アトランタ・ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトランタ・ホークス
原語表記 Atlanta Hawks
チームカラー ネービーブルー、赤、銀
チームロゴ 黒で綴られたATLANTA HAWKSを上に、赤と黒で描かれたタカが爪でバスケットボールをつかんでいる姿。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 イースタン・カンファレンス
ディビジョン サウスイースト・ディビジョン
創設 1946年NBLに加盟。1949年からNBAに参加。
チーム史 トライシティーズ・ブラックホークス
1946年-1951年
ミルウォーキー・ホークス
1951年-1955年
セントルイス・ホークス
1955年-1968年
アトランタ・ホークス
(1968年-)
本拠 アトランタ
アリーナ フィリップス・アリーナ
オーナー アトランタ・スピリットLLC
ヘッドコーチ マイク・バデンホルツァー
優勝歴 1回(1958年)
ファイナル進出 4回(1957年, 1958年, 1960年, 1961年)
地区優勝 14回(1956年, 1957年, 1958年, 1959年, 1960年, 1961年, 1963年, 1964年, 1966年, 1967年, 1970年, 1980年, 1987年, 1994年)
ユニフォーム
Kit body atlantahawksh.png
Homeジャージ
チームカラー
Home
Kit body atlantahawksa.png
Awayジャージ
チームカラー
Away
テンプレートを表示

アトランタ・ホークスAtlanta Hawks)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市に本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、サウスイースト・ディビジョンに所属。チーム名は元はイリノイ州にあり、インディアンの「ブラックホーク酋長」から名付けられた。ミルウォーキーに移転後、単純にホークスとなり、アトランタは4箇所目のフランチャイズ都市である。なお、ブラックホークスの名はNHLのシカゴ・ブラックホークスで残っている。

歴史[編集]

初期[編集]

現在も存続するNBAのチームのうち、アトランタ・ホークスは最も古い歴史をもつチームの一つである。ホークスは1946年にNBL (National Basketball League) に所属するトライシティーズ・ブラックホークスとして出発し、当時トライ・シティズと呼ばれていた(現在はクアッド・シティズと呼ばれている)、アイオワ州東部のミシシッピ川河畔の町、ダベンポートを中心とする都市圏を本拠地としていた[1]。ブラックホークスが当時ホームとしていた競技場、ウォートン・フィールド・ハウスは対岸のイリノイ州モリーンに現在も残っており、地元の高校がバスケットボールやバレーボール、レスリングの試合などに使用している[2]

1949年にNBLはBAA (Basketball Association of America) と合併しNBAが誕生、ホークスは監督にレッド・アワーバックを迎えた。

チームは1951年ミルウォーキーに、1955年にはセントルイスに移転し、それぞれミルウォーキー・ホークスセントルイス・ホークスという名称だった。セントルイス時代最後の1954年にホークスはボブ・ペティットを獲得した。この頃監督はのちに殿堂入りするレッド・ホルツマンだったもののチーム成績は伸び悩んだ。

1956年に元ホークス選手のアレックス・ハナムが監督に就くと状況は好転し、ボブ・ペティットを中心とした強豪へと成長した。1958年には優勝を果たし、これが現在もチーム史上唯一の優勝経験となっている。続く1960年代前半、ペティットが現役でいる間ホークスはリーグの強豪の一つだったが、同時代を支配したボストン・セルティックスに優勝を譲る時期が続いた。

アトランタ・ホークス[編集]

1968年、チームはジョージア州アトランタに移転、チーム名を現在に続くアトランタ・ホークスと改称した。この頃よりチームは勝率5割前後をさ迷う中堅どころとして十数年の年月を過ごしていく。プレイオフには進出するものの、1回戦ないし2回戦敗退が長く続いた。1970年代前半はのちに殿堂入りするピート・マラビッチがチームを率いた。

70年代後半は低迷しプレイオフからも離れ、低迷期は1980年代前半まで続いた。80年代中期にはマイク・フラテロが監督を務め、徐々にディビジョンの強豪の一つとして成長していった。1982年にドラフトで指名したドミニク・ウィルキンズはリーグを代表する選手の一人として人気を集め、ドック・リバースケビン・ウィリスステイシー・オーグモンらが脇を固めた。

1990年代に入る頃ホークスは再び低迷期に入り、1993年に就任した名将レニー・ウィルケンズがチームの再建に取り組んだ。1993-94シーズン途中にウィルキンズ、翌シーズン途中にはウィリスも放出したが、ムーキー・ブレイロックスティーブ・スミスディケンベ・ムトンボアラン・ヘンダーソンなどの好選手を擁し、ディビジョン上位に食い込む活躍を見せた。ウィルケンズは在任中に監督として勝利数を塗り替える快挙を成し遂げたもののプレイオフでは2回戦を越えられない年が続き、1999年にブレイロック、スティーブ・スミスは放出され、2000年にウィルケンズは辞任。21世紀に入る頃にはチーム勝率は4割を切るところまで落ち込んだ。

