負傷、そのままシーズンを終えることとなる。アナハイムはそのあおりをくらい1998年のプレーオフ出場を逃す。

1998-1999シーズンは新しいヘッドコーチの下でウエスタン・カンファレンス6位に滑り込み1999年プレーオフ出場。しかし1回戦でデトロイト・レッドウィングスの前にまたしても敗れ去った。

1999-2000シーズンはプレーオフ圏内のサンノゼ・シャークスまで4Pと迫りながら上に行くことができずプレーオフ出場を逃す。

2000-2001年は新コーチ、ブライアン・マレーの下でのシーズンを送ったがウエスタン・カンファレンス最下位に沈み早々にシーズンが終わることとなりチームはドン底に陥る。このシーズン終了後、主力のひとりであるティーム・セラニがトレードでサンノゼ・シャークスに移籍、アナハイムから離れることになりカリヤとのダイナミック・デュオは解散となる。


●初のスタンレー・カップ決勝へ出場へ

2001-2002シーズンはセラニが去ったチームでカリヤが奮闘するもパシフィック・デイビジョン最下位、ウエスタン・カンファレンス全体でも15チーム中13位という結果で早々にシーズンが終わる。

2002-2003シーズンはマイティダックスでのチーム史上最も華々しい活躍を見せた年であった。シーズン途中でカルガリー・フレームズからロブ・ニーダーマイヤーを獲得し攻撃力を増強、レギュラーシーズンが進むほどしり上がりに調子を上げレギュラーシーズン終了時95Pを獲得しウエスタン・カンファレンス7位で2003年プレーオフ出場を果たす。プレーオフ1回戦で前年度のスタンレー・カップ覇者デトロイト・レッドウィングスをなんと4-0のスイープで撃破、対戦前の下馬評を覆し周囲を驚かせる。続く準決勝でダラス・スターズウェスタン・カンファレンス決勝でミネソタ・ワイルドを相次いで下し初のカンファレンス優勝を達成しスタンレー・カップ決勝に進出する。スタンレー・カップ決勝では第7戦までもつれ込んだがニュージャージー・デビルスの前に涙を飲んだ。プレーオフで活躍したゴーリーのジャン=セバスチャン・ジゲール (Jean-Sebastien Giguere) がスタンレー・カップ準優勝チームからとして初のコーン・スマイス賞を獲得した。


●ポストカリヤ時代と「マイティダックス」の終焉

2003-2004シーズンを控えた2003年夏、アナハイムに衝撃が走る。残留と思われたポールカリヤがFAでコロラド・アバランチへの移籍が決まる。セルゲイ・フェドロフ、ヴァーツラフ・プロスパルの加入、先シーズンのコーン・スマイス賞受賞ゴーリー、ジゲールの活躍はあったもののカリヤの抜けた穴はあまりにも大きく去年のような勢いは消滅、ウエスタン・カンファレンス12位でプレーオフ出場ならずシーズンを終える。また、このシーズンからマイティダックスの親会社であるディズニーがチームを手放すのではないかという身売りの話題が持ち上がり始める。

2004年から2005年のNHLロックアウトを経て2005年8月、ダックスはスーパースターのスコット・ニーダーマイヤー (Scott Niedermayer)を獲得した。 所属していたニュージャージー・デビルスは労使交渉を経て2005年に設置されたサラリーキャップ内での、提示できる最大額を提示したが、弟のロブ (Rob)がダックスに所属していたので「Robと一緒にプレーしたい」ということで、デビルスに比べ条件の悪いダックスの提示に同意した。キャプテンが決まっていなかったダックスは即彼をキャプテンに指名した。同じくこの月にはニーダマイヤーの獲得のほかにもうひとつアナハイムを喜ばせる事件が起きる。かつてのアナハイムの主力のひとり、ティーム・セラニのアナハイム復帰が発表された。 2005-2006シーズンは上記の補強に加え新人のライアン・ゲツラフ、コリー・ペリーとダスティン・ペナーの通称「キッド・ライン」の活躍もありウエスタン・カンファレンス6位で2006年プレイオフの出場を果たす。2006年プレーオフでは1回戦では第7戦までもつれながらカルガリー・フレームズを撃破、準決勝ではコロラド・アバランチをスイープで勝ちあがり久々のカンファレンス・ファイナルへ進むがカンファレンス・ファイナルではエドモントン・オイラーズに1-4で敗れスタンレーカップ決勝へは進めず。しかし来シーズンに期待が持てるチームになりつつあるのを実感したシーズンとなった。

