メンフィス・グリズリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メンフィス・グリズリーズ
原語表記 Memphis Grizzlies
チームカラー ターコイス・ブルー、白、黄
チームロゴ 正面を向いた青い熊の頭の下にMEMPHIS GRIZZLIESの文字。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 ウェスタン・カンファレンス
ディビジョン サウスウェスト・ディビジョン
創設 1995年
チーム史 バンクーバー・グリズリーズ
(1995-2001)
メンフィス・グリズリーズ
(2001 - )
本拠 テネシー州メンフィス
アリーナ フェデックス・フォーラム
オーナー ロバート・ベラ
ヘッドコーチ デビッド・ジョーガー
優勝歴 0回
ファイナル進出 0回
地区優勝 0回
ユニフォーム
Kit body mgrizzliesh.png
Homeジャージ
Kit shorts mgrizzliesh.png
チームカラー
Home
Kit body mgrizzliesa.png
Awayジャージ
Kit shorts mgrizzliesa.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

メンフィス・グリズリーズMemphis Grizzlies)は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。元々はバンクーバーに本拠地を置いていた。チーム名はその時の名残である。北米4大プロスポーツリーグ中、メンフィスを本拠とするチームはグリズリーズのみである。

歴史[編集]

バンクーバー・グリズリーズ[編集]

グリズリーズは、1995年バンクーバー・グリズリーズとしてカナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーで設立された。同年には同じくカナダに本拠を置くトロント・ラプターズもリーグ入りしており、両チームの発足によりNBAは念願だったカナダ進出を実現させた。拡張ドラフトではグレッグ・アンソニーブルー・エドワーズらベテランを中心に指名し、チーム初のドラフトではブライアント・リーヴスを指名した。

初期のグリズリーズを率いたのはシャリーフ・アブドゥル=ラヒムマイク・ビビーなどの若手選手だったが、勝ち数は20以下、負けは60試合以上という苦しいシーズンが続いた。

1998年にはNBAの選手とオーナー側による労使交渉が決着せず、ロックアウトが発生した。そのためシーズンが翌年2月に開幕するという異常事態となり、グリズリーズ戦を訪れる観客が大きく減少した。これがのちにグリズリーズが移転する原因となった。

1999年にドラフト2位でグリズリーズが指名したスティーブ・フランシスは入団を拒否し、3チームが関係するトレードを引き起こした。これによりフランシス本人が批判を受けたのみならず、新人にチーム入りを拒まれたグリズリーズの評判も傷つけられた。

2000年、グリズリーズの所有者だったオーカベイ社は、依然として興業が振るわなかったチームを実業家のマイケル・ハイズリーに売却。2000-01シーズン中、チーム移転を検討していたハイズリーはNBAにテネシー州メンフィスへの移転を申請し、了承された。こうして2001年からチームはメンフィス・グリズリーズとなった。

メンフィス・グリズリーズ[編集]

メンフィス初年度の2001-02シーズンに先立ち、グリズリーズはアブドゥル=ラヒム、ビビーをトレードに出し、パウ・ガソルシェーン・バティエをドラフトで、ジェイソン・ウィリアムスをトレードで獲得し開幕に備えた。

