NBAスリーポイント・シュートアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NBAスリーポイント・シュートアウト(正式にはフットロッカー・スリーポイント・シュートアウト)は、NBAが毎年2月に開催されるNBAオールスターゲームに先立って開かれるNBAオールスターウィークエンドの中で土曜日に行われるコンテストである[1]。。日本では一般的にスリーポイントシュートコンテストと呼ばれている。

概要[編集]

同大会は開催週の日曜日に行われるNBAオールスターゲームに先立って土曜日に行われ、スリーポイントシュートによるポイントを競う。挑戦者にはシュートの精度もさることながら、立て続けにロングシュートを放つためのスタミナや精神力も求められる。初開催された1986年以降、ロックアウトによるシーズン縮小のためオールスターが開催されなかった1999年を除き、毎年開催されている。

ルール[編集]

  • 2ラウンド制。ファーストラウンドの上位3名でファイナルラウンドを競う。
  • スリーポイントラインに沿って設置された5箇所のシューティングスポットごとに、公式ボール4球とマルチカラーボール(マネーボール)1球ずつ、計25球のボールが置かれており、出場者は制限時間1分の間にできるだけ多くのスリーポイントショットを成功させなければならない。
  • シュートを決めるごとに、公式ボールの場合は1点、マネーボールの場合は2点が加算され、その合計点を競う。全数成功で最大で30ポイント取ることが可能。
  • 同点の場合、ファーストラウンドは制限時間24秒、ファイナルラウンドでは制限時間60秒の延長戦が行われ、勝者が決まるまで続けられる。 Basketball Clipart.svg

歴代優勝者[編集]

ジェイソン・カポノ 2006年、2007年
NBAスリーポイント・シュートアウト優勝者
選手 チーム
1987 ラリー・バード セルティックス
1988 ラリー・バード(2) セルティックス(2)
1989 デイル・エリス ソニックス
1990 クレイグ・ホッジス ブルズ
1991 クレイグ・ホッジス(2) ブルズ(2)
1992 クレイグ・ホッジス(3) ブルズ(3)
1993 マーク・プライス キャバリアーズ
1994 マーク・プライス(2) キャバリアーズ (2)
1995 グレン・ライス ヒート
1996 ティム・レグラー ブレッツ
1997 スティーブ・カー ブルズ (4)
1998 ジェフ・ホーナセック ジャズ
2000 ジェフ・ホーナセック(2) ジャズ(2)
2001 レイ・アレン バックス
2002 ペジャ・ストヤコヴィッチ キングス
2003 ペジャ・ストヤコヴィッチ(2) キングス(2)
2004 ボション・レナード ナゲッツ
2005 クエンティン・リチャードソン サンズ
2006 ダーク・ノヴィツキー マブス
2007 ジェイソン・カポノ ヒート(2)
2008 ジェイソン・カポノ(2) ラプターズ
2009 デカン・クック ヒート (3)
2010 ポール・ピアース セルティックス (3)
2011 ジェームズ・ジョーンズ ヒート(4)
2012 ケビン・ラブ ウルブズ
2013 カイリー・アービング キャバリアーズ(3)
2014 マルコ・ベリネッリ スパーズ

記録[編集]

ラウンド得点
プレーヤー 得点 シーズン
クレイグ・ホッジス 25 points 1985
ジェイソン・カポノ 25 points 2007
クレイグ・ホッジス 24 points 1990
マーク・プライス 24 points 1993
ハバート・デイビス 24 points 1997
ジェイソン・カポノ 24 points 2006
マルコ・ベリネッリ * 24 points 2013
[2]
決勝得点
プレーヤー 得点 シーズン
ジェイソン・カポノ 25 points 2007
マルコ・ベリネッリ *24 points 2013
マーク・プライス 24 points 1993
ジェイソン・カポノ 24 points 2006
カイリー・アービング 23 points 2012
ラリー・バード 22 points 1985
ペジャ・ストヤコビッチ 22 points 2003
スティーブ・カー 22 points 1996
マット・ボナー 20 points 2012
ティム・レグラー 20 points 1995
ポール・ピアース 20 points 2009
ジェームス・ジョーンズ 20 points 2010
連続成功数
プレーヤー 得点 シーズン
クレイグ・ホッジス 19 shots 1990
ラリー・バード 11 shots 1985
ハバート・デイビス 11 shots 1995
カイリー・アービング 10 shots 2012
ジェイソン・カポノ 10 shots 2007
レイ・アレン 10 shots 2010
デニス・スコット 9 shots 1990
マーク・プライス 9 shots 1993
スティーブ・カー 9 shots 1996
[3]

その他[編集]

  • 1988年のコンテストに出場したラリー・バードは、ファイナルラウンドのラストショットを放った直後に人差し指を上に突き上げるという有名なエピソードを残すとともに、3連覇を達成した。
  • 歴代最高得点は1986年ファーストラウンドのクレイグ・ホッジスと2008年ファイナルラウンドのジェイソン・カポノが記録した25点、歴代最高連続成功数は1991年のホッジスが記録した19回である。
  • 歴代最低得点はマイケル・ジョーダンが1990年ファーストラウンドに記録した5点。

参考[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ McMenamin, Dave (2008年2月20日). “Kapono Lights Up Saturday Night”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2008年12月18日閲覧。
  2. ^ Shootout Records”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2008年12月17日閲覧。
  3. ^ Quentin Richardson Bio”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2008年12月18日閲覧。