また2005年2月に、ブロードコム社の共同創業者でありカリフォルニア州アーバイン在住のヘンリー・サミュエリ (Henry Samueli) が、チームをウォルト・ディズニー・カンパニーから買収する契約に調印。身売りの噂は真実のものとなりディズニーはこれで野球のアナハイム・エンゼルスに引き続きアナハイム・マイティダックスも手放してプロスポーツの運営から撤退した。新オーナーのサミュエリは買収にあたり、アナハイムからのチーム移転を否定している。


●新生ダックスの誕生、そして初のスタンレーカップ獲得へ

2006-2007シーズンよりアナハイム・ダックスとチーム名を変更することを発表した。それに伴い、チームカラー及びチームロゴ、ユニフォームが変更された。 チームカラー及びチームロゴ、ユニフォームが変更して1年目のシーズンである2006-2007シーズンは先シーズンの好調を持続し、終わってみればレギュラーシーズンのチーム新記録の110Pを達成、ウエスタン・カンファレンス2位でプレーオフへ進む。2007年プレーオフは1回戦でミネソタ・ワイルド、準決勝ではバンクーバー・カナックスを共に4-1撃破、カンファレンス・ファイナルでは長年の「宿敵」であるデトロイト・レッドウイングスと対戦するが4-2で退け2度目のカンファレンス優勝を果たす。そしてスタンレー・カップ決勝ではオタワ・セネターズと対戦、4勝1敗でセネターズを退け、チーム史上初のスタンレーカップ獲得を果たした。プレーオフMVPに与えられるコーン・スマイス賞をスコット・ニーダーマイヤーが獲得した。


●転換期

2007-08シーズンを前にしてスコット・ニーダーマイヤーと、前年のチーム得点王のティーム・セラニ (Teemu Selanne)は引退をほのめかしたが、お互いに現役続行を決断、最終的な復帰は二人とも年が変わってからとなった。主将抜きのチームは、2006年にトレードで獲得したクリス・プロンガー (Chris Pronger)を主将に任命しウエスタン・カンファレンス3位でレギュラーシーズンを終了する。第4シードで、ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ2008年プレーオフでは1回戦でダラス・スターズに敗退した。

2008-2009年はウエスタン・カンファレンス8位とぎりぎりでプレーオフ出場権を獲得するも、2009年プレーオフは準決勝敗退で終わる。

2009-2010シーズンの前にアナハイムはロブ・ニーダーマイヤーやクリス・プロンガーなどスタンレー・カップ奪取の主力を放出。またシーズン中に長年アナハイムのゴールを守ったジゲールもトレードで放出、ウエスタン・カンファレンス11位で終わり2010年プレーオフ出場を逃す。またこの2009-2010シーズンを最後にスコット・ニーダーマイヤーが引退しクラブのフロント入りをする。新生ダックスのひとつの時代の終わりを感じさせた。


●ゲツラフ、ペリーの新ダイナミックデュオの時代

スコット・ニーダーマイヤー引退後の2010-2011シーズンはライアン・ゲツラフがキャプテンに就任、ゲツラフ、ペリー、セラニやゴーリーのヒラーの活躍もありウエスタン・カンファレンス5位で2011年プレイオフ出場を果たす(2011年プレーオフはナッシュビル・プレデターズに1回戦敗退)。このシーズンは特にコリー・ペリーの活躍が際立った年で1998-1999シーズンのティーム・セラニに続くチーム2人目のモーリス・ロケット・リシャール賞(シーズン得点王)を達成、さらにチームから初のハート記念賞 も獲得した。

2011-2012シーズンを直前に控えた9月、アナハイムに悲報が届く。2003年スタンレー・カップ準優勝のメンバーであるルスラン・サレイがロシアで飛行機事故に巻き込まれこの世を去ってしまう。アナハイムはこのシーズン、サレイの背番号「24」のパッチをジャージに付けシーズンを戦った。2011-2012シーズンはゲツラフ、ペリー、ライアンという去年同様強力なフロントラインも持ちながらチーム成績は去年の好成績が嘘のように下位を低迷、チーム成績は2009-2010シーズンを下回るロックアウト以後最低のウエスタン・カンファレンス13位でシーズンを終えた。

2012年9月、NHLは新労使協定締結を目指していたオーナー側と選手側の交渉が決裂し、2度目のロックアウトが発生。2013年1月12日にロックアウトが終結し、1月19日より開幕、2012-2013シーズンはレギュラーシーズンは48試合のみとなった(イースタン・カンファレンスのチームとの対戦はなく、ウエスタン・カンファレンスのチームとの対戦のみ)。アナハイムはスタンレー・カップ獲得の2006-2007シーズン以来2度目のパシフィック・ディビジョン優勝。2013プレーオフでは期待が掛ったが1回戦でデトロイト・レッドウイングスと対戦、第5戦終了時3-2で準決勝進出までとあと一歩とリードしながら結局デトロイトにひっくり返されて敗退した。

