ポートランド・トレイルブレイザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポートランド・トレイルブレイザーズ
原語表記 Portland Trail Blazers
チームカラー 赤、黒、銀
チームロゴ 右下から上への5本の赤い線と左上から下へ5本の白い線が延び、中央で円を作るように交わっている。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 ウェスタン・カンファレンス
ディビジョン ノースウェスト・ディビジョン
創設 1970年
チーム史 ポートランド・トレイルブレイザーズ
(1970 - )
本拠 オレゴン州の旗 オレゴン州
ポートランド
アリーナ モダ・センター
オーナー ポール・アレン
ヘッドコーチ テリー・ストッツ
優勝歴 1回(1977年
ファイナル進出 3回(1977年, 1990年, 1992年)
地区優勝 4回(1978年, 1991年, 1992年, 1999年)
ユニフォーム
Kit body portlandtbh.png
Homeジャージ
Kit shorts portlandtbh.png
チームカラー
Home
Kit body portlandtba.png
Awayジャージ
Kit shorts portlandtba.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

ポートランド・トレイルブレイザーズPortland Trail Blazers)は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、ノースウェスト・ディビジョン所属。トレイルブレイザーズは略してブレイザーズと呼ばれることもある。チーム名は"blaze a new trail"で「先鞭を付ける」という意味で、開拓者を表している。

歴史[編集]

初期[編集]

ポートランド・トレイルブレイザーズ(ブレイザーズ)は、1970年に新設チームとしてNBAに加わった。「道を切り拓く者」を意味する「トレイルブレイザーズ」の名称は一般公募で寄せられた名前の中から選ばれた。

ブレイザーズは設立後数年間低い勝率に苦しむ時期が続いた。ドラフトでビル・ウォルトンを獲得し、レニー・ウィルケンズが選手兼任でチームを率いた1974年からは勝率5割に近づいたものの、創設から6シーズンの間勝ち越すことはできなかった。

1976年のシーズンオフにウィルケンズは監督を退き、代わってジャック・ラムジーが後任に就いた。同時期に元ABA選手のモーリス・ルーカスを獲得。チームは49勝33敗と初めて5割を上回る勝ち星をあげた。ブレイザーズはプレイオフを勝ち進みNBAファイナルに進出、フィラデルフィア・セブンティシクサーズを4勝2敗で下し優勝を果たした。このシーズンにはファンの間で「ブレイザーマニア」と呼ばれる熱狂があり、シーズン末から90年代に入るまでホーム戦のチケットが完売する状態が続いた。

翌シーズンは58勝24敗と勝ちを上乗せしたもののプレイオフでは勝ち残れず、怪我の多かったウォルトンは1979年にチームを去った。ラムジーは80年代半ばまでチームの指揮を執ったがチーム勝率は5割前後、プレイオフでは1回戦で敗れるシーズンが多かった。

ドレクスラーの時代[編集]

ブレイザーズは1983年にドラフトでクライド・ドレクスラーを獲得し、ドレクスラーは90年代初頭までチームの中心的な選手になった。翌1984年にチームがドラフト2位で指名したサム・ブーイは、マイケル・ジョーダンよりも早く指名されたものの怪我もあって平凡なキャリアで引退した。もしジョーダンを指名していればドレクスラーとのコンビで史上に残るバックコートデュオとなっていたはずであり、しばしばNBA史上最も失敗したドラフト指名と言われることになった。

ラムジーに代わり監督に就任したマイク・シューラー、その後任のリック・アデルマンのもと、ブレイザーズはSGにドレクスラー、PFバック・ウィリアムズCケビン・ダックワースPGテリー・ポーターシックスマンクリフォード・ロビンソンを擁し次第に西地区を代表する強豪へと成長していった。59勝23敗の結果を残した1989-90シーズン、ブレイザーズはNBAファイナルに進出したが、デトロイト・ピストンズに1勝4敗で敗退した。

アデルマンのブレイザーズは、翌シーズンの63勝19敗を頂点に高い勝率を上げ続けた。そして1992年には再びNBAファイナルに進出するが、この年はジョーダン率いるシカゴ・ブルズに2勝4敗で敗れた。

この後もブレイザーズは勝率5割以上の好成績を残し続けるが、プレイオフでは次第に勝ち残れなくなり、1995年のシーズン中にドレクスラーが移籍し、チームは再編の時期に入った。

ジェイル・ブレイザーズ[編集]

1988年にチームを買い取っていたポール・アレンは90年代半ば頃には世界的な富豪になっており、1994年にはボブ・ウィッシットをGMに就任させ、ブレイザーズは大胆なチーム補強に取り組み始めた。

