ユタ・ジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユタ・ジャズ
Utah Jazz
チームカラー 紫、青
チームロゴ UTAHという文字が書かれた金色の輪の中に山があり、その上にJAZZと綴られている。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗  NBA 
カンファレンス  ウェスタン・カンファレンス 
ディビジョン   ノースウェスト 
創設 1974年
チーム史 ニューオーリンズ・ジャズ
(1974-1979)
ユタ・ジャズ
(1979-)
本拠 ユタ州の旗 ユタ州ソルトレイクシティ
アリーナ エナジーソリューションズ・アリーナ
収容人数 19,911人 開設1991年
オーナー ラリー・H・ミラー
ヘッドコーチ クイン・スナイダー
優勝歴 0回
ファイナル進出 2回(1997年, 1998年)
ディビジョン優勝 7回(1984年, 1989年, 1992年, 1997年, 1998年, 1999年, 2000年, 2007年)
永久欠番  1 , 4 , 7 , 9 , 12 , 14 , 32 , 35 , 53 ,
ユニフォーム
Kit body twobluestripes.png
Homeジャージ
Kit shorts twobluesides.png
チームカラー
Home
Kit body thinwhitesides.png
Awayジャージ
チームカラー
Away
テンプレートを表示

ユタ・ジャズUtah Jazz)は、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。チーム名はジャズの都であるニューオーリンズに本拠地があった時に名づけられた。 日本で初めて公式戦を行なったチーム(対フェニックス・サンズ)である。

歴史[編集]

初期[編集]

ジャズは、ルイジアナ州ニューオーリンズで1974年創設された。ピート・メラビッチ(ピストル・ピート)の加入してさえも、コートの中でも財政的にも成功とはいえなかった。5シーズン負け越した後、1979年ユタ州ソルトレイクシティに移転する。ソルトレイクシティには、ジャズの文化がなかったがチームの名称はジャズのままであった。ただし大きな湖、グレートソルトレイクを持つことからロサンゼルス・レイカーズ(ミネアポリス・レイカーズ:ミネソタ州には湖が多かった)とチーム名を交換しようかという話もあった。

1979-80シーズンを前にレイカーズからエイドリアン・ダントリーを獲得、その年メラヴィッチは放出された。1980年には、ドラフトの全体2位でダレル・グリフィスを獲得。1980-81シーズンからフランク・レイデンがヘッドコーチとなる。そして1982年のドラフトで全体4位でマーク・イートンを指名した。彼ら4人の加入が将来へとつながる芽となった。1983年のドラフト全体1位でサール・ベイリーを獲得、彼らの活躍でチーム創設以来初めて勝ち越しプレイオフに進出した。その後20年連続プレイオフの常連となる。プレイオフでは2回戦まで進んで、フェニックス・サンズに敗れた。

ストックトン・マローンの時代[編集]

1984年にジョン・ストックトンを、そして1985年にカール・マローンを獲得した。ストックトンとマローンはピックアンドロールというプレイで大成功をおさめた。1988-89シーズンの途中、フランク・レイデンは辞任してジェリー・スローンがヘッドコーチに昇格した。スローンはチームを初めて50勝以上させて、51-31でシーズンを終えミッドウェスト・ディビジョン優勝を果たした。しかし、プレイオフでは1回戦でゴールデンステート・ウォリアーズに敗れた。 1990-91シーズン前に3チーム間のトレードでジェフ・マローンを獲得し、カンファレンス準決勝に進出したチームは翌シーズン、現在の本拠地デルタ・センター(2006年よりエナジーソリューションズ・アリーナに名称変更)に移る。 1992年のプレイオフは、念願のカンファレンス決勝まで進出するが、ポートランド・トレイルブレイザーズに2-4で敗れた。カール・マローンとストックトンは、バルセロナオリンピックの初代「ドリームチーム」に選ばれ、1994年にはジェフ・マローンと交換でジェフ・ホーナセックを獲得したが、チームはなかなかNBAファイナルまで進出することができなかった。

1996-97シーズン、チームはフランチャイズ記録の64勝18敗をマークし、マローンはシーズンMVPを受賞した。ジャズはプレイオフを勝ち抜き、ついにNBAファイナルに進出。悲願の優勝に挑戦することになった。対戦相手となるシカゴ・ブルズは、この年5度目の優勝を狙っていた。

