アナハイム・ダックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナハイム・ダックス
Anaheim Ducks

カリフォルニア州アナハイム
創設1993年
所属カンファレンス
所属ディビジョン
歴代チーム名
  • アナハイム・ダックス(2006 - )
  • マイティダックス・オブ・アナハイム(1993 - 2006)
本拠地
収容人員: 17,174人
チームカラー
  • 黒、金、オレンジ、白
獲得タイトル(獲得年)
スタンレーカップ優勝 (1回) 2007
アブコワールド なし
カンファレンス優勝 (2回) 2003・2007
ディビジョン優勝 (2回) 2007・2013
プレジデンツトロフィー なし
組織
オーナー: ヘンリー・サミュエリ
GM: ボブ・マレー
HC: ブルース・ブードロー
主将: ライアン・ゲツラフ

アナハイム・ダックスAnaheim Ducks)はアメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムを本拠としているナショナルホッケーリーグNHL)所属のプロアイスホッケーチームである。

2005年までのチーム名はマイティダックス・オブ・アナハイム(アナハイム・マイティダックス)だった。

歴史[編集]

このチームは1992年ウォルト・ディズニー・カンパニーによって設立された。チーム名は、アマチュア・ホッケーチームに属する若者達の奮闘を描いたディズニー映画のタイトル『The Mighty Ducks』(邦題:『飛べないアヒル』)にちなんで命名された(なお、伝統を重んじる保守的な立場からは、浅薄な名前であるとの批判もある)。ディズニー社は引き続き『マイティ・ダックス』と呼ばれるテレビアニメシリーズを製作し、擬人化されたアヒルで構成された虚構のチーム「マイティダックス・オブ・アナハイム」を登場させた。

1993年、設立後最初のドラフト抽選では、日系三世のポール・カリヤ (Paul Kariya) を第1巡目(全体では4番目)で指名。カリヤはキャプテンとして新興マイティダックスの大黒柱となり、チームを2003年のスタンレー・カップ決勝進出の栄光へと導く(カリヤはその後コロラド・アバランチへ移籍し、現在はナッシュビル・プレデターズを経て、セントルイス・ブルースに移籍)。

1997年、マイティダックスは初のプレイオフ進出を果し、第1ラウンドでは4勝3敗でフェニックス・コヨーテズを下すものの、準決勝でデトロイト・レッドウィングスの前に敗れ去った。

2003年はチーム史上でも最も華々しい活躍を見せた年である。チームはプレイオフ緒戦でスタンレー・カップの前年度覇者デトロイト・レッドウィングス、準々決勝でダラス・スターズ、カンファレンス決勝でミネソタ・ワイルドを相次いで下し、スタンレーカップ決勝で第7戦までもつれ込んだがニュージャージー・デビルスの前に涙を飲んだ。プレーオフでアナハイムを幾たびも守り抜いた活躍を称え、ゴーリーのジャン-セバスチャン・ジゲール(Jean-Sebastien Giguere) にはコーン・スマイス賞が与えられた。

2004年から2005年のNHLロックアウトを経て、ダックスは、スーパースターのスコット・ニーダーマイヤー(Scott Niedermayer)を獲得する。 所属していたニュージャージー・デビルスは2005年に設置されたサラリーキャップ内での、提示できる最大額を提示したのだが、偶然か否か弟のRobがダックスに所属していたので「Robと一緒にプレーしたい」ということで、デビルスに比べ条件の悪いダックスの提示にもOKした。 キャプテンが決まっていなかったダックスは即彼をキャプテンに指名した。また、ブロードコム社の共同創業者でありカリフォルニア州アーバイン在住のヘンリー・サミュエリ (Henry Samueli) が、チームをウォルト・ディズニー・カンパニーから買収する契約に調印。サミュエリはアナハイムからのチーム移転を否定している。 2006-2007シーズンよりアナハイム・ダックスとチーム名を変更することを発表した。 それに伴い、チームカラー及びチームロゴ、ユニフォームが変更された。

チームカラー及びチームロゴ、ユニフォームが変更された一年目のシーズンである2006-07シーズンではチームはプレーオフで順調に勝ち進み、スタンレーカップ決勝でオタワ・セネターズと対戦した。四勝一敗でセネターズを退け、チーム史上初のスタンレーカップ獲得を果たしている。 プレイオフMVPに与えられるコンスマイストロフィーは前述のニーダーマイヤーが獲得した。

2007-08シーズンを前にしてニーダーマイヤーと、昨年のチーム得点王のテームー・セラーニ(Teemu Selanne)は引退をほのめかし、最終的な復帰は年が変わってからとなった。主将抜きのチームは、2006年にトレードで獲得したクリス・プロンガー(Chris Pronger)を主将に任命した。第4シードで、ディフェンディングチャンピオンとして挑んだプレーオフでは、まさかの1回戦敗退を喫した。

シーズン別の成績[編集]

マイティダックス・オブ・アナハイム時代(1993-2006)[編集]

GP W L T OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
1993-94 84 33 46 5 - 229 251 71 パシフィック4位 不参加
1994-95 48 16 27 5 - 125 164 37 パシフィック6位 不参加
1995-96 82 35 39 8 - 234 247 78 パシフィック4位 不参加
1996-97 82 36 33 13 - 243 233 85 パシフィック2位 カンファランス準決勝敗退 (DET)
1997-98 82 26 43 13 - 205 261 65 パシフィック6位 不参加
1998-99 82 35 34 13 - 215 206 83 パシフィック3位 カンファランス準々決勝敗退 (DET)
1999-00 82 34 33 12 3 217 227 83 パシフィック5位 不参加
2000-01 82 25 41 11 5 188 245 66 パシフィック5位 不参加
2001-02 82 29 42 8 3 175 198 69 パシフィック5位 不参加
2002-03 82 40 27 9 6 203 193 95 パシフィック2位 スタンレー・カップ決勝敗退 (NJ)
2003-04 82 29 35 10 8 184 213 76 パシフィック4位 不参加
2005-06 82 43 27 - 12 254 229 98 パシフィック3位 カンファランス決勝敗退 (EDM)

アナハイム・ダックス時代(2006-)[編集]

GP W L OL GF GA PTS 最終順位 プレイオフ
2006-07 82 48 20 14 258 208 110 パシフィック1位 スタンレー・カップ獲得
2007-08 82 47 27 8 205 191 102 パシフィック2位 カンファランス準々決勝敗退 (DAL)
2008-09 82 42 33 7 245 238 91 パシフィック2位 カンファランス準決勝敗退 (DET)
2009-10 82 39 32 11 238 251 89 パシフィック4位 不参加
2010-11 82 47 30 5 239 235 99 パシフィック4位 カンファランス準々決勝敗退 (NSH)

スタンレーカップ戦績[編集]

優勝[編集]

2006-2007

準優勝[編集]

2002-2003

外部リンク[編集]