シカゴ・ブルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シカゴ・ブルズ
原語表記 Chicago Bulls
チームカラー 赤、黒、白
チームロゴ 赤い雄牛の頭部
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 イースタン・カンファレンス
ディビジョン セントラル・ディビジョン
創設 1966年
チーム史 シカゴ・ブルズ
(1966年-)
本拠 イリノイ州シカゴ
アリーナ ユナイテッド・センター
オーナー ジェリー・ラインスドーフ
ヘッドコーチ トム・ティボデュー
優勝歴 6回(1991年, 1992年, 1993年, 1996年, 1997年, 1998年)
ファイナル進出 6回(1991年, 1992年, 1993年, 1996年, 1997年, 1998年)
地区優勝 9回(1975年, 1991年, 1992年, 1993年, 1996年, 1997年, 1998年, 2011年, 2012年)
ユニフォーム
Kit body basket in white.png
Homeジャージ
Kit shorts blanksidesandhems.png
チームカラー
Home
Kit body basket with white.png
Awayジャージ
Kit shorts whitesidesandhems.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

シカゴ・ブルズ (Chicago Bulls) は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市に本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、セントラル・ディビジョン所属。チーム名はイリノイ州で畜産が盛んだったこと、MLB、NFLのチーム名が獣の名前であったことに由来する。

歴史[編集]

初期[編集]

かつてシカゴには、BAA所属のシカゴ・スタッグズ(1946-50年)やNBAのシカゴ・パッカーズまたはゼファイアズ(1962-63年)というプロバスケットボールチームがあったが、いずれも短期間で消滅または移転している。そのシカゴにNBAのチームシカゴ・ブルズが設立されたのは1966年のことだった。初期のブルズは新興チームながらもプレイオフに進出する活躍を見せたが、勝率5割に届かない時期が続いた。最初の2シーズンの監督はレッド・カーだった。

1970年代のブルズはボブ・ラブジェリー・スローンを擁するディビジョン屈指のチームだった。70年代末期からブルズは低迷の時期に入り、引退したジェリー・スローンを初め監督が何度か入れ替わり、レジー・セウスなどスター選手も活躍したが数年間プレイオフから遠ざかった。

ジョーダンの時代[編集]

1984年にシカゴ・ブルズはドラフトで全体で3番目にマイケル・ジョーダンを選び、チームの運命を大きく変えることになる。それ以前はディフェンスを中心とした有力なチームではあったものの優勝には近づくことはなかった。平均30点以上を毎シーズン記録したジョーダンを擁していたが、チームとしての力に欠けており、1980年代に優勝をつかむことはなかった。しかし、1987年にはホーレス・グラントスコッティ・ピッペンを揃え、1990年代のチームを支える選手が着々と揃っていった。トライアングル・オフェンスを採用することになるフィル・ジャクソン1989年にコーチに迎えている。また、このシーズンよりプレイオフにおいて黒いシューズを着用するという伝統が始まる。これにあやかって、「黒いシューズ」は他チームも真似をするようになった。

1990年-1991年のシーズン、ブルズはマジック・ジョンソン率いるロサンゼルス・レイカーズを4勝1敗で下し、初のリーグ制覇を成し遂げる。翌シーズンは、クライド・ドレクスラー率いるポートランド・トレイルブレイザーズを4勝2敗で下し、その次のシーズンはチャールズ・バークレー率いるフェニックス・サンズを4勝2敗で下し、スリーピート(3連覇)を果たした。3シーズン連続でリーグ制覇を成し遂げたのは、1960年代のボストン・セルティックス以来であった。

しかし、父親をオフシーズン中に殺害されたジョーダンは引退し、スコッティ・ピッペンやクロアチア出身のルーキートニー・クーコッチに率いられたチームは、シーズン55勝の記録を残したものの、3勝4敗でニューヨーク・ニックスに敗れ、記録は途切れることになる。

