ダラス・マーベリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダラス・マーベリックス
原語表記 Dallas Mavericks
チームカラー ミッドナイト・ブルー、白、青、銀
チームロゴ バスケットボールを背景にした白馬の頭部。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 ウェスタン・カンファレンス
ディビジョン サウスウェスト・ディビジョン
創設 1980年
チーム史 ダラス・マーベリックス
(1980 - )
本拠 テキサス州ダラス
アリーナ アメリカン・エアラインズ・センター
オーナー マーク・キューバン
ヘッドコーチ リック・カーライル
優勝歴 1回(2011年)
ファイナル進出 2回(2006年, 2011年)
地区優勝 3回(1987年, 2007年, 2009年)
ユニフォーム
Kit body dallasmavsh.png
Homeジャージ
Kit shorts dallasmavsh.png
チームカラー
Home
Kit body dallasmavsa.png
Awayジャージ
Kit shorts dallasmavsa.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

ダラス・マーベリックスDallas Mavericks)は、テキサス州ダラスに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。略してマブズマブスとも呼ばれる。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。チーム名のmaverickとは仔馬のこと。西部をイメージして名づけられた。オーナーは、マーク・キューバンである。

歴史[編集]

初期[編集]

ダラス・マーベリックス(マブズ)は、1980年に設立された。初期のマブズではローランド・ブラックマンマーク・アグワイアが活躍したが、勝率が5割に到達しプレイオフに進出するのは3年目になってからだった。1983年のドラフトでデレック・ハーパー1984年のドラフトでサム・パーキンスを獲得し、1987年には初の地区優勝、1988年には地区決勝でロサンゼルス・レイカーズと死闘を演じた。その後1990年代は低迷し、1993年には11勝71敗にまで落ち込んだ。

トリプルJ[編集]

低迷していた90年代前半には、復調を予期させる有望な新人がチームに集まっていた。92年のドラフトではジム・ジャクソン、93年にはジャマール・マッシュバーン、94年にはジェイソン・キッドを獲得し、この3名は頭文字をとって「トリプルJ」と呼ばれた。しかしトリプルJは私情のもつれなどもありうまく機能せず、チーム成績も上向かずに一人一人チームから離れた。1997年ドン・ネルソンがジェネラルマネージャーに就任、翌年からはヘッドコーチを務めたが、90年代末には勝ち数が20程度のシーズンが続いた。

ノビツキーの時代[編集]

マブズがリーグ屈指の強豪へと成長を始めるのは、インターネット関連事業で財をなしたマーク・キューバン2000年にチームのオーナーになってからだった。キューバンのオーナー就任に先立ち、マブズは1996年マイケル・フィンリー1998年スティーブ・ナッシュダーク・ノビツキーを獲得していた。キューバンはその後も豊富な資金力を活かしてチームの補強に取り組んだ。

2001年にはチーム成績が50勝を越え、2002年にはチーム史上最多の57勝、翌シーズンはそれを上回る60勝に到達。しかしプレイオフではサンアントニオ・スパーズサクラメント・キングスフェニックス・サンズなどの他の強豪にNBAファイナルへの進出を阻まれ続けた。

2005年にネルソンは退任し、エイブリー・ジョンソンが監督に昇格した。再び60勝に達した2006年には、前年のチャンピオンであるサンアントニオ・スパーズを降し、チーム史上初となるNBAファイナル進出を果たした。しかしマイアミ・ヒートとの対戦となったファイナルを2勝4敗で落とし、初優勝はならなかった。

2006-07シーズンはチーム力をさらに上昇させ、1シーズンで3度の12連勝を達成するNBA新記録を達成。最終成績は歴代5位、チーム記録の67勝15敗を記録し、ノビツキーはシーズンMVPを受賞する最高のレギュラーシーズンを送った。プレーオフは第1シードのチャンピオン候補最右翼としてプレーオフに挑んだが、一回戦、第8シードのゴールデンステート・ウォーリアーズ相手に史上三度目(一回戦のプレーオフフォーマットが7戦4勝制になってからは初めて)の「第1シードのチームが第8シードのチームに敗れる」2勝4敗の歴史的敗戦を喫し、シーズンを終えた。翌2007-08シーズンには、ベテランPGのジェイソン・キッドを獲得し、悲願のファイナル制覇に向けて勝負に出たが、プレーオフでは2年連続で1回戦で敗退。プレーオフ敗退後、エイブリー・ジョンソンHCは解雇された。

2008-09シーズンからは新しくリック・カーライルが監督に就任し、シーズン序盤こそ躓いたものの次第に調子を上げ、最終的には50勝32敗の成績を収め、第6シードでプレーオフに進出した。第3シードのサンアントニオ・スパーズを相手にしたプレーオフ一回戦では下馬評を覆し4勝1敗で勝ち進むが、二回戦でデンバー・ナゲッツに1勝4敗で敗退した。

