ルーク・リドナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーク・リドナー
Luke Ridnour
シャーロット・ホーネッツ  No.13
Luke Ridnour.jpg
名前
本名 Lucas Robin Ridnour
ラテン文字 Luke Ridnour
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1981年2月13日(33歳)
出身地 アイダホ州コー・ダリーン
身長 188cm
体重 76kg
選手情報
ポジション PG
背番号 13
ドラフト 2003年 全体14位
経歴
2003-2008
2008-2010
2010-2013
2013-2014
2014-
シアトル・スーパーソニックス
ミルウォーキー・バックス
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ミルウォーキー・バックス
シャーロット・ボブキャッツ/ホーネッツ

ルーク・リドナーLuke Ridnour)ことルーカス・ロビン・リドナーLucas Robin Ridnour, 1981年2月13日 - )は、アメリカ合衆国アイダホ州コー・ダリーン出身のバスケットボール選手。NBAシャーロット・ホーネッツに所属している。身長188cm、体重76kg。ポジションはポイントガード

経歴[編集]

オレゴン大学在学中にアーリーエントリーし、2003年のNBAドラフトで全体の14位指名をシアトル・スーパーソニックスから受けNBA入り。ルーキーシーズンの2003-04シーズンはレイ・アレンブレント・バリーらのガード陣に埋もれており、69試合に出場したが平均出場時間は15分前後だった。

2年目の2004-05シーズンにバリーが移籍したことでスターターの座を手に入れた。82試合全てにスターターの出場を果たすなど急成長を遂げ、評価も上昇した。2005年NBAオールスターのルーキーチャレンジ、スキルズチャレンジにも出場した。

3年目の2005-06シーズンも、アシスト数を伸ばすなど成績は向上。アレンやラシャード・ルイスらと共にソニックスを支える存在になった。

2006年には、世界選手権の選考に残った。

2008年8月13日、3チーム間のトレードでミルウォーキー・バックスに移籍した[1]

2010年7月21日、フリーエージェントとなっていた彼は、ミネソタ・ティンバーウルブズと契約を結んだ[2]

2013年7月11日、3チーム間のトレードでミルウォーキー・バックスに復帰した[3]

2014年2月20日、ゲイリー・ニールとともにレイモン・セッションズジェフ・エイドリアンとのトレードでシャーロット・ボブキャッツに移籍した[4]

プレイスタイル[編集]

頭脳的なプレーと、パスやドリブルの正確さが持ち味で、ジョン・ストックトンスティーブ・ナッシュと比較される程である。何よりチーム第一の献身的なプレーぶりは高く評価されている。

特技[編集]

バスケの合間にやり続けていたテニスはプロ級の腕前。高校時代は全米ランキング一桁にランクインした事もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cavaliers Acquire Williams in Three-Team Trade”. nba.com (2008年8月13日). 2014年2月23日閲覧。
  2. ^ Wolves Sign Free Agent Luke Ridnour”. nba.com (2010年7月21日). 2014年2月23日閲覧。
  3. ^ Bucks Acquire Luke Ridnour in a Three Team Deal”. nba.com (2013年7月11日). 2014年2月23日閲覧。
  4. ^ Bucks Acquire Guard Ramon Sessions and Forward Jeff Adrien From Bobcats”. nba.com (2014年2月20日). 2014年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]