エディー・ジョンソン (1959年生のバスケットボール選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・ジョンソン
名前
本名 Edward (Eddie) Arnet Johnson
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1959年5月1日(54歳)
出身地 イリノイ州シカゴ
身長 201cm
体重 98kg
選手情報
ポジション スモールフォワード
背番号 8,22
ドラフト 1981年 2巡目(全体29位)
経歴
1981-1987
1987-1990
1990-1993
1993-1994
1994-1995
1995-1997
1997-1999
カンザスシティ・キングス
フェニックス・サンズ
シアトル・スーパーソニックス
シャーロット・ホーネッツ
オリンピアコス
インディアナ・ペイサーズ
ヒューストン・ロケッツ

エディ・ジョンソン(Eddie Johson 1959年5月1日- )はイリノイ州シカゴ出身のバスケットボール選手。ポジションはスモールフォワードNBAで1199試合に出場し、歴代22位の19,202得点を記録しながら、NBAオールスターゲームに1度も選ばれなかったことで知られている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代からシュートの名手として知られ、身長が6フィート7インチ(201センチ)あったジョンソンは、イリノイ大学に進学。1991年のドラフト会議で、全体29位でカンザスシティ・キングス(現サクラメント・キングス)に入団した。

NBA時代初期[編集]

ルーキーイヤーの1981-1982シーズンからいきなり74試合に出場。翌年からはレギュラーを獲得し、1983-84シーズン1984-1985シーズンには82試合にフル出場。 それ以後は先発出場が減ったが、シュート技術を生かし、シックスマンとして活躍。 1987-1988シーズンにはフェニックス・サンズに移籍。73試合で59試合に先発出場したものの、翌1988-1989シーズンは再び控えに回る。しかし、控えながらも70試合に出場。3ポイントシュート成功率は40.3%とし、シックスマン賞を受賞した。 その後も主にシックスマンとして安定した成績を残し続けたが、1989-1990シーズン途中にシアトル・スーパーソニックスにトレードされ、1993-1994シーズンにはシャーロット・ホーネッツへ移籍。1年後にはヨーロッパの強豪、ギリシャA1バスケットボールリーグオリンピアコスに移籍した。

ギリシャ時代[編集]

ギリシャでもジョンソンのシュート技術は冴えわたり、特に驚異的とまで言われた3ポイントシュートでカルトなファンの注目を集めた。 ジョンソンのギリシャ時代のハイライトは、ユーロリーグファイナル4の、同じギリシャのライバルであるパナシナイコスとの対戦である。 試合は残り一分の時点でオリンピアコスが負けていたが、残り一分でジョンソンは4本もの3ポイントシュートを決め、58-52で逆転勝利を収めた。しかし、決勝ではスペインFCバルセロナに敗れた。

さらに、ギリシャリーグのプレーオフでは、優勝が決定する第5戦、45-44という僅差で勝利し、見事優勝を決めた。(観戦していて、興奮のあまり心臓発作を起こした観客もいたという) 25試合の出場で、1試合平均21.1得点、4.9リバウンドでシーズンを終えた。

NBA復帰[編集]

1995-1996シーズン、ジョンソンはインディアナ・ペイサーズと契約し、NBAに復帰を果たした。65試合に出場したものの、翌シーズン途中にヒューストン・ロケッツに移籍、2シーズンをロケッツで過ごし、現役を引退した。

引退後[編集]

引退後はアリゾナFOXで解説者をつとめ、フェニックス・サンズアリゾナ州立大学の試合で解説をする傍ら、インターネットテレビでレギュラーを務めるなど、タレント業のような活動もしている。

エピソード[編集]

  • 引退後、そのシュート技術を生かし、「エディ・ジョンソンのジャンプショットとオフェンシブスキル」という子供向けの教育ビデオに出演した。
  • NBAでは同時期に同姓同名のエディ・ジョンソン(こちらのジョンソンは1955年生まれで、本項のジョンソンより4歳年上)が活躍しており、後年、そのジョンソンが少女への強姦容疑で逮捕された際、一部メディアが二人のジョンソンを混同し、大きな混乱が起こった。

タイトル[編集]

シックスマン賞:1回(1988-1989シーズン)

関連項目[編集]