ビル・ウォルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・ウォルトン

ビル・ウォルトンBill Walton,本名William Theodore Walton III,1952年11月5日-)はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。カリフォルニア州ラ・メサ出身。NBAポートランド・トレイルブレイザーズなど3チームに所属した。身長211cm、体重95kg。ポジションはセンター。ロサンゼルス・レイカーズに所属しているルーク・ウォルトンの父親である。

経歴[編集]

大学時代は名将ジョン・ウッデンの下、UCLAを2度の全米制覇に導き、3年連続で最優秀選手に選ばれるなどスター選手として活躍した。大学卒業後、1974年のNBAドラフトで全体の1位指名をポートランド・トレイルブレイザーズから受けNBA入りした。 ブレイザーズでは年々成績を伸ばし、3年目の1976-77シーズンには、平均18.6得点、14.4リバウンド、3.8アシスト、1.0スティール、3.2ブロックを記録し、リバウンド王に輝いた。また、オールスター、オールNBA2NDチーム、オールディフェンシブ1STチームにも選ばれた。プレイオフではカリーム・アブドゥル=ジャバーのいたレイカーズを4-0で破り、NBAファイナルへ進出。フィラデルフィア・76ersにも4-2で競り勝ち、ファイナルMVPに選ばれた。 翌1977-78シーズンも、得点とアシストで自己最高を記録するなど活躍し、オールスター、オールNBA2NDチーム、オールディフェンシブ1STチームに加え、シーズンMVPも受賞した。プレイオフでは怪我により2試合しか出場できず、シアトル・スーパーソニックスに2-4で敗れた。 

その後のウォルトンは怪我により調子を落とすようになり、サンディエゴ・クリッパーズ(現在のロサンゼルス・クリッパーズ)を経て、1985年9月に、ボストン・セルティックスへ移籍した。1985-86シーズンは自己最多の80試合に出場、シックスマンとしてチームを支え、シックスマン賞を獲得した。プレイオフではNBAファイナルに進出し、ヒューストン・ロケッツを破り優勝した。 翌86-87シーズンは、怪我で10試合の出場に留まり平均得点は2.8得点まで落ち込んだ。プレイオフではチームはファイナルに進出したが、ロサンゼルス・レイカーズに惜敗した。

現役引退後は、解説者として活躍している。

1993年に殿堂入りを果たし、1996年には、NBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」の1人に選ばれた。彼はその怪我の多さから現役時代「メディカル・ビル(医療費請求書=ファーストネームの「ビル」とかけている)」の異名を頂戴し、出場468試合と殿堂入り選手の中でもっとも出場試合がすくないことでも有名である。

外部リンク[編集]