1995年3月17日、マイケル・ジョーダンは引退して大リーガーを目指していたが、チームに復帰する。オーランド・マジックに敗れ、1994年-1995年のシーズンは優勝を逃す。その後、拡張ドラフトにより、B.J.アームストロングを失うもののトレードを通じて、デニス・ロッドマンがチームに加わり、ブルズは再びリーグ制覇に向かう。72勝10敗でレギュラーシーズンを終えると、シアトル・スーパーソニックスを破り、4度目のリーグ制覇を成し遂げる。翌年とその次の年もジョン・ストックトンカール・マローン率いるユタ・ジャズと対戦するが、いずれも制し再び3年連続でリーグを制覇する。このシリーズでは、試合終了間際にジョーダンからフリーのスティーブ・カーにパスがわたり決勝シュートが決まり優勝を決定づけたプレイがあるが、前回の3連覇の際のジョン・パクソンの3ポイントを多くの者に思い出させた。

ジョーダン退団後低迷期[編集]

チームは1998年に完全に解体されることになる。スコッティ・ピッペンがトレード、フィル・ジャクソンが契約切れで共にチームを去り、マイケル・ジョーダンもコーチと一緒に引退した。デニス・ロッドマンとスティーブ・カーは放出された。トニー・クーコッチとロン・ハーパーがチームを率いたもののストライキによって短くなったシーズンを13勝37敗で終える。

1999年、ドラフト1位指名権を獲得し、エルトン・ブランドロン・アーテストを指名、引き続きトライアングル・オフェンスを採用して戦うが、成績は低迷を続け、1999-2000年シーズン途中にクーコッチ、2001年にブランド、2002年にアーテストは放出され、タイソン・チャンドラーエディ・カリーの二人の高卒選手を軸に再建を図ることになった。

ジョン・パクソンGM時代[編集]

2003年の夏に、長年GMを務めてきたジェリー・クラウスが体調不良のため退くと、ジョン・パクソンが代わってGMに就任した。同年のドラフトでカーク・ハインリックを指名、2003-04シーズン途中に、スコット・スカイルズを監督に就任させ、体制を整える。

2004-2005シーズンは、開幕直後こそチーム最長タイとなる9連敗を喫したが、チームリーダーに成長したハインリック、ベン・ゴードンルオル・デンアンドレ・ノシオーニクリス・デューホン、新人4人の目覚しい活躍もあり、後期3連覇最後の年以来初めて勝ち越し、プレーオフに進出した。プレーオフは、1回戦でワシントン・ウィザーズに敗れた。2005-2006シーズンは、インサイドの得点源であったカリーを放出した影響で、成績は前年を下回ったが2年連続でプレイオフに出場、チャンピオンのマイアミ・ヒート相手に善戦した。(次の年ではマイアミ・ヒートに4-0で勝っている。)2006年6月に、デトロイト・ピストンズからFAとなったベン・ウォーレスと契約。また、チャンドラーと交換でP・J・ブラウンを獲得し、2006-2007シーズンは勝率を6割まで伸ばしたが、プレイオフで、積年のライバルであるピストンズに敗れた。

2007-2008シーズン、さらなる躍進が期待されたが、序盤チームは大きく出遅れ地区最下位に転落。スカイルズ監督は解任され、ジム・ボイランが暫定監督を務めた。

ローズの時代[編集]

United Center coloring

2008-2009シーズンは、デリック・ローズが新人王に選出されチームは勝率五割を記録。プレーオフ一回戦では第一シードのセルティックスを追い込み3勝4敗で敗退したものの善戦は評価された。

2009-2010シーズン、オフシーズンに主力のゴードンが去ったが、ノア、ローズが成績を上げ2年連続勝率五割となった。

2009-2010シーズン終了後、オフにカルロス・ブーザー獲得し戦力をアップさせた。

2010-2011シーズンはローズが史上7人目の25得点、4リバウンド、7アシスト以上を記録し、1997-1998シーズン以来となる62勝20敗でカンファレンス1位でプレーオフに進出したが、カンファレンスファイナルでマイアミ・ヒートに敗れファイナル進出はできなかった。

2011-12シーズンは、強固なディフェンスと組織力でチームは好調を維持。 短縮シーズンとなったこのシーズンもサンアントニオ・スパーズと同じ50勝16敗の成績で、前年に引き続きリーグ最高勝率を挙げた。 プレーオフ初戦でローズが右膝前十字靭帯断裂で離脱し、1stラウンドで敗退した。