その結果、90年代末から21世紀初頭にかけてのブレイザーズはアイザイア・ライダーデイモン・スタウダマイアーラシード・ウォーレスブライアン・グラントアルビダス・サボニスボンジ・ウェルズスコッティ・ピッペンスティーヴ・スミスデトレフ・シュレンプデイル・デイヴィスショーン・ケンプステイシー・オーグモンなどを含む層の厚いチームになり、地区首位のロサンゼルス・レイカーズなどを脅かす存在になった。(一時期、登録選手全体の知名度・年俸などでNBA史上最も豪華なチームとなった。)しかしプレイオフではレイカーズやサンアントニオ・スパーズなどの強豪を破れず、「ジェイル(刑務所)・ブレイザーズ」と呼ばれる程、コート外でのトラブルが続出したことから、中心選手たちは次第にチームを離れていった。2003-04シーズンには21年続いていたプレイオフ連続出場記録も途絶え、以降は勝率5割以下の低迷期に入った。

ロイの時代[編集]

07-08シーズンにはチームの若返りを図り、主力メンバーを06-07シーズン新人王ブランドン・ロイラマーカス・オルドリッジらを中心とした若手選手で構成したことが功を奏し、チーム成績は4シーズンぶりに勝率5割に復帰した。 2008-2009シーズンは、シーズン通して好調を維持。結果、2002-03シーズン以来のプレーオフ出場を遂げた。プレーオフ1回戦、ヒューストン・ロケッツに2勝4敗で惜敗した。翌2008-2009シーズン2010-2011シーズンもプレーオフに進出したものの、いずれもプレーオフ1回戦で敗退した。

リラードの時代[編集]

2011年、膝の怪我のため、ロイが現役を引退。2011-12シーズンは、オルドリッジを中心としたチーム構成をで臨んだがプレーオフを逃してしまう。2012年のNBAドラフトデイミアン・リラードを指名。2012-13シーズンは、プレーオフ進出を逃したものの、リラードはブレイク・グリフィン以来となる満場一致で新人王を獲得した。2013-14シーズンは、リラードとオルドリッジを中心として、センター補強のロビン・ロペス、バックコート補強のモーリス・ウィリアムズが功を奏し、シーズン序盤から快進撃を続け、 2010-11シーズン以来のプレーオフ進出を果たした。1stラウンドでは、上位シードのヒューストン・ロケッツを第6戦のホームコートで、リラードの劇的なブザービーターで下し、アップセットし、ラシード・ウォレス時代の2000年以来のカンファレンスセミファイナルへの進出を果たした。サンアントニオ・スパーズとは1999年にカンファレンスファイナルで敗れて以来の対戦となった。初戦から3連敗を喫し第4戦で1勝はしたが、スパーズにチーム層の厚さ、経験の豊富さの違いを見せつけられ、敗退した。

2014-15シーズンは、同じ地区のライバルオクラホマシティ・サンダーが、ケビン・デュラントラッセル・ウェストブルックを、開幕後から怪我で欠いたこともあり、ノースウェストディビィジョン首位を快走。ゴールデンステート・ウォリアーズサンアントニオ・スパーズメンフィス・グリズリーズヒューストン・ロケッツダラス・マーベリックスロサンゼルス・クリッパーズなどを相手に、激しいカンファレンス首位争いを繰り広げている。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
ポートランド・トレイルブレイザーズ
1970-71 29 53 .354
1971-72 18 64 .220
1972-73 21 61 .256
1973-74 27 55 .329
1974-75 38 44 .463
1975-76 37 45 .451
1976-77 49 33 .598 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブレイザーズ 2, ブルズ 1
ブレイザーズ 4, ナゲッツ 2
ブレイザーズ 4, レイカーズ 0
ブレイザーズ 4, シクサーズ 2
1977-78 58 24 .707 カンファレンス準決勝敗退 スーパーソニックス 4, ブレイザーズ 2
1978-79 45 37 .549 1回戦敗退 サンズ 2, ブレイザーズ 1
1979-80 38 44 .463 1回戦敗退 スーパーソニックス 2, ブレイザーズ 1
1980-81 45 37 .549 1回戦敗退 カンザスシティ 2, ブレイザーズ 1
1981-82 42 40 .512
1982-83 46 36 .561 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブレイザーズ 2, スーパーソニックス 0
レイカーズ 4, ブレイザーズ 1
1983-84 48 38 .585 1回戦敗退 サンズ 3, ブレイザーズ 2
1984-85 42 40 .512 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブレイザーズ 3, マーベリックス 1
レイカーズ 4, ブレイザーズ 1
1985-86 40 42 .489 1回戦敗退 ナゲッツ 3, ブレイザーズ 1
1986-87 49 33 .598 1回戦敗退 ロケッツ 3, ブレイザーズ 1
1987-88 53 29 .646 1回戦敗退 ジャズ 3, ブレイザーズ 1
1988-89 39 43 .476 1回戦敗退 レイカーズ 3, ブレイザーズ 0
1989-90 59 23 .720 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ブレイザーズ 3, マーベリックス 0
ブレイザーズ 4, スパーズ 3
ブレイザーズ 4, サンズ 2
ピストンズ 4, ブレイザーズ 1
1990-91 63 19 .768 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブレイザーズ 3, スーパーソニックス 2
ブレイザーズ 4, ジャズ 1
レイカーズ 4, ブレイザーズ 2
1991-92 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ブレイザーズ 3, レイカーズ 1
ブレイザーズ 4, サンズ 1
ブレイザーズ 4, ジャズ 2
ブルズ 4, ブレイザーズ 2
1992-93 51 31 .622 1回戦敗退 スパーズ 3, ブレイザーズ 1
1993-94 47 35 .573 1回戦敗退 ロケッツ 3, ブレイザーズ 1
1994-95 44 38 .537 1回戦敗退 サンズ 3, ブレイザーズ 0
1995-96 44 38 .537 1回戦敗退 ジャズ 3, ブレイザーズ 2
1996-97 49 33 .598 1回戦敗退 レイカーズ 3, ブレイザーズ 1
1997-98 46 36 .561 1回戦敗退 レイカーズ 3, ブレイザーズ 1
1998-99 35 15 .700 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブレイザーズ 3, サンズ 0
ブレイザーズ 4, ジャズ 2
スパーズ 4, ブレイザーズ 0
1999-2000 59 23 .720 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブレイザーズ 3, ウルブズ 1
ブレイザーズ 4, ジャズ 1
レイカーズ 4, ブレイザーズ 3
2000-01 50 32 .610 1回戦敗退 レイカーズ 3, ブレイザーズ 0
2001-02 49 33 .598 1回戦敗退 レイカーズ 3, ブレイザーズ 0
2002-03 50 32 .610 1回戦敗退 マーベリックス 4, ブレイザーズ 3
2003-04 41 41 .500
2004-05 27 55 .329
2005-06 21 61 .256
2006-07 32 50 .390
2007-08 41 41 .500
2008-09 54 28 .659 1回戦敗退 ロケッツ 4, ブレイザーズ 2
2009-10 50 32 .610 1回戦敗退 サンズ 4, ブレイザーズ 2
2010-11 48 34 .585 1回戦敗退  マブス 4, ブレイザーズ 2
2011-12 28 38 .424
2012-13 33 49 .402
2013-14 54 28 .659 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ロケッツ 2, ブレイザーズ 4
スパーズ 4, ブレイザーズ 1
通算勝敗 1896 1664 .533
プレイオフ 102 120 .459 優勝1回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

