マイク・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ミラー
Mike Miller
メンフィス・グリズリーズ  No.13
Mike Miller.jpg
名前
本名 Michael Lloyd Miller
愛称 "Skinny"
ラテン文字 Mike Miller
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1980年2月19日(34歳)
出身地 サウスダコタ州ミッチェル
身長 203cm
体重 99kg
選手情報
ポジション SG/SF
背番号 13
ドラフト 2000年 1巡5位
経歴
2000-2003
2003-2008
2008-2009
2009-2010
2010-2013
2013-
オーランド・マジック
メンフィス・グリズリーズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ワシントン・ウィザーズ
マイアミ・ヒート
メンフィス・グリズリーズ

マイク・ミラーMichael Lloyd "Mike" Miller, 1980年2月19日 - )はアメリカ合衆国サウスダコタ州ミッチェル出身のバスケットボール選手である。NBAメンフィス・グリズリーズに所属している。身長203cm、体重99kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

1998年から2000年までフロリダ大学に通う。2000年には、センター以外のポジションをこなす中心選手としてユドニス・ハスレムドネル・ハービーらと共に、チームをNCAAファイナルへ導く。

NBA[編集]

2000年のNBAドラフトでは、アーリーエントリーによって、彼の地元であるオーランド・マジックから全体5位指名を受けた。チームはトレイシー・マグレディグラント・ヒルという大型補強を済ませたばかりで、ミラーに掛かる期待は即戦力というものではなかった。しかしながらヒルが故障によって戦線離脱すると、ミラーはスターターに抜擢され、徐々にNBAという厳しい環境に慣れていった。この年、ルーキーオールスターにも出場し、苦労しながらもシーズン終了までマジックの一員として活躍した。結果、ミラーはルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を獲得した。しかし、新人王にしては平均11.9得点は物足りないという意見も多く聞かれた。

2年目以降はヒルの故障が重なったこともあり、すっかりスターターに定着し、着実に頭角を現していった。そして3年目である02-03シーズンの途中、ドリュー・グッデンなどとの複数トレードでメンフィス・グリズリーズに移籍した。シーズンも終盤に差し掛かっていたので、残り16試合の出場に留まったが、ドアマットチームからの脱出を図っていたグリズリーズにとって、ミラーに掛かる期待は実に大きいものだった。

03-04シーズンは出場した65試合の全てにおいて先発出場を果たし、チームも創設以来史上初めてプレイオフに出場した。成績はマジック時代と比較すれば減少したものの、チームに貢献した。

05-06シーズンはこれまでの先発出場が一転、シックスマン(ベンチ出場では、チームへの貢献や出場時間が筆頭の選手)として起用されることになった。74試合中、先発出場はわずかに9試合のみだが、平均出場時間は30分を越えた。ミラーは6thマンとしても安定した活躍を続け、その年の6thマン賞を獲得した。

2007年1月3日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦ではそれまでサム・マックが持っていたチーム記録を更新する9本の3ポイントシュートを決めた[1]。2月21日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦ではグリズリーズのチーム記録となる45得点をあげた[2]

08-09シーズン前、ブライアン・カーディナルジェイソン・コリンズその年のドラフト全体5位で指名されたケビン・ラブとのトレードでマルコ・ヤリッチアントワン・ウォーカーグレッグ・バックナー、ドラフト全体3位で指名されたO.J.メイヨと共にミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍した[3]。ミネソタでは、出場時間はさほど変わらないが、平均9.9得点などキャリア最低をマークするなど低調なシーズンをおくった。

2009年6月23日、ランディ・フォイと共にオレクシー・ペチェロフエタン・トーマスダリウス・ソンガイラ、ドラフト1巡指名権とのトレードでワシントン・ウィザーズへ移籍した[4]

ウィザーズではギルバート・アリーナスの出場停止、カロン・バトラーアントワン・ジェイミソンらのシーズン途中で移籍などチーム状態が良くなく、ミラー自身も肩の故障で54試合の出場に留まった。

2010年7月15日、マイアミ・ヒートと5年2500万ドルの契約を結んだ。プレシーズンの練習でレブロン・ジェームスに対する守備を行った際に負傷、数週間をサイドラインで過ごした。同年12月20日に戦列に復帰、2011年1月22日には風邪をひいたドウェイン・ウェイドに代わり先発出場し32得点をあげた。

2013年7月30日、メンフィス・グリズリーズに移籍した。

プレイスタイル[編集]

シューティングガードスモールフォワードの両方を務めるスウィングマンである。3ポイントシュートやミドルレンジからのシュートを高確率で決めることができる。また状況に応じてポイントガードのようにボールを運んだりパスをすることも多く、アシストを10個以上記録するゲームもある。またディフェンスにも積極的で、6thマン賞を獲得した05-06シーズンは平均5.4個のリバウンドを記録した。

その他[編集]

  • ニックネームは「Skinny」で、これは「痩せすぎ」という意味である。
  • MasonとMavrickの2人の息子がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Elias Says ... Arenas gone wild”. ESPN (2007年1月4日). 2012年3月23日閲覧。
  2. ^ Miller scores franchise-record 45 pts. in Grizz loss”. ESPN (2007年2月21日). 2012年3月23日閲覧。
  3. ^ Mayo heads to Memphis, Love to Minnesota in blockbuster trade”. ESPN (2008年6月27日). 2012年3月23日閲覧。
  4. ^ Foye, Miller head to Wiz”. ESPN (2009年6月24日). 2012年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]