サラリーキャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サラリーキャップSalary cap)とは、各プロスポーツチームが所属する選手に支払う年俸総額を毎年リーグ全体の収入に基づいて上限金額を調整し、規定する制度である。スポーツの分野、またはリーグの違いによって詳細は様々である。

概要[編集]

サラリーキャップの効果として、各チームの経営の健全化ということ以外に、一部の金満チームが金を使い選手を集めることを防ぎ、リーグの戦力を均衡化させるということがある。

実際、サラリーキャップを導入しているNFLの場合、連覇は難しいと言われ、スーパーボウルを3連覇しているチームは未だ出ていない。同じく、NBAも近年は王朝と呼ばれるチームでも3連覇が精一杯で、その次の年はNBAファイナルにすら進出できていない。

MLB日本プロ野球欧州プロサッカーなどでも契約金・年俸の高騰が問題視され、これを導入しようとする動きも見られているが具体的な方針がまだ固まっていない(ただし、日本ではbjリーグや独立リーグの四国アイランドリーグplusベースボール・チャレンジ・リーグでは導入されている)。なお、MLBでは代替策として贅沢税(ラグジュアリー・タックス)が導入されている。また、欧州サッカーではクラブごとでサラリーキャップを設けているケースがある。

アメリカンフットボール[編集]

NFL[編集]

北米プロフットボールリーグのNFLでは、フリーエージェント(FA)で移籍した特定選手に対する年俸の極端な高騰を抑制し、均等な戦力で試合をすることを目的に1994年から導入された。効果の1つとして、多くの高給与ベテランプレーヤーが放出された。

毎年リーグ主催者の総収入の一定の割合をNFL参加チームの数で割った金額が各チームのサラリーキャップとなる。各チームはそのサラリーキャップの上限(制限)金額までの範囲内で契約更改を交わすこととなる(一般にはチーム内の最高年俸の選手から数えて51人がその対象で、52人目からロースター限度の80人目までの給料は計算されない。契約金の上限をオーバーすると罰金やドラフト指名権が剥奪される罰則がある)。主催者総収入とは、全国放映権料(テレビ・ラジオ)、グッズなどのマーチャンダイジング、並びにホームゲームにおける有料試合(プレシーズンマッチ、公式戦)の入場料収入などを全て合算したものである[1]。また、上限を超過してはならない厳格なこれらの形式はハードキャップと呼ばれる。

NFLにおいてはサラリーキャップがその他の制度も含めて戦力均衡という目的に機能しており、過去20年間でスーパーボウル連覇を達成したチームはわずか4チーム(5回)しかなく、3連覇を達成したチームはスーパーボウル史上1チームも出ていない。

限度額は年々上昇しており、当初は3556万8000ドル(当時約41億5200円)であったが、2013年シーズンは1億2300万ドル(約127億9200万円)となった[2][3]

なお、サラリーキャップには下限も存在する。これは、極端に戦力を削ってまでもチーム総年俸を圧縮し、分配金への依存度を過度に高めるような、経営努力を放棄するチームが現れることを防止するためである[4]

バスケットボール[編集]

NBA[編集]

北米プロバスケットボールリーグのNBAでは1980年代前半には3分の2のチームが財政能力を超える高年俸を支払ったために経営不振に陥っており、NBAコミッショナーデビッド・スターンが考案し、1984年から導入された。定義された総収入(チケット収入と全国放映権料収入)の53%をリーグのチーム数で割って算出し、これが年俸総額の推定最大値となった(基準となる総収入に占める割合はその後に何度も変更されている)。年俸総額が既にサラリーキャップを超過していたチームは時間をかけて段階的に導入することが許されるなど、緩やかなソフトキャップを採用した[5]

1995年の協議では穴だらけだった部分の修正が行われた。新協約で一定期間を同じチームでプレイした選手も再契約が結びやすいようにサラリーキャップの上限を超えることが認められるのは3年以上となったが、例外が認められないNFLやNHLのサラリーキャップと違い、多くの例外が認められている。下限も存在しており、こちらは例外は認められず、サラリーキャップの75%以上の年俸の支払いが義務付けられている[5]

