ラリー・コステロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・コステロ
Larry Costello
名前
本名 Lawrence Ronald Costello
ラテン文字 Larry Costello
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1931年7月2日
出身地 ニューヨーク州ミノア
身長 185cm
体重 84kg
選手情報
ポジション ガード
ドラフト 1954年 全体12位
経歴
1954-1957
1957-1968
フィラデルフィア・ウォリアーズ
ナショナルズ/76ers
監督歴
1968-1976
1978-1979
ミルウォーキー・バックス
シカゴ・ブルズ

ラリー・コステロLarry Costello, 1933年5月29日 - 2001年12月13日)はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAの元選手、指導者。出身地はニューヨーク州ミノア、出身大学はナイアガラ大学。選手としてはフィラデルフィア・76ers1967年の優勝に貢献し、ヘッドコーチとしてはミルウォーキー・バックス1971年の優勝に導いた。

選手キャリア[編集]

ラリー・コステロことローレンス・ロナルド・コステロは大学時代をナイアガラ大学で過ごした。シエナ大学との試合では6回の延長を繰り返す激闘を演じ、この試合でコステロは69分40秒間を戦い抜き、チームを勝利に導いた。この試合でのコステロのプレイがあまりにも印象的だったため、チームは彼の背番号を『24』から『69』に変えさせている。大学時代のチームメイトには、ヒュービー・ブラウンがいる。

NBAキャリア[編集]

大学卒業後、1954年のNBAドラフトフィラデルフィア・ウォリアーズから2巡目全体12位指名を受けてNBA入りした。ウォリアーズでは兵役に就いていた期間を除いて2シーズンのみプレイし、1957-58シーズンシラキュース・ナショナルズに移籍する。コステロは彼の故郷のフランチャイズチームであり、後にフィラデルフィア・76ersと名前を変えるこのチームで、1968年に引退するまでの10シーズンを過ごすことになる。

ウォリアーズでの2シーズンは平均7.3得点と脇役の一人に過ぎなかったが、ナショナルズではチームの主力選手として活躍し、移籍1年目の1957-58シーズンは14.9得点5.3リバウンド4.4リバウンドと大きく成績を伸ばした。1958-59シーズンにはキャリアハイとなる15.8得点を記録して、オールスターにも初選出されている。また1961年12月18日のボストン・セルティックス戦ではフィールドゴール13本、フリースロー6本全てを成功させ、32得点を記録している。

当時のナショナルズはドルフ・シェイズハル・グリア、同期のレッド・カーらを擁するプレーオフ常連チームだったが、時代はセルティックス王朝真っ只中だったこともあり、プレーオフ途中敗退を繰り返す煮え切らない日々を過ごしていた。そして30歳を超えたコステロは次第に成績を落としていくようになり、1965年には引退を決意する。

しかしこの年にウィルト・チェンバレンが新たに加入し、76ers(1963年にナショナルズから改名)は大きく勝率を伸ばすと、新ヘッドコーチに就任したアレックス・ハナムの要請により、コステロは現役復帰を遂げた。チャンバレンやグリアに、チェット・ウォーカービリー・カニンガムと主力選手はいずれも20歳代と若いチームとなっていた76ersに、ベテランとしてのコステロの力が必要とされていた。コステロのサポートもあり、76ersは1965-66シーズンを68勝14敗と当時のNBA記録となる高勝率で切り抜けた。コステロはシーズン中にアキレス腱の断裂で戦線離脱してしまうも、プレーオフには執念で出場し、76ersはカンファレンス決勝でセルティックスを、ファイナルでコステロの古巣、ウォリアーズを破り、優勝を果たした。コステロは翌シーズンまでプレイし、今度こそ現役から完全引退した。

NBA通算成績は12シーズン706試合の出場で、8,622得点3,215リバウンド、平均12.2得点4.6アシストだった。

コーチキャリア[編集]

現役引退後、コステロは東シラキュース・ミノア高校のバスケットチームでコーチに就任。同校を州タイトルに導き、最初の成功を収めると、1968年エクスパンションで新たに誕生したミルウォーキー・バックスの初代ヘッドコーチに就任した。

生まれたてのチームであるため就任1年目は27勝55敗と大きく負け越したが、これがチームにとっては幸いし、1969年のNBAドラフト1位指名権を獲得し、カリーム・アブドゥル=ジャバーを指名(バックスはドラフト指名権獲得のため、故意に負けたとも言われている)。当代随一の名選手を得たバックスはこのシーズンを56勝26敗と大躍進を果たすと、翌1970-71シーズンには名ポイントガードオスカー・ロバートソンが加わり、このシーズンは当時のNBA記録となる20連勝を含む66勝16敗を記録してプレーオフも勝ち抜き、見事に優勝を果たした。コステロにとっては選手時代と合わせて2度目の優勝だった。またチームが誕生して3年目の優勝はNBAの最短記録である。以後もバックスはジャバーを中心とした70年代屈指の強豪チームとしてリーグに君臨し続けるが、優勝はこの1回のみに留まり、そして1975年のジャバーの移籍と共に急速に衰え、コステロは1976-77シーズンを最後にコーチから解任された。1978年にはシカゴ・ブルズのヘッドコーチに就任するが、20勝36敗と振るわず、シーズン終了を待たずしてコーチから解任された。

NBAコーチ通算成績は10シーズン730試合、430勝300敗、勝率.589。プレーオフ進出は6回、ファイナル進出は2回、優勝は1回だった。

NBAを離れてからは女子プロバスケットボールリーグのミルウォーキー・ドーズのコーチを経て、1980年代からはウティカ大学のバスケチームを指導し、NCAAデビジョンIIIからデビジョンIへと格上げさせることに成功している。

業績・その他[編集]

  • 選手としてのコステロは手ごわい好ディフェンダーであり、またNBAでは最後の両手でジャンプシュートを打つ選手として知られていた。シュートは正確で、2度フリースロー成功率でリーグトップに輝いている。殿堂入り選手、ディック・マグワイアは、ボブ・クージースレーター・マーティンボブ・デイヴィス、そしてコステロを彼と同時代にプレイした最も優秀なガードと評している。
  • 1961年のチームとの契約交渉の際、粘りに粘ってオーナーが提示した金額にもう500ドルを上乗せさせた。後のインタビューでコステロは500ドル上乗せさせたことをひどく悔やんでいると告白している。
  • 2001年12月13日にで亡くなった。70歳だった
主な業績

外部リンク[編集]

先代:

ミルウォーキー・バックス ヘッドコーチ
1969–1977
次代:
ドン・ネルソン
先代:
エド・バドガー
シカゴ・ブルズ ヘッドコーチ
1979
次代:
スコッティー・ロバートソン