2013-2014シーズンを控えた2013年8月、ティーム・セラニの今季限りからの引退が発表された。またこのシーズンはチーム創設20周年の節目となり記念パッチを付けて戦うこともアナウンスされた。シーズン前にボビー・ライアンを放出したもののFAで2006-2007シーズンにゲツラフ、ペリーと「キッド・ライン」を組んでいたダスティン・ペナーがアナハイムに復帰(しかしシーズン終盤でボストン・ブルーインズに放出)、ゴーリーのヒラーと新人ゴーリーのフレデリック・アンデルセンの活躍もありレギュラーシーズン終了時にはプレジデンス・トロフィー獲得のボストン・ブルーインズまであと1Pに迫る116Pを獲得。パシフィック・ディビジョン2年連続優勝、ウエスタン・カンファレンス1位のスタンレーカップ優勝候補として2014プレーオフへ進む。プレーオフ1回戦でダラス・スターズ4-2を下し準決勝はロサンゼルス・キングスと対戦。最終戦7戦までもつれたが3-4で準決勝敗退となり、同時にティーム・セラニの現役生活にピリオドを打つ形となった。

2014-2015シーズンも先期の好調を維持、またシーズン前にバンクーバーから加入したライアン・ケスラーの戦力補強も功を奏し109Pでレギュラーシーズン終える。パシフィック・ディビジョン3年連続優勝、去年に引き続きウエスタン・カンファレンス1位で2015プレーオフへ進んだ。

シーズン別の成績[編集]

マイティダックス・オブ・アナハイム時代(1993-2006)[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1993-94 84 33 46 5 - 229 251 71 パシフィック4位 不参加
1994-95 48 16 27 5 - 125 164 37 パシフィック6位 不参加
1995-96 82 35 39 8 - 234 247 78 パシフィック4位 不参加
1996-97 82 36 33 13 - 243 233 85 パシフィック2位 カンファレンス準決勝敗退 (DET)
1997-98 82 26 43 13 - 205 261 65 パシフィック6位 不参加
1998-99 82 35 34 13 - 215 206 83 パシフィック3位 カンファレンス準々決勝敗退 (DET)
1999-00 82 34 33 12 3 217 227 83 パシフィック5位 不参加
2000-01 82 25 41 11 5 188 245 66 パシフィック5位 不参加
2001-02 82 29 42 8 3 175 198 69 パシフィック5位 不参加
2002-03 82 40 27 9 6 203 193 95 パシフィック2位 スタンレー・カップ決勝敗退 (NJ)
2003-04 82 29 35 10 8 184 213 76 パシフィック4位 不参加
2005-06 82 43 27 - 12 254 229 98 パシフィック3位 カンファレンス決勝敗退 (EDM)

アナハイム・ダックス時代(2006-)[編集]

GP W L OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
2006-07 82 48 20 14 258 208 110 パシフィック1位 スタンレー・カップ獲得
2007-08 82 47 27 8 205 191 102 パシフィック2位 カンファレンス準々決勝敗退 (DAL)
2008-09 82 42 33 7 245 238 91 パシフィック2位 カンファレンス準決勝敗退 (DET)
2009-10 82 39 32 11 238 251 89 パシフィック4位 不参加
2010-11 82 47 30 5 239 235 99 パシフィック4位 カンファレンス準々決勝敗退 (NSH)
2011-12 82 34 36 12 204 231 80 パシフィック5位 不参加
2012-13 48 30 12 6 140 118 66 パシフィック1位 カンファレンス準々決勝敗退 (DET)
2013-14 82 54 20 8 263 207 116 パシフィック1位 カンファレンス準決勝敗退 (LAK)
2014-15 82 51 24 7 228 221 109 パシフィック1位

スタンレーカップ戦績[編集]

優勝[編集]

2006-2007

準優勝[編集]

2002-2003

永久欠番[編集]

  • #8 ティーム・セラニ(RW 1996-2001、2005-2014 2014年引退)

2015年1月11日 アナハイム、ホンダセンターでの対ウイニペグ・ジェッツ戦において引退セレモニーが行われた。

ウイニペグ・ジェッツはティーム・セラニがNHLデビューを果たした最初のチームでもある

外部リンク[編集]