チームがロースター枠15人の選手に支払う年俸総額が一定の基準を超えると罰金が課される贅沢税も採用しており、徴収金は罰金を支払っていないチームに平等に配分される。2013年は総収入をチーム数で割った61.1%が基準額となっている。サラリーキャップや贅沢税の基準額は年々増加しており、2013-2014シーズンではサラリーキャップの限度額は5867万9000ドル(約61億262万円)となり、贅沢税の限度額は7174万8000ドル(約74億6179万円)にまで達した[6]

bjリーグ[編集]

日本では2005年より開幕したbjリーグで初めて採用される。球団及び球団職員などのから選手及び家族などへ支給される金銭その他報酬が対象となる。これに加え以下の各金額相当額をサラリーキャップに加算することができる。

  1. 日本国外在住の選手の(別途理事会で定める)住居費。
  2. トレードの対価として受けた金額。
  3. 選手の負傷時点から契約期限までの未払い報酬額。(医師の診断書を要する)

なお、トレードの対価としてトレード先に支払った金額、及びFA宣言選手に対して支払われる一時金についてはチームサラリーの対象外となる。

シーズン途中に契約解除となった選手については、年俸を均等日割りした上で、契約解除後の日数分はチームサラリーの対象から除外される。

初年度上限は約6000万円とされた。シーズンを重ねるごとにリーグ及び各球団の収入が反映され、2008-2009シーズンより7600万円に引き上げられる。

しかし、経営難のチームが多いことから、現時点では、全選手の年俸がサラリーキャップ限度額に遠く及ばないチームがほとんどである。よって、サラリーキャップは機能しているとは言い難く、成績面でも大きく反映している。

JBL[編集]

日本バスケットボールリーグ(JBL)でも2008年よりサラリーキャップが導入されている。総額上限は明らかにされていないが、bjリーグよりは上とされている。

また、制限対象は日本人選手に限定され、外国人選手については無制限となっている(試合中の外国人選手の出場枠は1人に限られているのが理由)。

しかし、JBLはプロチームも含め、プロ選手が主流だが、社員選手を中心に構成するチームもあるため、チームの年俸総額に大きな差が出ている。このため、サラリーキャップが機能しているとは言い難い。

ナショナル・バスケットボール・リーグ[編集]

オーストラリアのプロバスケットボールリーグ、NBLの2006-07シーズンの上限額はオーストラリアドルで776,000ドルで、2007-08シーズンには810,000ドルまで増加する。上限額はリーグの成長が見込まれたため2年連続で上昇した。

アイスホッケー[編集]

NHL[編集]

北米プロホッケーリーグのNHLはサラリーキャップを導入するまでに大きな労使対立を伴った。経営者側が提案した2004-2005シーズンからのサラリーキャップ導入に対して選手会が課徴金制度の導入や赤字チームへの利益再分配などを逆提案した。これに対して経営者側が2004年9月16日から全面的なロックアウト2004年から2005年のNHLロックアウト)を決行した。この時点では北米4大プロスポーツリーグの中でサラリーキャップ制度も、課徴金制度も実施していない唯一のリーグであった。その後に本来のシーズン中盤の時期になって選手会はサラリーキャップの導入を容認したが、650万ドルの隔たり(選手会側は上限4900万ドルを掲示したが、経営者側はそれよりも低い4250万ドルを掲示)を解消出来ず、2005年2月16日に北米4大プロスポーツリーグ史上初めてとなるシーズンの全試合中止が発表された[7]。同年7月13日に初年度は総収入の54%にあたる3900万ドルを上限とし、段階的に限度額を上げていくサラリーキャップの導入を盛り込んだ2011年までの労働協約を締結し、労使双方が協約を批准した22日に310日間に及んだロックアウトが終結した。これで北米4大プロスポーツリーグの中で導入していないのはMLBのみとなった。

NFLと同じく例外が全く認められない厳格なハードキャップを実施している。サラリーキャップの限度額は年々上昇しており、2013-2014シーズンでは上限は6430万ドル(約61億262万円)で、下限は4400万ドル(約45億7600万円)となっている[8]

野球[編集]

MLB[編集]

北米プロ野球リーグのMLBでは、1994年に経営者側がNBAとNFLに次いでサラリーキャップを導入することを提案したことに選手会が反発して、232日間に及ぶプロスポーツ史上最長のストライキ(1994年から1995年のMLBストライキ)を決行し、1994年のワールドシリーズも中止となった。