2012-13シーズンは、ローズがシーズンを全休する中で、ディフェンスと組織力で乗り切り第5シードでプレーオフに進出し1stラウンドはネッツを第7戦で下したが、続くヒートには1勝したのみで敗退した。

2013-14シーズンは、満を持してローズは復帰を果たしたが、10試合に出場したのみで11月22日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で負傷し、翌日のMRI検査で、右膝半月板損傷が確認され[1]、11月25日に手術が行われ残りシーズン全休が発表された[2]。 またしてもローズのいないシーズンが続き、ジョアキム・ノアが、最優秀守備選手に選ばれるなど、チーム力で乗り切り、48勝と昨シーズンより成績を伸ばしプレーオフに進出したが、1stラウンドで、強力ポイントガード、ジョン・ウォールがコントロールするワシントン・ウィザーズに敗れた。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
シカゴ・ブルズ
1966-67 33 48 .407 ディビジョン準決勝敗退 セントルイス 3, ブルズ 0
1967-68 29 53 .354 ディビジョン準決勝敗退 レイカーズ 4, ブルズ 1
1968-69 33 49 .402
1969-70 39 43 .476 ディビジョン準決勝敗退 ホークス 4, ブルズ 0
1970-71 51 31 .622 カンファレンス準決勝敗退 レイカーズ 4, ブルズ 3
1971-72 57 25 .695 カンファレンス準決勝敗退 レイカーズ 4, ブルズ 0
1972-73 51 31 .622 カンファレンス準決勝敗退 レイカーズ 4, ブルズ 3
1973-74 54 28 .659 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブルズ 4, ピストンズ 3
バックス 4, ブルズ 0
1974-75 47 35 .573 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブルズ 4, カンザスシティ・オマハ 2
ウォリアーズ 4, ブルズ 3
1975-76 24 58 .293
1976-77 44 38 .537 1回戦敗退 ブレイザーズ 2, ブルズ 1
1977-78 40 42 .488
1978-79 31 51 .378
1979-80 30 52 .366
1980-81 45 37 .549 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 2, ニックス 0
セルティックス 4, ブルズ 0
1981-82 34 48 .415
1982-83 28 54 .341
1983-84 27 55 .329
1984-85 38 44 .463 1回戦敗退 バックス 3, ブルズ 1
1985-86 30 52 .366 1回戦敗退 セルティックス 3, ブルズ 0
1986-87 40 42 .488 1回戦敗退 セルティックス 3, ブルズ 0
1987-88 50 32 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 3, キャブス 2
ピストンズ 4, ブルズ 1
1988-89 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブルズ 3, キャブス 2
ブルズ 4, ニックス 2
ピストンズ 4, ブルズ 2
1989-90 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブルズ 3, バックス 1
ブルズ 4, シクサーズ 1
ピストンズ 4, ブルズ 3
1990-91 61 21 .744 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブルズ 3, ニックス 0
ブルズ 4, シクサーズ 1
ブルズ 4, ピストンズ 0
ブルズ 4, レイカーズ 1
1991-92 67 15 .817 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブルズ 3, ヒート 0
ブルズ 4, ニックス 3
ブルズ 4, キャブス 2
ブルズ 4, ブレイザーズ 2
1992-93 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブルズ 3, ホークス 0
ブルズ 4, キャブス 0
ブルズ 4, ニックス 2
ブルズ 4, サンズ 2
1993-94 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 3, キャブス 0
ニックス 4, ブルズ 3
1994-95 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 3, シャーロット 1
マジック 4, ブルズ 2
1995-96 72 10 .878 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブルズ 3, ヒート 0
ブルズ 4, ニックス 1
ブルズ 4, マジック 0
ブルズ 4, ソニックス 2
1996-97 69 13 .841 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブルズ 3, ウィザーズ 0
ブルズ 4, ホークス 1
ブルズ 4, ヒート 1
ブルズ 4, ジャズ 2
1997-98 62 20 .756 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ブルズ 3, ネッツ 0
ブルズ 4, シャーロット 1
ブルズ 4, ペイサーズ 3
ブルズ 4, ジャズ 2
1998-99 13 37 .260
1999-2000 17 65 .207
2000-01 15 67 .183
2001-02 21 61 .256
2002-03 30 52 .366
2003-04 23 59 .280
2004-05 47 35 .573 1回戦敗退 ウィザーズ 4, ブルズ 2
2005-06 41 41 .500 1回戦敗退 ヒート 4, ブルズ 2
2006-07 49 33 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 4, ヒート 0
ピストンズ 4, ブルズ 2
2007-08 33 49 .402
2008-09 41 41 .500 1回戦敗退 セルティックス 4, ブルズ 3
2009-10 41 41 .500 1回戦敗退 キャブス 4, ブルズ 1
2010-11 62 20 .756 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ブルズ 4, ペイサーズ 1
ブルズ4, ホークス 2
ヒート 4, ブルズ 1
2011-12 50 16 .758 1回戦敗退 シクサーズ 4, ブルズ 2
2012-13 45 37 .549 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 4, ネッツ 3
ヒート 4, ブルズ 1
2013-14 48 34 .585 1回戦敗退 ウィザーズ 4, ブルズ 1
通算勝敗 2023 1864 .520
プレイオフ 178 148 .546 優勝6回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