ジャズはシカゴで行われた第1戦をマイケル・ジョーダンブザービーターで失い、続く2戦目にも敗れた。ホームのユタでは2連勝したものの、5戦目はジョーダンのパフォーマンスもあって2点差で落としてしまう。シカゴに戻った6戦目もジャズはものにできず、チームは優勝を逃してしまう。

1997-98シーズン、ジャズの成績は62勝20敗でブルズと同率1位。しかしレギュラーシーズン中両チームの対戦成績はジャズの2勝0敗で、プレイオフを通してジャズがホームコートアドバンテージを持つことになった。

ユタ・ジャズはこのシーズンもNBAファイナルに進出し、再び優勝を狙うが、ジョーダンとブルズの前に悲願は果たせなかった。

ロックアウトで短縮された翌1998-99シーズン、マローンは2度目のMVPを獲得する。ジャズはサンアントニオ・スパーズと同率の37勝13敗でリーグ首位となった。しかしプレイオフではポートランド・トレイルブレイザーズに敗れ、優勝を逃してしまう。

1999-2000シーズン以降の3年間は、ロサンゼルス・レイカーズの時代となった。2000年にホーナセックは引退し、ジャズのファイナル進出はならず、既に30代後半になっていたマローンの個人成績も徐々に低下していった。 2003年にストックトンが引退すると、マローンは優勝できるチームを求めレイカーズに移籍した。

ウィリアムス・ブーザーの時代[編集]

2人の退団後は、2001年に入団したアンドレイ・キリレンコ、2004年にトレードで獲得したカルロス・ブーザーらがチームの中心選手となっているが、勝率は5割前後、2004-05シーズンには30勝を下回り、3シーズンに渡りプレイオフ出場を逃している。その大きな原因に、ストックトンに変わるPGが居ないことだった。2006-2007シーズン、スローンHCは2年目のデロン・ウィリアムスをPGに起用した。これが大当たりし、ブーザーとウィリアムスの2人は新しい「ストックトン・マローン」とも言われるようになった。51勝31敗で、ディビジョン1位となり、プレーオフに進んだが、このシーズンで、チャンピオンとなったサンアントニオ・スパーズにカンファレンスファイナルで敗れている。ウィリアムスはアシストランキング3位でシーズンを終えた。しかし、その分キリレンコが活躍出来なくなり、不満をぶつけているため、問題点を残した。2007-08シーズンも好調は続きディビジョン1位を連続で獲得したが、プレーオフは2ndラウンドでロサンゼルス・レイカーズに敗れた。2008-09シーズンはプレーオフ常連となっていってはいたが、このシーズンは1stラインドで敗退し、ピークを過ぎ後退している状況に入っていった。

ジェリー・スローンヘッドコーチの引退[編集]