2010-11シーズンは57勝25敗の好成績を収め、第3シードでプレーオフに進出した。カンファレンス・セミファイナルでは、2連覇中のロサンゼルス・レイカーズを4勝0敗で下す快挙を演じ、カンファレンス・ファイナルではオクラホマシティ・サンダーを4勝1敗で退け、ついに2度目のNBAファイナルの舞台に立った。ファイナルは5年前と同じくマイアミ・ヒートとの対戦となる。1勝2敗の不利な状況から3連勝して、逆転でのNBAファイナル初制覇を成し遂げた。ファイナルMVPには平均26.0得点、10.2リバウンドを挙げたダーク・ノビツキーが選ばれた。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
ダラス・マーベリックス
1980-81 15 67 .183
1981-82 28 54 .341
1982-83 38 44 .463
1983-84 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
マーベリックス 3, ソニックス 2
ジャズ 4, マーベリックス 1
1984-85 44 38 .537 1回戦敗退 ブレイザーズ 3, マーベリックス 1
1985-86 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
マーベリックス 3, ジャズ 1
レイカーズ 4, マーベリックス 2
1986-87 55 27 .671 1回戦敗退 ソニックス 3, マーベリックス 1
1987-88 53 29 .646 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
マーベリックス 3, ロケッツ 1
マーベリックス 4, ナゲッツ 2
レイカーズ 4, マーベリックス 3
1988-89 38 44 .463
1989-90 47 35 .573 1回戦敗退 ブレイザーズ 3, マーベリックス 0
1990-91 28 54 .341
1991-92 22 60 .268
1992-93 11 71 .134
1993-94 13 69 .159
1994-95 36 46 .439
1995-96 26 56 .317
1996-97 24 58 .293
1997-98 20 62 .244
1998-99 19 31 .380
1999-2000 40 42 .488
2000-01 53 29 .646 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
マーベリックス 3, ジャズ 2
スパーズ 4, マーベリックス 1
2001-02 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
マーベリックス 3, ウルブズ 0
キングス 4, マーベリックス 1
2002-03 60 22 .732 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
マーベリックス 4, ブレイザーズ 3
マーベリックス 4, キングス 3
スパーズ 4, マーベリックス 2
2003-04 52 30 .634 1回戦敗退 キングス 4, マーベリックス 1
2004-05 58 24 .707 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
マーベリックス 4, ロケッツ 3
サンズ 4, マーベリックス 2
2005-06 60 22 .732 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
マーベリックス 4, グリズリーズ 0
マーベリックス 4, スパーズ 3
マーベリックス 4, サンズ 2
ヒート 4, マーベリックス 2
2006-07 67 15 .817 1回戦敗退 ウォリアーズ 4, マーベリックス 2
2007-08 51 31 .622 1回戦敗退 ホーネッツ 4, マーベリックス 1
2008-09 50 32 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
マーベリックス 4, スパーズ 1
ナゲッツ 4, マーベリックス 1
2009-10 55 27 .671 1回戦敗退 スパーズ 4, マーベリックス 2
2010-11 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
マーベリックス 4, ブレイザーズ 2
マーベリックス 4, レイカーズ 0
マーベリックス 4, サンダー 1
マーベリックス 4, ヒート2
2011-12 36 30 .545 1回戦敗退 サンダー 4, マーベリックス 0
2012-13 41 41 .500
2012-13 49 33 .598 1回戦 スパーズ 0, マーベリックス 0
通算勝敗 1390 1350 .507
プレイオフ 86 93 .480

主な選手[編集]

現役選手[編集]

ダラス・マーベリックス ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
F/C 45 アメリカ合衆国の旗 デュワン・ブレア (DeJuan Blair) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 126 kg (277 lb) 
G 8 スペインの旗 ホセ・カルデロン (Jose Calderon) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 94 kg (208 lb) 
G/F 25 アメリカ合衆国の旗 ビンス・カーター (Vince Carter) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 100 kg (220 lb) 
F 9 アメリカ合衆国の旗 ジャエ・クローダー (Jae Crowder) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 107 kg (235 lb) 
C 1 カナダの旗 サミュエル・ダレンバート (Samuel Dalnbert) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 113 kg (250 lb) 
G 21 アメリカ合衆国の旗 ウェイン・エリングトン (Wayne Ellington) 1.93 m ( 6 ft 4 in) 91 kg (200 lb) 
G 11 アメリカ合衆国の旗 モンタ・エリス (Monta Ellis) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 84 kg (185 lb) 
G 20 アメリカ合衆国の旗 デビン・ハリス (Devin Harris) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 87 kg (192 lb) 
C 5 アメリカ合衆国の旗 バーナード・ジェームス (Bernard James) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 109 kg (240 lb) 
G 3 アメリカ合衆国の旗 シェーン・ラーキン (Shane Larkin) 1.8 m ( 5 ft 11 in) 80 kg (176 lb) 
G 7 アメリカ合衆国の旗 リッキー・レド (Ricky Ledo) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 88 kg (195 lb) 
F 0 アメリカ合衆国の旗 ショーン・マリオン (Shawn Marion) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 103 kg (228 lb) 
G 33 アメリカ合衆国の旗 ガル・ミケル (Gal Mekel) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 90 kg (198 lb) 
F 41 ドイツの旗 ダーク・ノヴィツキー (Dirk Nowitzki(C) 2.13 m ( 7 ft 0 in) 111 kg (245 lb) 
F 34 アメリカ合衆国の旗 ブランダン・ライト (Brandan Wright) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 95 kg (210 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 リック・カーライル (Rick Carlisle)

アシスタントコーチ
  アメリカ合衆国の旗 ダレル・アームストリング (Darrell Armstrong)

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2013-10-27


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1980年代 (プレイオフ進出:5回)

1990年代 (プレイオフ進出:1回)

2000年代 (プレイオフ進出:7回 ファイナル進出:1回)

永久欠番[編集]

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

殿堂入り[編集]

なし

チーム記録[編集]

ダラス・マーベリックスのチーム記録

外部リンク[編集]