シアトル・スーパーソニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアトル・スーパーソニックス
原語表記 Seattle SuperSonics
チームカラー 緑色、黄色
チームロゴ 緑の円の中のバスケットボールを背景に白のSのロゴ。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 ウェスタン・カンファレンス
ディビジョン ノースウェスト・ディビジョン
創設 1967年
チーム史 シアトル・スーパーソニックス(1967 - 2008)
オクラホマシティ・サンダー(2008 - )
本拠 ワシントン州シアトル
アリーナ キーアリーナ
オーナー プロフェッショナル・バスケットボールクラブ
ヘッドコーチ P.J.カーリシモ
優勝歴 1回(1979年)
ファイナル進出 3回(1978年, 1979年, 1996年)
地区優勝 6回(1979年, 1994年, 1996年, 1997年, 1998年, 2005年)
テンプレートを表示

シアトル・スーパーソニックスSeattle SuperSonics)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本拠を置いた全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンス(西地区)のノースウェスト・ディビジョンに所属した。ソニックスと略して呼ばれることもある。「超音速」を意味する「スーパーソニック」のニックネームは、シアトルボーイング社を中心とした航空産業が盛んなことにちなんでいる。2008年シーズンから本拠地をオクラホマシティに移転し、オクラホマシティ・サンダーにチーム名を変更した。

歴史[編集]

初期[編集]

チームの創設は1966年で、翌1967-68シーズンよりリーグに参加した。設立後10年ほどの間のほとんどは勝率5割以下の苦しいシーズンが続いた。この時期には、選手でもあったレニー・ウィルケンズビル・ラッセルが監督を務めたことがあった。

1970年代終盤に、ソニックスは黄金期を迎えた。オールスター選手のジャック・シクマデニス・ジョンソンを擁し、再び監督に就いたレニー・ウィルケンズに率いられたチームは1978年1979年NBAファイナルに進出、ワシントン・ウィザーズと対戦し、このうち1979年には優勝を果たした。

ウィルケンズが監督を務めた1980年代前半は勝率5割を超えるシーズンが多かったもののプレイオフを勝ち進めず、監督が交替した80年代後半にもチーム成績は伸び悩んだ。

ペイトンの時代[編集]

しかし1989年ショーン・ケンプ1990年ゲイリー・ペイトンを獲得し、1991-92シーズンよりジョージ・カール監督を迎え入れると次第にソニックスは西地区有数の強豪へと成長して行った。

1993-94シーズンは63-19の成績でカンファレンス首位に立ち第1シードを獲得したが、プレイオフでは第8シードのデンバー・ナゲッツに敗れた。第8シードのチームによる大番狂わせは史上初であり、不本意な敗退を余儀なくされるものの、1995-96シーズンにはフランチャイズ最高の64勝をマークし、ソニックスは再びNBAファイナルに進出。ペイトン、ケンプ、デトレフ・シュレンプ、そして長年チームを支えてきたネイト・マクミランらが活躍するが、全盛期を迎えていたシカゴ・ブルズに2勝4敗で敗れた。

その後は1998年にカール監督が退任するまで好成績を残したが、20世紀が終わる頃までにはペイトン以外の主力選手はチームを去った。弱点だったセンターを補強するため、1999年ホーレス・グラント2000年にはパトリック・ユーイングを獲得したが、ケンプと交換で獲得したヴィン・ベイカーが1997-98シーズン以降精彩を欠き、プレイオフは1STラウンドを突破できなかった。2000年にマクミランが監督に就任し、1998年のドラフトで指名した高卒のラシャード・ルイスが看板選手に成長したが状況は改善されず、2003年にペイトンはレイ・アレンらと交換でチームを去った。

ペイトン退団後[編集]

以降はアレンとルイスが中心となり、2005年にはカンファレンス準決勝まで進んだが、マクミラン監督や主力選手はチームを離れていき、ソニックスは低迷期に入った。2007年のオフにはラシャード・ルイスとレイ・アレンを一度に手放し、ドラフトで獲得したケビン・デュラントを中心に再建モードに入った。

オクラホマシティ移転[編集]

2006年、チームは2001年にチームを買い取ったハワード・シュルツ率いるオーナーグループからオクラホマ州出身のクレイ・ベネットらのオーナーグループが買い取っていた。その際の合意内容に1年間はソニックスをシアトルに残すための努力を行うという条件があった。2008年4月18日に行われたオクラホマシティへのチーム移転についてのオーナー会議ではポール・アレンポートランド・トレイルブレイザーズ)とマーク・キューバンダラス・マーベリックス)の2名のみが反対しただけで圧倒的賛成多数[1]となりチームの移転が暫定的に承認された。それに対して前オーナーのシュルツはベネットを中心とするオーナーグループがチームをシアトルに残すための努力を怠り不誠実であったとして訴えを起こした[2][3]。移転に対する補償費用についてシアトル市とベネットオーナーらは争っていたが、同年7月2日4500万ドルプラスオプションで3000万ドルを支払う内容で両者は合意に達した[4]。またソニックスの名称、チームカラー、ロゴなどはシアトル市に権利が帰属することが確認された[5]