スト終結後に労使間交渉が行われ、1997年3月14日に、サラリーキャップの代替としてチームの年俸総額に贅沢税を、選手には年俸税を課し、球団間で収益を分配することを盛り込む新労働協約が締結された[9]。この制度の目的は、収入の低いチームにより多くの分配金を分配することで収支を改善し、戦力均衡を促すことにあったが、チームがポストシーズンに進出出来なくなると球団側は有力選手を放出し、チーム全体の年俸総額を下げて多額の分配金を受け取ることを画策するようになり、結果的に戦力の均衡は達成できなかった。そのため、2002年8月30日に締結された労働協約において、球団側が選手に支払う年俸総額が一定額を超えた場合、超過分に課徴金を課す贅沢税が導入された。4年間に一定額を超えた回数に応じて税率を引き上げていく内容となっており、2003年はチームのロースター枠40人の年俸総額が1億1700万ドルを超えた唯一のチームであるニューヨーク・ヤンキースが超過額の17.5%を課税された。税額は違反回数に応じて増し、2013年から最大で50%の税率が課されることになった[10]。年俸の高騰を抑制して戦力の均衡を図った結果、2001年以降ワールドシリーズの優勝チームが毎年入れ替わるなど一定の成果を上げている。

贅沢税が課される年俸総額は2011から2013年までは1億7800万ドル(約185億1200万円)であり、2014年から2016年までは1億8900万ドルとなる。ニューヨーク・ヤンキースは2003年から2013年まで11年連続で贅沢税を課されており、過去11年間で全球団が支払った贅沢税総額約2億851万ドルのうち、2億527万ドルを支払っている[11]。他はボストン・レッドソックスが6年(2004・2005・2006・2007・2010・2011年)、アナハイム・エンゼルス(2003年)とデトロイト・タイガース(2008年)とロサンゼルス・ドジャース(2013年)が1年ずつ課されている。

サッカー[編集]

MLS[編集]

北米のプロサッカーリーグのメジャーリーグサッカー(MLS)では他の米国プロリーグ同様サラリーキャップ制度が敷かれている。これは1970年代の北米サッカーリーグにて、ペレフランツ・ベッケンバウアーら高年俸選手を抱えすぎたゆえにリーグが破綻した反省を踏まえてMLS発足の際に制定された。以降、各クラブの年俸総額2,000,000ドル、一選手400,000ドルを上限としてきた。

しかし、2006年11月に「特別指名選手」制度が作られ、400,000ドルのサラリーキャップはそのままに各クラブ最大2名までその上限を超えて選手を獲得できるようになった。当時はMLSクラブの一部がデイビッド・ベッカム獲得に興味を示していた事もあり、この制度は「ベッカム・ルール」と揶揄された。ベッカムは特別指名選手第1号としてロサンゼルス・ギャラクシーに加入した。

Aリーグ[編集]

オーストラリアのプロサッカーリーグのAリーグでもサラリーキャップが導入されており、年俸合計が1,600,000ドル以下と定められている。ただしサラリーキャップの制限を受けない選手(マーキープレーヤー)を各クラブ1人獲得可能である。また。4試合限定のゲストプレイヤーも制限からは外れる。

バレーボール[編集]

韓国Vリーグ[編集]

韓国のバレーボールリーグVリーグでもサラリーキャップが導入されており、上限は13億ウォンとされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サラリーキャップ NFL JAPAN
  2. ^ Pawn Stars grantland.com
  3. ^ Year-by-Year Salary Cap nflcommunications.com
  4. ^ NFLフリーエージェントFAQ NFL JAPAN
  5. ^ a b メジャーリーグの法律とビジネスP174-177 ロジャー・I・エイブラム著
  6. ^ 2013-14 NBA SALARY CAP FIGURE SET AT $58.679 MILLION hangtime.blogs.nba.com
  7. ^ How previous NHL lockouts unfolded usatoday.com
  8. ^ NHL lockout ends: Here are the (tentative) highlights of their new deal nationalpost.com
  9. ^ メジャーリーグの法律とビジネスP184-195 ロジャー・I・エイブラム著
  10. ^ 「イチローとヤンキースの特別な関係」 NHKスポーツオンライン
  11. ^ Yankees hit with $28M luxury tax espn.go.com