2001年のオフシーズンには、ドラフト3位指名権などと交換でシャリーフ・アブドゥル=ラヒームを獲得し、1999年にドラフトで指名したジェイソン・テリーと二人を軸に再建を図ったが低迷から脱せず、2004年にテリーとアブドゥル=ラヒームは放出された。また、2003年9月にチームは、同じアリーナを使用するプロアイスホッケーNHLのチームのアトランタ・スラッシャーズと共に、タイムワーナー社から、投資者集団に売り渡された。

2004年のドラフトでジョシュ・チルドレスジョシュ・スミスサリム・スタウダマイアーを指名したが、2004-05シーズンは連勝が1度もなく不振を極め、球団史上最低の13勝に終った。

2005年には全体2位指名権を得てマーヴィン・ウィリアムスを指名、トレードでジョー・ジョンソンを獲得。2007年には全体3位指名権を得てアル・ホーフォードを指名し有望な若手選手を揃えたチームは、2007-08シーズン、2008年2月にはマイク・ビビーをトレードで獲得し、更なる飛躍を目指し、9年振りとなるプレイオフ進出決定した。

グレッグ・ポポビッチのもと、第1アシスタントコーチとしてポポビッチを支え、4度のNBA優勝を経験した[3]マイク・バデンホルツァーが2013年のNBAファイナル直前に、ホークスのヘッドコーチに選任された[4]。新ヘッドコーチでのシーズンは、前シーズンまで6年連続プレーオフ進出が続いているハードルの高い出だしとなった上に、主力のアル・フォーフォードが故障で十分に出場できない中、残りのロースターで苦戦しながら、38勝44敗と負け越しはしたものの、プレーオフに8位で滑り込んだ。1stラウンド1戦目で1位のインディアナ・ペイサーズを下し、新ヘッドコーチでプレーオフ初勝利を勝ち取った。その後2勝し最終戦まで粘ったが、1stランドで敗退した。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
トライシティーズ・ブラックホークス
1949-50 29 35 .453 ディビジョン準決勝 アンダーソン 2, ブラックホークス 1
1950-51 25 43 .368
ミルウォーキー・ホークス
1951-52 17 49 .258
1952-53 27 44 .380
1953-54 21 51 .292
1954-55 26 46 .361
セントルイス・ホークス
1955-56 33 39 .458 ディビジョン2位決定戦敗退
ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ミネアポリス 1, ホークス 0
ホークス 2, ミネアポリス 1
フォートウェイン 3, ホークス 2
1956-57 34 38 .472 タイブレークゲーム勝利
タイブレークゲーム勝利
ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル敗退
ホークス 1, フォートウェイン 0
ホークス 1, ミネアポリス 0
ホークス 3, ミネアポリス 0
セルティックス 4, ホークス 3
1957-58 41 31 .569 ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル優勝
ホークス 4, フォートウェイン 1
ホークス 4, セルティックス 2
1958-59 49 23 .681 ディビジョン決勝敗退 ミネアポリス 4, ホークス 2
1959-60 46 29 .613 ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル敗退
ホークス 4, ミネアポリス 3
セルティックス 4, ホークス 3
1960-61 51 28 .646 ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル敗退
ホークス 4, ミネアポリス 3
セルティックス 4, ホークス 1
1961-62 29 51 .363
1962-63 48 32 .600 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ホークス 3, フォートウェイン 1
レイカーズ 4, ホークス 3
1963-64 46 34 .575 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ホークス 3, レイカーズ 2
サンフランシスコ 4, ホークス 3
1964-65 45 35 .563 ディビジョン準決勝敗退 ボルチモア 3, ホークス 1
1965-66 36 44 .450 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ホークス 3, ボルチモア 0
レイカーズ 4, ホークス 3
1966-67 39 42 .481 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ホークス 3, ブルズ 0
サンフランシスコ 4, ホークス 2
1967-68 56 26 .683 ディビジョン準決勝敗退 サンフランシスコ 4, ホークス 2
アトランタ・ホークス
1968-69 48 34 .585 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ホークス 4, サンディエゴ 2
レイカーズ 4, ホークス 1
1969-70 48 34 .585 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ホークス 4, ブルズ 1
レイカーズ 4, ホークス 0
1970-71 36 46 .439 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, ホークス 1
1971-72 36 46 .439 カンファレンス準決勝敗退 セルティックス 4, ホークス 2
1972-73 46 36 .561 カンファレンス準決勝敗退 セルティックス 4, ホークス 2
1973-74 35 47 .427
1974-75 31 51 .378
1975-76 29 53 .354
1976-77 31 51 .378
1977-78 41 41 .500 1回戦敗退 ウィザーズ 2, ホークス 0
1978-79 46 36 .561 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 2, ロケッツ 0
ウィザーズ 4, ホークス 3
1979-80 50 32 .610 カンファレンス準決勝敗退 シクサーズ 4, ホークス 1
1980-81 31 51 .378
1981-82 42 40 .512 1回戦敗退 シクサーズ 2, ホークス 0
1982-83 43 39 .524 1回戦敗退 セルティックス 2, ホークス 1
1983-84 40 42 .488 1回戦敗退 バックス 3, ホークス 2
1984-85 34 48 .415
1985-86 50 32 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, ピストンズ 1
セルティックス 4, ホークス 1
1986-87 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, ペイサーズ 1
ピストンズ 4, ホークス 1
1987-88 50 32 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, バックス 2
セルティックス 4, ホークス 3
1988-89 52 30 .634 1回戦敗退 バックス 3, ホークス 2
1989-90 41 41 .500
1990-91 43 39 .524 1回戦敗退 ピストンズ 3, ホークス 2
1991-92 38 44 .463
1992-93 43 39 .524 1回戦敗退 ブルズ 3, ホークス 0
1993-94 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, ヒート 2
ペイサーズ 4, ホークス 2
1994-95 42 40 .512 1回戦敗退 ペイサーズ 3, ホークス 0
1995-96 46 36 .561 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, ペイサーズ 2
マジック 4, ホークス 1
1996-97 56 26 .683 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, ピストンズ 2
ブルズ 4, ホークス 1
1997-98 50 32 .610 1回戦敗退 シャーロット 3, ホークス 1
1998-99 31 19 .620 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 3, ピストンズ 2
ニックス 4, ホークス 0
1999-2000 28 54 .341
2000-01 25 57 .305
2001-02 33 49 .402
2002-03 35 47 .427
2003-04 28 54 .341
2004-05 13 69 .188
2005-06 26 56 .317
2006-07 30 52 .366
2007-08 37 45 .451 1回戦敗退 セルティックス 4, ホークス 3
2008-09 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 4, ヒート 3
キャブス 4, ホークス 0
2009-10 53 29 .646 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 4, バックス 3
マジック 4, ホークス 0
2010-11 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ホークス 4, マジック 2
ブルズ 4, ホークス 2
2011-12 40 26 .606 1回戦敗退 セルティックス 4, ホークス 2
2012-13 44 38 .537 1回戦敗退 ペイサーズ 4, ホークス 2
2013-14 38 44 .463 1回戦敗退 ペイサーズ 4, ホークス 3
通算勝敗 2542 2600 .494
プレイオフ 143 189 .430 優勝1回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