ポートランド・トレイルブレイザーズ ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
F/C 12 アメリカ合衆国の旗 ラマーカス・オルドリッジ (LaMarcus Aldridge(C) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 109 kg (240 lb) 
G/F 5 アメリカ合衆国の旗 ウィル・バートン (Will Barton) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 77 kg (170 lb) 
F 88 フランスの旗 ニコラス・バトゥム (Nicolas Batum) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 91 kg (200 lb) 
G 25 アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ブレイク (Steve Blake) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 79 kg (174 lb) 
F 18 スペインの旗 ヴィクトル・クラベール (Victor Claver) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 102 kg (224 lb) 
G 23 アメリカ合衆国の旗 アレン・クラブ (Allen Crabbe) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 89 kg (197 lb) 
F/C 19 イギリスの旗 ジョエル・フリーランド (Joel Freeland) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 102 kg (225 lb) 
C 35 ドイツの旗 クリス・ケイマン (Chris Kaman) 2.13 m ( 7 ft 0 in) 120 kg (265 lb) 
C 11 アメリカ合衆国の旗 メイヤーズ・レオナルド (Meyers Leonard) 2.16 m ( 7 ft 1 in) 111 kg (245 lb) 
G 0 アメリカ合衆国の旗 デイミアン・リラード (Damian Lillard(C) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 88 kg (195 lb) 
C 42 アメリカ合衆国の旗 ロビン・ロペス (Robin LopezCruz Roja.svg 2.13 m ( 7 ft 0 in) 116 kg (255 lb) 
G/F 2 アメリカ合衆国の旗 ウェズリー・マシューズ (Wesley Matthews) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 100 kg (220 lb) 
G 3 アメリカ合衆国の旗 C・J・マッカラム (C. J. McCollumCruz Roja.svg 1.91 m ( 6 ft 3 in) 89 kg (197 lb) 
F 41 アメリカ合衆国の旗 トーマス・ロビンソン (Thomas Robinson) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 108 kg (237 lb) 
G/F 1 アメリカ合衆国の旗 ドレル・ライト (Dorell WrightCruz Roja.svg 2.06 m ( 6 ft 9 in) 93 kg (205 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 テリー・ストッツ (Terry Stotts)

アシスタントコーチ

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2013-10-27


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1970年代 (プレイオフ進出:3回 ファイナル進出:1回 優勝:1回)

1980年代 (プレイオフ進出:9回)

1990年代 (プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:2回)

2000年代 (プレイオフ進出:4回)

2010年代 (プレイオフ進出:3回)

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

栄誉[編集]

殿堂入り[編集]

  • ジャック・ラムジー (Jack Ramsay)
  • レニー・ウィルキンス (Lenny Wilkens)

永久欠番[編集]

日本での公式戦[編集]

1994年11月に、ロサンゼルス・クリッパーズ横浜アリーナで2試合を戦った。エースのドレクスラーが第1戦で26得点、第2戦で41得点と活躍し(ともに試合最多)、ブレイザーズを連勝に導いた。

チーム記録[編集]

ポートランド・トレイルブレイザーズのチーム記録

外部リンク[編集]