ジェリー・スローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェリー・スローン
Jerry Sloan
240
名前
本名 Gerald Eugene Sloan
愛称 "Spider"
ラテン文字 Jerry Sloan
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1942年3月28日(72歳)
出身地 イリノイ州
身長 196cm
体重 88kg(現役時)
選手情報
ポジション ガード,フォワード
背番号 14、4永久欠番
ドラフト 1965年 1巡目4位
経歴
1965-1966
1966-1976
ボルチモア・ブレッツ
シカゴ・ブルズ
監督歴
1979-1982
1988-2011
シカゴ・ブルズ
ユタ・ジャズ

ジェラルド・ユージン・スローン (Gerald Eugene Sloan, 1942年3月28日 - )、通称ジェリー・スローン (Jerry Sloan)はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手、ヘッドコーチ。NBAシカゴ・ブルズユタ・ジャズのヘッドコーチを務め、歴代3位の1221勝を挙げた。2009年バスケットボール殿堂入り。

生い立ちと選手時代[編集]

スローンはイリノイ州ハミルトン郡で生まれ、大学時代はエヴァンズビル大学でプレーをした。1965年にボルチモア・ブレッツ からドラフト1巡目で指名され1シーズンプレー。1966年にエクスパンション・ドラフトで新チームシカゴ・ブルズに移籍。ブルズ時代はディフェンスの名手として活躍し、オールスター選出2回、オールディフェンシブチームのファーストチームに4回、セカンドチームに2回選出されている。ブルズでの通算10,233得点はマイケル・ジョーダンスコッティ・ピッペンボブ・ラブに次ぐチーム史上4位。通算リバウンド数7.4(キャリアハイは2年目のシーズンで9.1)を記録している。しかし、膝の怪我のため1976年に引退。1978年に背番号4がブルズ史上初の永久欠番となった。

ブルズ時代[編集]

選手引退後、ブルズのスカウト、アシスタントコーチを経て1979年にブルズのヘッドコーチに就任。2年目にプレーオフに導くが、3年目は19勝32敗と不振でシーズン途中に解任。ブルズでの通算成績は94勝121敗であった。

ジャズ時代[編集]

ユタ・ジャズのアシスタントコーチなどを務め、1988年にフランク・レイデンの後を継いでジャズのヘッドコーチに就任した。90年代後半にはカール・マローンジョン・ストックトンを中心としたチームを作り上げ、1997年1998年と2年連続でNBAファイナルまでチームを導いた。しかし、ちょうど同時期にスローンが昔に在籍したシカゴ・ブルズがマイケル・ジョーダンを中心とした第二次黄金期を迎えており2度とも敗退し、優勝は成し遂げられなかった。

そのチーム作りの特長は、特定のスーパースター的選手を好まず、各選手が自分の役割をキチッとこなしたチームプレーを重視するところにあった。そのため、一人の選手の好不調に左右されることなく安定した力を持ったチームを作り上げた。50勝以上のシーズンを10回以上記録したコーチはスローンとパット・ライリーフィル・ジャクソングレッグ・ポポビッチの4人だけである。

2006-07シーズンには史上5人目となる通算1000勝を達成。2007-2008シーズンでジャズのコーチ歴は20年を記録し、自身の持つ北米4大プロスポーツリーグ同一チーム連続コーチ記録を20年に更新した。2008年11月7日に史上初の同一チームでの通算1000勝を達成。2009年バスケットボール殿堂入りした。

2010-2011シーズン途中の2月10日、就任23シーズン目で「私の時代は終わった。情熱を失ってしまった」いうコメントを残し、突如ヘッドコーチを辞任した。前日の試合のハーフタイム中にチームの大黒柱デロン・ウィリアムスと激しい口論があるなど、以前から二人の間に確執があり、ウィリアムスが「俺を選ぶかコーチのスローンを選ぶか」とGMに圧力をかけたとも報じられている。これについてウィリアムスやGMは否定しているが、かつてスローンの元でプレーしたカール・マローンは「情熱を失うとかで、シーズン途中で辞めるような人じゃない。きっと何かあったはずだ」とジャズの選手、チーム関係者に不信感を示した。スローンの通算成績1221勝803敗はNBA史上3位の成績だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]