  • 2001-01シーズンは、フランチャイズを移しても、23勝59敗とチーム成績は伸びなかったが、ガソルは新人王を受賞した。

2002年ロサンゼルス・レイカーズのフロントで7度の優勝に貢献したジェリー・ウェストがチームのゼネラルマネージャーに就くと、状況は好転し始めた。

  • 2003-04シーズンには躍進し、50勝32敗に達した。ブラウンは最優秀監督賞を受賞し、ウェストは最も優れた人事を行った選手人事責任者に贈られる賞 (Executive of the Year) を受賞した。またこのシーズンにはチーム史上初のプレーオフ出場を果たした。
  • 2005-06シーズンもグリズリーズは49勝33敗と勝ち越しプレーオフに出場したが、3年連続で1勝も挙げられず、ダラス・マーベリックスにスイープされ、1stラウンドで敗退した。
  • 2006-07シーズンは、積極的にトレードを行い、バティエと交換で新人ルディ・ゲイと2年前まで在籍したストロマイル・スウィフトを獲得した。しかし、このシーズンはガソルの長期欠場の影響で、開幕から大きく出遅れフラテロ監督は解任、後任にトニー・バローネを充てるも、低迷から脱せず、22勝60敗と大きく負け越し、4年連続のプレイオフ進出を逃した。
  • 2007-08シーズンも、チームの不調は続き、2008年シーズン途中の2月に主力選手パウ・ガソルと交換で、クワミ・ブラウン、ジャバリス・クリッテントン、さらにドラフト指名権との大型トレードがレイカーズとの間で成立して話題を呼んだが、昨年と同じ60敗を喫し、シーズンの幕を閉じた。
  • 2008-09シーズンは、2006年ドラフト8位のルディー・ゲイ、2007年ドラフト4位のマイク・コン・リーが順調に育ち、2007年ドラフト2巡目48位で獲得していたパウの弟であるマーク・ガソルと、更に2008年ドラフト3位のO.J.メイヨがチームに加わり、将来性を感じさせる働きをしたものの、発展途上であるチームの低調は続き、58敗でシーズンを終えた。
  • 2009-10シーズンは、ライオネル・ホリンズのヘッドコーチ就任とザック・ランドルフの加入と若手の成長とが重なり、低迷状態を続けていたチームが躍進を遂げる。40勝42敗で、プレーオフ進出はならなかったが、確実のチーム状態は向上を見せた。
  • 2010-2011シーズンは、46勝36敗とついにレギュラーシーズンを勝ち越しで終え、プレーオフへと進んだ。プレイオフのファーストラウンドでは、第8シードであったグリズリーズは第1シードであったサンアントニオ・スパーズを破るという快挙を成し遂げチーム史上初のプレイオフ・セカンドラウンドに駒を進めた。しかしセカンドラウンドではケビン・デュラント擁するオクラホマシティ・サンダーに3勝4敗で健闘はしたが敗れた。

2012年6月、3億5000万ドルでロバート・ベラを中心とし、アンファニー・ハーダウェイジャスティン・ティンバーレイクペイトン・マニングの妻などが加わったグループがチームを買収している[1]

  • 2012-2013シーズンでは、開幕早々に8連勝を記録するなど、マーク・ガソルザック・ランドルフの強力なインサイドと強固なディフェンスを武器に、好調であったが、サラリーの問題からルディ・ゲイをトレードで放出するなど選手の入れ替わりが激しい時期があった。プレーオフにはウェスト5位の成績で出場、ファーストラウンドでは去年惜しくも破れたクリッパーズを相手にし、インサイドで圧倒的な強さを見せ2回戦進出を果たした。ここで待ち構えていたのは2010-11のプレーオフ2回戦においてに破れたオクラホマシティ・サンダーだった。第1ゲームは終盤までリードしていたものの,ホームの声援を受けたデュラントに終了間際のショットを沈められ破れた。しかし第2ゲームはマーク・ガソルザック・ランドルフがインサイドにおいて、オフェンス、ディフェンス、リバウンド等全てでサンダーを圧倒。サンダーのインサイドでファウルトラブルに追い込む一方で、外のデュラントをディフェンスの上手いテイショーン・プリンスやトニー・アレンがきちんと止めた。メンフィスは、マイク・コンリーや控えのベイレスやポンデクスターがきちんとショットを決め、見事4戦連続で勝利をものにし,チーム史上初のカンファレンスファイナルに駒を進めが、サンアントニオ・スパーズによってスイープされた。
  • 2013-2014シーズンでは、西高東低のリーグ状態を反映し、プレーオフ出場権争いは最後まで続いたが、50勝32敗の成績を残し第7シードを獲得し、1stラウンドはオクラホマシティ・サンダーとの対戦となった。第7戦までもつれたが、ザック・ランドルフが最終戦をサスペンションによりプレーできなかったこともあり、敗退した。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
バンクーバー・グリズリーズ
1995-96 15 67 .183
1996-97 14 68 .171
1997-98 19 63 .232
1998-99 8 42 .160
1999-2000 22 60 .268
2000-01 23 59 .280
メンフィス・グリズリーズ
2001-02 23 59 .280
2002-03 28 54 .341
2003-04 50 32 .610 1回戦敗退 スパーズ 4, グリズリーズ 0
2004-05 45 37 .549 1回戦敗退 サンズ 4, グリズリーズ 0
2005-06 49 33 .598 1回戦敗退 マーベリックス 4, グリズリーズ 0
2006-07 22 60 .268
2007-08 22 60 .268
2008-09 24 58 .293
2009-10 40 42 .488
2010-11 46 36 .561 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
グリズリーズ 4, スパーズ 2
サンダー 4, グリズリーズ 3
2011-12 41 25 .621 1回戦敗退 グリズリーズ 3, クリッパーズ 4
2012-13 56 26 .683 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンスファイナル敗退
クリッパーズ 2, グリズリーズ 4
サンダー1, グリズリーズ4
スパーズ 4, グリズリーズ0
2013-14 50 32 .610 1回戦敗退 サンダー4, グリズリーズ3
通算勝敗 597 913 .395
プレイオフ 10 22 .313