20010-11シーズンは、カルロス・ブーザーがFAに伴い、シカゴ・ブルズに移籍し、代わってFAのラジャ・ベルを獲得、アル・ジェファーソンミネソタ・ティンバーウルブズからトレードで獲得し、ゴードン・ヘイワードをトレード9位指名で獲得し、メインプレーヤーが大きく変わった。更にジャズを長年に渡って指揮してきたジェリー・スローンヘッドコーチデロン・ウィリアムスがハーフタイム中に口論するなど確執が強まり、監督が突然辞任した要因になったとも報じられ、チームは低迷期へと逆戻りしていった。2011年2月23日、ジャズがウィリアムスとの高額な契約を結ぶのは困難と判断し、ニュージャージー・ネッツにトレードで放出した(ジャズは引き換えにデビン・ハリスデリック・フェイバーズの2人の選手と、2011年・2012年のドラフト1巡目指名権、さらに300万ドルを獲得した)。シーズン途中で、ヘッドコーチと主力選手が代わったことで、負け越し4年続いていたプレーオフも逃した。 2011-12シーズンは、タイロン・コービンのもと、生え抜き選手で、着実に成長を続けてきたポール・ミルサップアル・ジェファーソンの安定感もあり、プレーオフに進むことができたが、1stラウンドでスパーズにスイープされシーズンを終えた。 2012-13シーズンは、勝ち越すことはできたが、競合の多いウェスタンで、プレーオフ最終スポットを求め終盤戦まで粘ったもののレイカーズに振り切られ、9位に終わった。 2013-14シーズンは、ポール・ミルサップ、アル・ジェファーソンのFAに伴い、大金を投じての引き止めは出来ず、主力2人を同時に失う中で、補強は、リチャード・ジェファーソン獲得などにとどまり、25勝57敗と大きく負け越し、シーズンを終えた。 2014-15シーズンは、ヘッドコーチにクイン・スナイダーを招聘し、巻き返しを図った。結果的には38勝44敗で3年連続の負け越しが決まったものの、平均失点はリーグ1位の94.5点を記録。また、ゴードン・ヘイワードデリック・フェイバーズらが中心選手に成長し、ルディ・ゴベールもスターターとして一本立ちしたことで、次期シーズンに期待を持たせる形となった。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
ニューオーリンズ・ジャズ
1974-75 23 59 .280
1975-76 38 44 .463
1976-77 35 47 .427
1977-78 39 43 .476
1978-79 26 56 .317
ユタ・ジャズ
1979-80 24 58 .293
1980-81 28 54 .341
1981-82 25 57 .305
1982-83 30 52 .366
1983-84 45 37 .549 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 3, ナゲッツ 2
サンズ 4, ジャズ 2
1984-85 41 41 .500 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 3, ロケッツ 2
ナゲッツ 4, ジャズ 1
1985-86 42 40 .512 1回戦敗退 マーベリックス 3, ジャズ 1
1986-87 44 38 .537 1回戦敗退 ウォリアーズ 3, ジャズ 2
1987-88 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 3, ブレイザーズ 1
レイカーズ 4, ジャズ 3
1988-89 51 31 .622 1回戦敗退 ウォリアーズ 3, ジャズ 0
1989-90 55 27 .671 1回戦敗退 サンズ 3, ジャズ 2
1990-91 54 28 .659 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 3, サンズ 1
ブレイザーズ 4, ジャズ 1
1991-92 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ジャズ 3, クリッパーズ 2
ジャズ 4, ソニックス 1
ブレイザーズ 4, ジャズ 2
1992-93 47 35 .573 1回戦敗退 ソニックス 3, ジャズ 2
1993-94 53 29 .646 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ジャズ 3, スパーズ 1
ジャズ 4, ナゲッツ 3
ロケッツ 4, ジャズ 1
1994-95 60 22 .732 1回戦敗退 ロケッツ 3, ジャズ 2
1995-96 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ジャズ 3, ブレイザーズ 2
ジャズ 4, スパーズ 2
ソニックス 4, ジャズ 3
1996-97 64 18 .780 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ジャズ 3, クリッパーズ 0
ジャズ 4, レイカーズ 1
ジャズ 4, ロケッツ 2
ブルズ 4, ジャズ 2
1997-98 62 20 .756 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ジャズ 3, ロケッツ 2
ジャズ 4, スパーズ 1
ジャズ 4, レイカーズ 0
ブルズ 4, ジャズ 2
1998-99 37 13 .740 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 3, キングス 2
ブレイザーズ 4, ジャズ 2
1999-2000 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 3, ソニックス 2
ブレイザーズ 4, ジャズ 1
2000-01 53 29 .646 1回戦敗退 マーベリックス 3, ジャズ 2
2001-02 44 38 .537 1回戦敗退 キングス 3, ジャズ 1
2002-03 47 35 .573 1回戦敗退 キングス 4, ジャズ 1
2003-04 42 40 .512
2004-05 26 56 .317
2005-06 41 41 .500
2006-07 51 31 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ジャズ 4, ロケッツ 3
ジャズ 4, ウォリアーズ 1
スパーズ 4, ジャズ 1
2007-08 54 28 .659 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 4, ロケッツ 2
レイカーズ 4, ジャズ 2
2008-09 48 34 .585 1回戦敗退 レイカーズ 4, ジャズ 1
2009-10 53 29 .646 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ジャズ 4, ナゲッツ 2
レイカーズ 4, ジャズ 0
2010-11 39 43 .476
2011-12 36 30 .545 1回戦敗退 スパーズ 4, ジャズ 0
2012-13 43 39 .524
2013-14 25 57 .305
通算勝敗 1737 1495 .537
プレイオフ 123 127 .492

主な選手[編集]

現役選手[編集]

