NBAファイナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The NBA Finals logo.svg

NBAファイナルNBA Finals)とはNBAでそのシーズンのイースタン・カンファレンスウェスタン・カンファレンスの王者が対決してチャンピオンを決定するシリーズの事。プレーオフの締めくくりであり、シーズン最後のイベントでもある。通常は毎年6月に行われる。1986年まではNBAワールドチャンピオンシップ・シリーズと呼ばれていた。

概要[編集]

ラリー・オブライエン・トロフィーは、NBAファイナル勝者に授与される。

プレーオフの各シリーズと同様7試合制で、どちらかのチームが先に4勝した時点で終了する。レギュラーシーズンを通して勝ち数の多いチームがホームコートアドバンテージを持ち、相手チームよりも1試合多い最大4試合をホームでプレイすることができる。プレーオフではすべての試合で2-2-1-1-1フォーマット行う。かつては2-3-2フォーマットで行われていた。

優勝チームが決定すると、記者たちはシリーズで最も活躍したと考える選手に投票し、最多の票を獲得した選手はファイナルMVPに選出される(最多選出はマイケル・ジョーダンの6回)。ファイナルMVPが選ばれるようになったのは1969年からである。

優勝チームが決まると、試合優勝チームの選手や関係者にその場で葉巻が配られる習慣がある。また優勝チームの選手・関係者には指輪(チャンピオンリング)が配られる。この指輪は優勝チームに合わせて設計・製作されるので、優勝が決まった後に製作が行われ、関係者に渡されるのは通常次のシーズンの始め頃になる。

NBAファイナル成績[編集]