主な選手[編集]

現役選手[編集]

メンフィス・グリズリーズ ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
G 3 アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・アダムス (Jordan Adams) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 100 kg (220 lb) 
G 9 アメリカ合衆国の旗 トニー・アレン (Tony Allen) 1.93 m ( 6 ft 4 in) 97 kg (213 lb) 
G 12 ギリシャの旗 ニック・カレイテス (Nick Calathes) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 97 kg (214 lb) 
G/F 15 アメリカ合衆国の旗 ヴィンス・カーター (Vince Carter) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 100 kg (220 lb) 
G 11 アメリカ合衆国の旗 マイク・コンリー・ジュニア (Mike Conley) 1.85 m ( 6 ft 1 in) 82 kg (180 lb) 
C 33 スペインの旗 マーク・ガソル (Marc Gasol) 2.16 m ( 7 ft 1 in) 120 kg (265 lb) 
C 41 ギリシャの旗 コスタ・コフォス (Kosta Koufos) 2.13 m ( 7 ft 0 in) 120 kg (265 lb) 
G/F 5 アメリカ合衆国の旗 コートニー・リー (Courtney Lee) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 91 kg (200 lb) 
F 30 アメリカ合衆国の旗 ジョン・ルアー (Jon Leuer) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 103 kg (228 lb) 
F 20 アメリカ合衆国の旗 クインシー・ポンデクスター (Quincy Pondexter) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 102 kg (225 lb) 
F 21 アメリカ合衆国の旗 テイショーン・プリンス (Tayshaun Prince) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 98 kg (215 lb) 
F 50 アメリカ合衆国の旗 ザック・ランドルフ (Zach Randoloph(C) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 118 kg (260 lb) 
F 1 アメリカ合衆国の旗 ジャーネル・ストークス (Jarnell Stokes) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 118 kg (260 lb) 
G 19 スロベニアの旗 ベイノ・ウードリック (Beno Udrih) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 95 kg (210 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 デビッド・ジョーガー (David Joerger)

アシスタントコーチ

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2014-10-12


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1990年代

2000年代 (プレイオフ進出:3回)

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

栄誉[編集]

殿堂入り[編集]

なし

永久欠番[編集]

なし

チーム記録[編集]

メンフィス・グリズリーズのチーム記録

脚注[編集]

  1. ^ P.マニング妻、NBAグリズリーズ買収メンバーの一員に”. NFL JAPAN (2012年10月5日). 2012年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]