アトランタ・ホークス ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
F/C 6 マケドニア共和国の旗 ペロ・アンティッチ (Pero Antić) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 118 kg (260 lb) 
G 24 アメリカ合衆国の旗 ケント・ベイズモア (Kent Bazemore) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 91 kg (201 lb) 
F 7 アメリカ合衆国の旗 エルトン・ブランド (Elton Brand) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 115 kg (254 lb) 
F 5 アメリカ合衆国の旗 デマール・キャロル (DeMarre Carroll) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 96 kg (212 lb) 
F/C 15 ドミニカ共和国の旗 アル・ホーフォード (Al Horford(C) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 113 kg (250 lb) 
G 12 アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジェンキンス (John JenkinsCruz Roja.svg 1.93 m ( 6 ft 4 in) 100 kg (220 lb) 
G/F 26 アメリカ合衆国の旗 カイル・コーバー (Kyle Korver) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 96 kg (212 lb) 
G 8 アメリカ合衆国の旗 シェルビン・マック (Shelvin Mack) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 94 kg (207 lb) 
F 4 アメリカ合衆国の旗 ポール・ミルサップ (Paul Millsap) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 115 kg (253 lb) 
F/C 31 アメリカ合衆国の旗 マイク・ムスカラ (Mike Muscala) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 108 kg (239 lb) 
F 33 アメリカ合衆国の旗 エイドリアン・ペイン (Adrian Payne) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 111 kg (245 lb) 
G 17 ドイツの旗 デニス・シュレーダー (Dennis Schröder) 1.88 m ( 6 ft 2 in) 76 kg (168 lb) 
F 32 アメリカ合衆国の旗 マイク・スコット (Mike Scott) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 108 kg (237 lb) 
G 25 スイスの旗 ターボ・セフォロシャ (Thabo Sefolosha) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 101 kg (222 lb) 
PG 0 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・ティーグ (Jeff Teague) 1.88 m ( 6 ft 2 in) 79 kg (175 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 マイク・バデンホルツァー (Mike Budenholzer)

アシスタントコーチ

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2014-9-24


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1950年代

1960年代

1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

栄誉[編集]

殿堂入り[編集]

  • レニー・ウィルキンス (Lenny Wilkens)

永久欠番[編集]

チーム記録[編集]

アトランタ・ホークスのチーム記録

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]