シックスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シックスマン(6th Man、第六の男)とは、バスケットボールの試合において、ベンチスタートのサブメンバーの中でも特に活躍できる選手。

概要[編集]

バスケットボールではコートに立てるのは5人であり、スターティングメンバーと同様に活躍できる6番目の選手であるところに由来する。通常はスターティングメンバーに主力選手を置くのが普通であるが、シックスマンは単なる控えメンバーとは異なり、中盤でゲームの流れを変えるなど、特別な使われ方をされることも多い。実際は監督の戦術や作戦によるところが大きい。

シックスマンという戦術・役割を生み出したのはボストン・セルティックスレッド・アワーバックだとみなされている。

シックスマンの特徴・傾向[編集]

単なる控え選手と区別して、シックスマンと呼ばれる選手には以下のような特徴・傾向がある。

  • 他の控え選手よりも頻繁にゲームに起用される、しばしば1ゲームの中で一番最初に起用される控え選手
  • ベンチスタートであるものの、スターティングメンバーと同等、時にはそれを上回るプレー時間を記録する
  • 複数のポジションを問題なくこなせるユーティリティープレーヤー

具体的には以下。

シックスマンの起用例[編集]

  • 弱点がある選手の起用
高い能力を持ちながらも、上背がなかったりディフェンスが弱かったりスタミナがなかったりと、穴があるためスタメンとして使いにくい選手。アンダーサイズのスコアラーやビッグショットを持つベテランなど様々で大半はこのタイプに当てはまる。(例)ベン・ゴードンロバート・オーリーリアンドロ・バルボサネイト・ロビンソン
  • 主力級の選手の起用
バスケットボールでは基本的に選手の交代が自由に認められており、特に競った試合では選手の休憩も重要な作戦となる。そこで主力であるスタメンを休ませている間の戦力ダウンを防ぐ為、主力級の選手をシックスマンとして使うケースである。(例)エマニュエル・ジノビリジェリー・スタックハウス
  • ユーティリティープレーヤーによる起用
複数のポジションをこなす事ができるユーティリティープレーヤーをシックスマンに置く事で、臨機応変な戦術を立てることができる。(例)ボリス・ディアウトニー・クーコッチラマー・オドム

代表的なシックスマン[編集]

NBAにおいてもシックスマンは非常に重視されており、NBAシックスマン賞も設けられている。

  • 1960年代ボストン・セルティックスジョン・ハブリチェックはシックスマンとしてセルティックス黄金期に貢献する。優れた選手が多かったために控えとして起用されたがチームへの貢献度は明らかに高かった。シックスマンながらチームで最も出場時間の多い選手であり、得点でもチーム首位ないし2位だった。

関連項目[編集]