1949-1950シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
19549-1950シーズン
期間 1949年10月29日-1950年4月23日
レギュラーシーズン
勝率首位 シラキュース・ナショナルズ
得点王 ジョージ・マイカン
プレーオフ
ファイナル
優勝 ミネアポリス・レイカーズ

<1948-49

1950-51>

1949-1950シーズンのNBAは、NBAの4回目のシーズンである。BAA(Basketball Association of America)がNBA(National Basketball Association)と改称してからは最初のシーズンである。シーズンは1949年10月29日に始まり、1950年4月23日に全日程が終了した。

シーズン前[編集]

NBAの誕生[編集]

1949年8月3日、BAAがNBL(National Basketball League)を吸収合併し、NBAが誕生する。

BAAとNBLはライバルの関係にあったが、チームや選手の質は1926年からの歴史を持つNBLの方が上だった。事実、1947-48シーズン1948-49シーズンのBAAチャンピオンはいずれもNBLからBAAに移って1年目のチームだった。しかしアメリカ中西部の小規模な都市を基盤とするNBLに対し、東部の大都市を基盤とするBAAの方が優位に立つようになり、1948-49シーズンにはミネアポリス・レイカーズを始めとする4チームがNBLからBAAに移った。そして1949年にはリーグ同士の対立で増大する負担を避けるために話し合いが持たれ、両リーグが統合(実質的にはBAAによるNBLの吸収合併)することが決まった。

BAA・NBLの統合により、リーグは急速に膨れ上がる。既存のBAA12チームに加え、さらにNBLからアンダーソン・パッカーズデンバー・ナゲッツ(現存するチームと直接の関係はない)、シボイガン・レッドスキンズシラキュース・ナショナルズ(現フィラデルフィア・76ers)、トライシティーズ・ブラックホークス(現アトランタ・ホークス)、ウォータールー・ホークスの6チームが合流し、さらにインディアナポリス・オリンピアンズが新設された。一方でインディアナ・ジェッツプロビデンス・スチームローラーズの2チームが解散し、最終的には17チームとなった。リーグは再編され、2デビジョン制から3でビジョン制となった。レギュラーシーズンの試合数は各チーム毎にバラつきがあり、68試合か64試合、あるいは62試合だった。各デビジョンから上位4チームがプレーオフに進出する。

リーグは一気にチーム数を増やし全米規模となったが、当時のリーグには17ものチームを抱えられるほどの人気はなく、翌シーズンには6チームが姿を消すことになる。

ドラフト[編集]

ドラフトではハウィー・シャノンが全体1位指名を受けた。他にアレックス・グローザディック・マグワイアラルフ・ビアードレオ・バーンホーストジャック・コールマンらが指名を受ける。

またこの年、NBA初の地域ドラフト(Territorial picks)による指名も行われた。これはチームが1巡目指名を放棄する代わりに地元選手(本拠地より50マイル圏内)を獲得出来る制度であり、地元ファンを増やすことでリーグの人気の底上げを狙ったものであった。地域ドラフトは通常のドラフトよりも重要視されており、その名を歴史に刻むような多くの名選手が地域ドラフトによりNBA入りしている。この年に地域ドラフトで指名されたヴァーン・ミッケルセンエド・マコーレー2名とも後に殿堂入りを果たした。 この制度は1966年まで存続した。

シーズン[編集]

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
シラキュース・ナショナルズ 51 13 .797 -
ニューヨーク・ニックス 40 28 .588 13
ワシントン・キャピトルズ 32 36 .471 21
フィラデルフィア・ウォリアーズ 26 42 .382 27
ボルティモア・ブレッツ 25 43 .368 28
ボストン・セルティックス 22 46 .324 31

セントラル・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
ミネアポリス・レイカーズ 51 17 .750 -
ロチェスター・ロイヤルズ 51 17 .750 -
シカゴ・スタッグズ 40 28 .588 11
フォートウェイン・ピストンズ 40 28 .588 11
セントルイス・ボンバーズ 26 42 .382 25

ウエスタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
インディアナポリス・オリンピアンズ 39 25 .609 -
アンダーソン・パッカーズ 37 27 .578 2
トライシティーズ・ブラックホークス 29 35 .453 10
シボイガン・レッドスキンズ 22 40 .355 16
ウォータールー・ホークス 19 43 .306 19
デンバー・ナゲッツ 11 51 .177 27

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
得点 ジョージ・マイカン ミネアポリス・レイカーズ 1,865
アシスト ディック・マグワイア ニューヨーク・ニックス 386
FG% アレックス・グローザ インディアナ・オリンピア 47.8
FT% マックス・ザスロフスキー シカゴ・スタッグズ 84.3

1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

シーズン概要[編集]

  • 得点王は2年連続でジョージ・マイカンが獲得。

プレーオフファイナル[編集]

17チーム3デビジョン制になったことで、プレーオフのトーナメント方式も大幅に変更された。まずデビジョン毎にレギュラーシーズンの勝率上位4チームでトーナメントを争う。勝ち上がった3チームのうち、レギュラーシーズンの勝率1位のチームがファイナルの一つ目の席を獲得し、残りの2チームが残る一つの席を争う。ファイナル以外は3戦2勝制で、ファイナルのみが7戦4勝制である。

イースタン・デビジョン[編集]

  準決勝 決勝
                 
1  シラキュース・ナショナルズ 2  
4  フィラデルフィア・ウォリアーズ 0  
    1  ナショナルズ 2
  2  ニックス 1
2  ニューヨーク・ニックス 2
3  ワシントン・キャピトルズ 0  

セントラル・デビジョン[編集]

  準決勝 決勝
                 
1  ミネアポリス・レイカーズ 2  
4  シカゴ・スタッグズ 0  
    1  レイカーズ 2
  3  ピストンズ 0
2  ロチェスター・ロイヤルズ 0
3  フォートウェイン・ピストンズ 2  

ウエスタン・デビジョン[編集]

  準決勝 決勝
                 
1  インディアナポリス・オリンピアンズ 2  
4  シボイガン・レッドスキンズ 1  
    1  オリンピア 1
  2  パッカーズ 2
2  アンダーソン・パッカーズ 2
3  トライシティーズ・ブラックホークス 1  

リーグ・ファイナル[編集]

  準決勝 ファイナル
                 
1  ナショナルズ  
   
    1  ナショナルズ 2
  2  レイカーズ 4
2  レイカーズ 2
3  パッカーズ 0  

レイカーズがファイナルでナショナルズを降し、NBA初の連覇を達成した。NBAは長い歴史において圧倒的な力でリーグを支配する王朝と呼ばれるチームを輩出してきたが、ジョージ・マイカン率いるミネアポリス・レイカーズは、その初代と言える存在であり、圧倒的な支配力を誇るマイカンを筆頭に、ジム・ポラード、このシーズンから加わったヴァーン・ミッケルセンのトリオはしばしばNBA史上最高のフロントラインと評された。ナショナルズにはドルフ・シェイズアル・セルヴィポール・シーモアら優秀な選手が揃っていたが、それでもマイカン擁するレイカーズの優位を覆すことは出来なかった。

外部リンク[編集]