 太字 は優勝チーム、 -数字- は回数。

ウェスタン・カンファレンス 結果 イースタン・カンファレンス ファイナルMVP
1947年 シカゴ・スタッグズ 1-4 フィラデルフィア・ウォリアーズ  
1948年 ボルティモア・ブレッツ 4-2 フィラデルフィア・ウォリアーズ  
1949年 ミネアポリス・レイカーズ 4-2 ワシントン・キャピトルズ  
1950年 ミネアポリス・レイカーズ -2- 4-2 シラキューズ・ナショナルズ  
1951年 ロチェスター・ロイヤルズ 4-3 ニューヨーク・ニックス  
1952年 ミネアポリス・レイカーズ -3- 4-3 ニューヨーク・ニックス  
1953年 ミネアポリス・レイカーズ -4- 4-1 ニューヨーク・ニックス  
1954年 ミネアポリス・レイカーズ -5- 4-3 シラキューズ・ナショナルズ  
1955年 フォートウェイン・ピストンズ 3-4 シラキューズ・ナショナルズ  
1956年 フォートウェイン・ピストンズ 1-4 フィラデルフィア・ウォリアーズ -2-  
1957年 セントルイス・ホークス 3-4 ボストン・セルティックス  
1958年 セントルイス・ホークス 4-2 ボストン・セルティックス  
1959年 ミネアポリス・レイカーズ 0-4 ボストン・セルティックス -2-  
1960年 セントルイス・ホークス 3-4 ボストン・セルティックス -3-  
1961年 セントルイス・ホークス 1-4 ボストン・セルティックス -4-  
1962年 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス -5-  
1963年 ロサンゼルス・レイカーズ 2-4 ボストン・セルティックス -6-  
1964年 サンフランシスコ・ウォリアーズ 1-4 ボストン・セルティックス -7-  
1965年 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 ボストン・セルティックス -8-  
1966年 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス -9-  
1967年 サンフランシスコ・ウォリアーズ 2-4 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ -2-  
1968年 ロサンゼルス・レイカーズ 2-4 ボストン・セルティックス -10-  
1969年 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス -11- ジェリー・ウエスト
1970年 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ニューヨーク・ニックス ウィリス・リード
1971年 ミルウォーキー・バックス 4-0 ボルティモア・ブレッツ カリーム・アブドゥル=ジャバー
1972年 ロサンゼルス・レイカーズ -6- 4-1 ニューヨーク・ニックス ウィルト・チェンバレン
1973年 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 ニューヨーク・ニックス -2- ウィリス・リード -2-
1974年 ミルウォーキー・バックス 3-4 ボストン・セルティックス -12- ジョン・ハブリチェック
1975年 ゴールデンステート・ウォリアーズ -3- 4-0 ワシントン・ブレッツ リック・バリー
1976年 フェニックス・サンズ 2-4 ボストン・セルティックス -13- ジョ・ジョ・ホワイト
1977年 ポートランド・トレイルブレイザーズ 4-2 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ビル・ウォルトン
1978年 シアトル・スーパーソニックス 3-4 ワシントン・ブレッツ ウェス・アンセルド
1979年 シアトル・スーパーソニックス 4-1 ワシントン・ブレッツ デニス・ジョンソン
1980年 ロサンゼルス・レイカーズ -7- 4-2 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ マジック・ジョンソン
1981年 ヒューストン・ロケッツ 2-4 ボストン・セルティックス -14- セドリック・マックスウェル
1982年 ロサンゼルス・レイカーズ -8- 4-2 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ マジック・ジョンソン -2-
1983年 ロサンゼルス・レイカーズ 0-4 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ -3- モーゼス・マローン
1984年 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス -15- ラリー・バード
1985年 ロサンゼルス・レイカーズ -9- 4-2 ボストン・セルティックス カリーム・アブドゥル=ジャバー -2-
1986年 ヒューストン・ロケッツ 2-4 ボストン・セルティックス -16- ラリー・バード -2-
1987年 ロサンゼルス・レイカーズ -10- 4-2 ボストン・セルティックス マジック・ジョンソン -3-
1988年 ロサンゼルス・レイカーズ -11- 4-3 デトロイト・ピストンズ ジェームス・ウォージー
1989年 ロサンゼルス・レイカーズ 0-4 デトロイト・ピストンズ ジョー・デュマース
1990年 ポートランド・トレイルブレイザーズ 1-4 デトロイト・ピストンズ -2- アイザイア・トーマス
1991年 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 シカゴ・ブルズ マイケル・ジョーダン
1992年 ポートランド・トレイルブレイザーズ 2-4 シカゴ・ブルズ -2- マイケル・ジョーダン -2-
1993年 フェニックス・サンズ 2-4 シカゴ・ブルズ -3- マイケル・ジョーダン -3-
1994年 ヒューストン・ロケッツ 4-3 ニューヨーク・ニックス アキーム・オラジュワン
1995年 ヒューストン・ロケッツ -2- 4-0 オーランド・マジック アキーム・オラジュワン -2-
1996年 シアトル・スーパーソニックス 2-4 シカゴ・ブルズ -4- マイケル・ジョーダン -4-
1997年 ユタ・ジャズ 2-4 シカゴ・ブルズ -5- マイケル・ジョーダン -5-
1998年 ユタ・ジャズ 2-4 シカゴ・ブルズ -6- マイケル・ジョーダン -6-
1999年 サンアントニオ・スパーズ 4-1 ニューヨーク・ニックス ティム・ダンカン
2000年 ロサンゼルス・レイカーズ -12- 4-2 インディアナ・ペイサーズ シャキール・オニール
2001年 ロサンゼルス・レイカーズ -13- 4-1 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ シャキール・オニール -2-
2002年 ロサンゼルス・レイカーズ -14- 4-0 ニュージャージー・ネッツ シャキール・オニール -3-
2003年 サンアントニオ・スパーズ -2- 4-2 ニュージャージー・ネッツ ティム・ダンカン -2-
2004年 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 デトロイト・ピストンズ -3- チャンシー・ビラップス
2005年 サンアントニオ・スパーズ -3- 4-3 デトロイト・ピストンズ ティム・ダンカン -3-
2006年 ダラス・マーベリックス 2-4 マイアミ・ヒート ドウェイン・ウェイド
2007年 サンアントニオ・スパーズ -4- 4-0 クリーブランド・キャバリアーズ トニー・パーカー
2008年 ロサンゼルス・レイカーズ 2-4 ボストン・セルティックス -17- ポール・ピアース
2009年 ロサンゼルス・レイカーズ -15- 4-1 オーランド・マジック コービー・ブライアント
2010年 ロサンゼルス・レイカーズ -16- 4-3 ボストン・セルティックス コービー・ブライアント -2-
2011年 ダラス・マーベリックス 4-2 マイアミ・ヒート ダーク・ノヴィツキー
2012年 オクラホマシティ・サンダー 1-4 マイアミ・ヒート -2- レブロン・ジェームズ
2013年 サンアントニオ・スパーズ 3-4 マイアミ・ヒート -3- レブロン・ジェームズ -2-
2014年 サンアントニオ・スパーズ -5- 4-1 マイアミ・ヒート クワイ・レナード

セントラル・ディビジョンの所属。