ロバート・オーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・オーリー
Robert Horry
Robert Horry.jpg
名前
本名 Robert Keith Horry
愛称 ビッグショットロブ
ラテン文字 Robert Horry
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1970年8月25日(43歳)
出身地 メリーランド州
身長 208cm
体重 109kg
選手情報
ポジション フォワード

ロバート・オーリーRobert Keith Horry, 1970年8月25日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州ハートフォード郡生まれの元バスケットボール選手。身長208センチ、109kg。アメリカプロリーグNBAに所属し、引退までに7つのNBAチャンピオンリングを獲得した。

概要[編集]

彼のレギュラーシーズンの成績はとてもスーパースターと呼べるものではない。しかし、プレイオフやファイナルで最も大切な場面での神がかりなプレーぶりは、「ビッグショット・ロブ(Big Shot Rob)」と呼ばれNBAの歴史上でも屈指のクラッチシューターとして知られている。NBA優勝を7度経験している。ヒューストン・ロケッツで2回、ロサンゼルス・レイカーズで3回、サンアントニオ・スパーズ2回と過去3チームに渡りNBAチャンピオンとなる。これはジョン・サリー以来2人目である。

1992年全体11位でドラフト指名されてロケッツに入団する。1994年1995年にロケッツの2連覇に貢献して、ファイナルでの1つのクウォーターで5本の3ポイントシュートを決めている。

有名なプレー[編集]

2001-2002シーズン、ロサンゼルス・レイカーズに在籍していたオーリーはプレイオフで奇跡的なシュートを2度成功させている。プレイオフ1回戦のポートランド・トレイルブレイザーズとの第3戦、リードされていたレイカーズは試合終了直前にオーリーのスリーポイントシュートで逆転勝ちした。  プレイオフを勝ち進んでカンファレンス決勝サクラメント・キングスと対戦したが1勝2敗で迎えた第4戦、試合時間が残り数秒となり、2点リードされたレイカーズはエースのコービー・ブライアントにボールを託し、シュートが外れてもゴール近辺でセンターのシャキール・オニールがフォローするという作戦を立てる。コービーがゴールめがけて突進するがシュートは外れ、オニールがボールを取ろうとするが相手センターのブラデ・ディバッツがボールを外に弾いてゴールから遠ざける。レイカーズ絶体絶命のこの危機にボールはコートを転がっていき、コート中央、スリーポイントライン外側で立っていたオーリーの足元に転がった。彼はボールを拾うとすぐにシュート、試合終了のブザーとほぼ同時に放ったそのシュートは見事にゴールを通過し、1点差でレイカーズは逆転勝ち。アリーナの観客は総立ちでしばらくの間オーリーの名前を叫び続けた。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
1992–93 HOU 79 79 29.5 .474 .255 .715 5.0 2.4 1.0 1.0 1.97 10.1
1993–94 HOU 81 81 29.3 .459 .324 .732 5.4 2.9 1.5 .9 1.69 9.9
1994–95 HOU 64 61 32.4 .447 .379 .761 5.1 3.4 1.5 1.2 1.91 10.2
1995–96 HOU 71 71 37.1 .410 .366 .776 5.8 4.0 1.6 1.5 2.25 12.0
1996–97 PHO 32 15 22.5 .421 .308 .640 3.7 1.7 .9 .8 1.44 6.9
1996–97 LAL 22 14 30.7 .455 .329 .700 5.4 2.5 1.7 1.3 1.18 9.2
1997–98 LAL 72 71 30.4 .476 .204 .692 7.5 2.3 1.6 1.3 1.38 7.4
1998–99 LAL 38 5 19.6 .459 .444 .739 4.0 1.5 .9 1.0 1.29 4.9
1999–00 LAL 76 0 22.2 .438 .309 .788 4.8 1.6 1.1 1.0 0.96 5.7
2000–01 LAL 79 1 20.1 .387 .346 .711 3.7 1.6 .7 .7 1.00 5.2
2001–02 LAL 81 23 26.4 .398 .374 .783 5.9 2.9 .9 1.1 1.09 6.8
2002–03 LAL 80 26 29.3 .387 .288 .769 6.4 2.9 1.2 .8 1.40 6.5
2003–04 SAS 81 1 15.9 .405 .380 .645 3.4 1.2 .6 .6 0.68 4.8
2004–05 SAS 75 16 18.6 .419 .370 .789 3.6 1.1 .9 .8 0.92 6.0
2005–06 SAS 63 3 18.8 .384 .368 .647 3.8 1.3 .7 .8 0.65 5.1
2006–07 SAS 68 8 16.5 .359 .336 .594 3.4 1.1 .7 .6 0.65 3.9
2007–08 SAS 45 5 13.0 .319 .257 .643 2.4 1.0 .5 .4 0.49 2.5
Career 1107 480 24.5 .425 .341 .726 4.8 2.1 1.0 .9 1.24 7.0

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
1992–93 HOU 12 12 31.2 .465 .300 .741 5.2 3.2 1.5 1.3 2.33 10.3
1993–94 HOU 23 23 33.8 .434 .382 .765 6.1 3.6 1.5 .9 1.17 11.7
1994–95 HOU 22 22 38.2 .445 .400 .744 7.0 3.5 1.5 1.2 1.14 13.1
1995–96 HOU 8 8 38.5 .407 .396 .435 7.1 3.0 2.6 1.6 1.88 13.1
1996–97 LAL 9 9 31.0 .447 .429 .778 5.3 1.4 1.1 .8 1.22 6.7
1997–98 LAL 13 13 32.5 .557 .353 .683 6.5 3.1 1.1 1.1 1.38 8.6
1998–99 LAL 8 0 22.1 .462 .417 .786 4.5 1.4 .8 .8 0.88 5.0
1999–00 LAL 23 0 26.9 .407 .288 .702 5.3 2.5 .9 .8 1.30 7.6
2000–01 LAL 16 0 23.9 .368 .362 .591 5.2 1.9 1.4 1.0 1.13 5.9
2001–02 LAL 19 14 37.0 .449 .387 .789 8.1 3.2 1.7 .8 1.58 9.3
2002–03 LAL 12 10 31.1 .319 .053 .556 6.7 3.1 1.2 1.0 1.42 5.6
2003–04 SAS 10 0 21.1 .465 .364 .929 6.3 .9 .8 .2 1.00 6.1
2004–05 SAS 23 0 26.9 .448 .447 .732 5.4 2.0 .9 .9 0.87 9.3
2005–06 SAS 13 5 17.2 .405 .353 .731 3.7 .8 .4 .7 0.77 4.2
2006–07 SAS 18 0 20.1 .417 .351 .824 3.9 1.6 .6 1.3 0.78 4.3
2007–08 SAS 15 0 10.3 .194 .227 .667 2.1 .5 .3 .3 0.13 1.5
Career 244 116 28.0 .426 .359 .722 5.6 2.4 1.1 .9 1.16 7.9

その他[編集]

外部リンク[編集]