2013年1月21日、サクラメント・キングスの経営権をシアトルの投資グループが買収することが合意され、そのチーム名として「シアトル・スーパーソニックス」が復活する可能性もある[6]

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
シアトル・スーパーソニックス
1967-68 23 59 .280
1968-69 30 52 .366
1969-70 36 46 .439
1970-71 38 44 .463
1971-72 47 35 .573
1972-73 26 56 .317
1973-74 36 46 .439
1974-75 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 2, ピストンズ 1
ウォリアーズ 4, ソニックス 2
1975-76 43 39 .524 カンファレンス準決勝敗退 サンズ 4, ソニックス 2
1976-77 40 42 .488
1977-78 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ソニックス 2, レイカーズ 1
ソニックス 4, ブレイザーズ 2
ソニックス 4, ナゲッツ 2
ワシントン 4, ソニックス 3
1978-79 52 30 .634 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ソニックス 4, レイカーズ 1
ソニックス 4, サンズ 3
ソニックス 4, ワシントン 1
1979-80 56 26 .683 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ソニックス 2, ブレイザーズ 1
ソニックス 4, バックス 3
レイカーズ 4, ソニックス 1
1980-81 34 48 .415
1981-82 52 30 .634 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 2, ロケッツ 1
スパーズ 4, ソニックス 1
1982-83 48 34 .585 1回戦敗退 ブレイザーズ 2, ソニックス 0
1983-84 42 40 .512 1回戦敗退 マーベリックス 3, ソニックス 2
1984-85 31 51 .378
1985-86 31 51 .378
1986-87 39 43 .476 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ソニックス 3, マーベリックス 1
ソニックス 4, ロケッツ 2
レイカーズ 4, ソニックス 0
1987-88 44 38 .537 1回戦敗退 ナゲッツ 3, ソニックス 2
1988-89 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, ロケッツ 1
レイカーズ 4, ソニックス 0
1989-90 41 41 .500
1990-91 41 41 .500 1回戦敗退 ブレイザーズ 3, ソニックス 2
1991-92 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, ウォリアーズ 1
ジャズ 4, ソニックス 1
1992-93 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ソニックス 3, ジャズ 2
ソニックス 4, ロケッツ 3
サンズ 4, ソニックス 3
1993-94 63 19 .768 1回戦敗退 ナゲッツ 3, ソニックス 2
1994-95 57 25 .695 1回戦敗退 レイカーズ 3, ソニックス 1
1995-96 64 18 .780 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ソニックス 3, キングス 1
ソニックス 4, ロケッツ 0
ソニックス 4, ジャズ 3
ブルズ 4, ソニックス 2
1996-97 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, サンズ 2
ロケッツ 4, ソニックス 3
1997-98 61 21 .744 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, ウルブズ 2
レイカーズ 4, ソニックス 1
1998-99 25 25 .500
1999-2000 45 37 .549 1回戦敗退 ジャズ 3, ソニックス 2
2000-01 44 38 .537
2001-02 45 37 .549 1回戦敗退 スパーズ 3, ソニックス 2
2002-03 40 42 .488
2003-04 37 45 .451
2004-05 52 30 .634 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 4, キングス 1
スパーズ 4, ソニックス 2
2005-06 35 47 .427
2006-07 31 51 .378
2007-08 20 62 .244
通算勝敗 1725 1523 .531
プレイオフ 109 109 .500 優勝1回

2008-09以降はオクラホマシティ・サンダーを参照してください。

選手[編集]

年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人


1960年代


1970年代 (プレイオフ進出:5回 ファイナル進出:2回 優勝:1回)


1980年代 (プレイオフ進出:7回)


1990年代 (プレイオフ進出:8回 ファイナル進出:1回)


2000年代 (プレイオフ進出:3回)

永久欠番[編集]

コーチ、その他[編集]

  • P.J.カーリシモ(P.J. Carlesimo)- ヘッドコーチ

歴代ヘッドコーチ[編集]

殿堂入り[編集]

  • レニー・ウィルケンズ (Lenny Wilkens)

日本での公式戦[編集]

チーム記録[編集]

シアトル・スーパーソニックスのチーム記録

脚注[編集]

[ヘルプ]