ユタ・ジャズ ロースター
選手 その他
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
F 33 トレバー・ブッカー (Trevor Booker) アメリカ合衆国の旗 27歳 (1987/11/25) 6 ft 8 in (2.03 m) 240 lb (109 kg) クレムゾン大学
G 3 トレイ・バーク (Trey Burke) アメリカ合衆国の旗 22歳 (1992/11/12) 6 ft 0 in (1.83 m) 190 lb (86 kg) ミシガン大学
G 10 アレック・バークス (Alec Burks) アメリカ合衆国の旗 23歳 (1991/07/20) 6 ft 6 in (1.98 m) 202 lb (92 kg) コロラド大学
F 45 ジャック・クーリー (Jack Cooley) (FA) アメリカ合衆国の旗 24歳 (1991/4/4) 6 ft 11 in (2.11 m) 245 lb (111 kg) ノートルダム大学
G 8 ブライス・コットン (Bryce Cotton) (FA) アメリカ合衆国の旗 22歳 (1992/8/11) 6 ft 1 in (1.85 m) 185 lb (84 kg) プロビデンス大学
F 40 ジェレミー・エバンス (Jeremy Evans) アメリカ合衆国の旗 27歳 (1987/10/24) 6 ft 9 in (2.06 m) 194 lb (88 kg) 西ケンタッキー大学
G 11 ダンテ・エクザム (Dante Exum) オーストラリアの旗 19歳 (1995/07/13) 6 ft 6 in (1.98 m) 190 lb (86 kg) オーストラリア
F/C 15 デリック・フェイバーズ (Derrick Favors) キャプテン アメリカ合衆国の旗 23歳 (1991/07/15) 6 ft 10 in (2.08 m) 268 lb (122 kg) ジョージア工科大学
C 27 ルディ・ゴベール (Rudy Gobert) フランスの旗 22歳 (1992/06/26) 7 ft 1 in (2.16 m) 220 lb (100 kg) フランス
F 20 ゴードン・ヘイワード (Gordon Hayward) キャプテン アメリカ合衆国の旗 25歳 (1990/03/23) 6 ft 9 in (2.06 m) 210 lb (95 kg) バトラー大学
F 5 ロドニー・フード (Rodney Hood) アメリカ合衆国の旗 22歳 (1992/10/20) 6 ft 8 in (2.03 m) 215 lb (98 kg) デューク大学
P/F 2 ジョー・イングルス (Joe Ingles) (FA) オーストラリアの旗 27歳 (1987/10/02) 6 ft 8 in (2.03 m) 215 lb (98 kg) オーストラリア
F 17 グラント・ジャレット (Grant Jerrett) アメリカ合衆国の旗 23歳 (1991/07/08) 6 ft 10 in (2.08 m) 220 lb (100 kg) アリゾナ大学
P/F 23 クリス・ジョンソン (Chris Johnson) (FA) アメリカ合衆国の旗 25歳 (1990/4/29) 6 ft 6 in (1.98 m) 201 lb (91 kg) デイトン大学
G 13 エリヤ・ミルサップ (Elijah Millsap) アメリカ合衆国の旗 27歳 (1987/08/12) 6 ft 6 in (1.98 m) 215 lb (98 kg) アラバマ大学バーミンガム校
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 クイン・スナイダー (Quin Snyder)

アシスタントコーチ
  アメリカ合衆国の旗 アントニオ・ラング (Antonio Lang)

記号説明
キャプテン キャプテン
(S) 出場停止(Suspended)
(-) ベンチ外(Inactive)
Cruz Roja.svg 故障者(Injured)
(DL) Dリーグ・アサイン
(+) シーズン途中契約
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2015年04月20日

年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1970年代


1980年代 (プレイオフ進出:6回)

1990年代 (プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:2回)

2000年代 (プレイオフ進出:5回)

2010年代 (プレイオフ進出:1回)

栄誉[編集]

永久欠番[編集]

殿堂入り[編集]

なし

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]


日本での公式戦[編集]

  • 1990年11月に、フェニックス・サンズと共に来日し東京体育館で公式戦2試合を行なった。アメリカのスポーツにおいて北米以外で行われた初めての公式戦だった。カール・マローンは平均31得点12リバウンド、ジョン・ストックトンは平均15.5得点、8アシストを挙げる活躍で2戦目はサンズを退け、対戦成績を1勝1敗の5分に戻した。

チーム記録[編集]

ユタ・ジャズのチーム記録

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]