シカゴ・ブルズ ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
F 17 アメリカ合衆国の旗 ルイス・アマンドソン (Louis Amundson) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 102 kg (225 lb) 
G 14 アメリカ合衆国の旗 D.J.オーガスティン (D. J. Augustin) 1.83 m ( 6 ft 0 in) 83 kg (183 lb) 
G/F 11 アメリカ合衆国の旗 ロニー・ブリュワー (Ronnie Brewer) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 107 kg (235 lb) 
G/F 21 アメリカ合衆国の旗 ジミー・バトラー (Jimmy Butler) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 101 kg (222 lb) 
G/F 34 アメリカ合衆国の旗 マイク・ダンリービー・ジュニア (Mike Dunleavy, Jr) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 104 kg (230 lb) 
G 32 アメリカ合衆国の旗 ジマー・フレデッテ (Jimmer Fredette) 1.88 m ( 6 ft 2 in) 88 kg (195 lb) 
F/C 16 スペインの旗 パウ・ガソル (Pau Gasol) 2.13 m ( 7 ft 0 in) 113 kg (250 lb) 
F 22 アメリカ合衆国の旗 タージ・ギブソン (Taj Gibson) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 97 kg (214 lb) 
G 12 アメリカ合衆国の旗 カーク・ハインリック (Kirk Hinrich) 1.93 m ( 6 ft 4 in) 86 kg (190 lb) 
G 55 アメリカ合衆国の旗 マイク・ジェームス (Mike James) 1.93 m ( 6 ft 4 in) 88 kg (195 lb) 
C 48 アメリカ合衆国の旗 ナジー・モハメド (Mazr Mohammed) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 113 kg (250 lb) 
F/C 13 フランスの旗 ジョアキム・ノア (Joakim Noah) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 105 kg (232 lb) 
PG 1 アメリカ合衆国の旗 デリック・ローズ (Derrick Rose(C) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 86 kg (190 lb) 
F 20 アメリカ合衆国の旗 トニー・スネル (Tony Snell) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 91 kg (200 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 トム・ティボデュー (Tom Thibodeau)

アシスタントコーチ

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2014-4-18


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1960年代 (プレイオフ進出:2回)

1970年代 (プレイオフ進出:7回)

1980年代 (プレイオフ進出:6回)

1990年代 (プレイオフ進出:9回 ファイナル進出:6回 優勝:6回)

2000年代 (プレイオフ進出:3回)

栄誉[編集]

殿堂入り[編集]

永久欠番[編集]

ジャクソンとクラウスは永久欠番ではないが、その功績を称えられユナイテッド・センターにバナーが掲げられている。

コーチ、その他[編集]


チーム記録[編集]

シカゴ・ブルズのチーム記録

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Derrick Rose out indefinitely”. ESPN.com (2013年11月23日). 2013年11月23日閲覧。
  2. ^ K.C. Johnson, "Bulls' Rose is likely out for season," Chicago Tribune, November 25, 2013.

外部リンク[編集]