コンボガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンボガードCombo Guard)は、バスケットボールのポジションにおいて、ポイントガードシューティングガードと両方でプレイする選手を示す用語である。

概要[編集]

優れたコンボガードは、司令塔としてのゲームメイクの能力・パスセンス・アウトサイドからの得点力を兼ね備えている。

従来のバスケットボールにおいては、ポイントガードはゲームメイクと外側からのアシストのみを要求され、自ら点を取りに行くガードはチームプレーが出来ないと評価される傾向にあった。しかし、近年のNBAのオフェンス重視の風潮とともにシューティングガードが花形ポジションとなってくると、アウトサイドの選手に求められる役割も変わりつつあった。特に2005年シーズンドウェイン・ウェイドの成功以降、ゲームメイカーとスコアラーの役割を兼ね備えたコンボガードというポジションが認められつつある。