NBAオールルーキーチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NBAオールルーキーチームは、NBAのシーズン毎に優秀な新人選手たちに、授与される栄誉。1962年に始められた。毎年、ドラフト指名やドラフト外で50名を超える新人がリーグに入ってくるが、その中でも実際にゲームに出場するチャンスを得て、好成績を残せるルーキーは、多くはいない。この栄誉を受けられる選手は、後もリーグを支える選手となる可能性を持っていることが多い。セレクションはNBAヘッドコーチの自チーム以外の選手への投票によって行われる。ファースト(第一)チーム、セカンド(第二)チーム、それぞれ5選手が選ばれる。プレーヤーはファーストに投票されると2ポイント、セカンドで1ポイントを獲得し、ポイントの合計で上位5選手がファーストチームを構成し、続く5選手がセカンドチームとなる[1]。5番目の得票が同数の場合は6名以上になる。同得点での6人以上の選出は2012年にクワイ・レナードイマン・シュンパートブランドン・ナイトが同点5位でファーストチームに選ばれた。

最多選出チーム[編集]

2013年までで最多選出チームは、シカゴ・ブルズゴールデンステート・ウォリアーズワシントン・ウィザーズで、20名の輩出が最高記録である。

近年の選出[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]