ジョン・ウォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウォール
John Wall
ワシントン・ウィザーズ  No.2
Wall2wizz.jpg
名前
本名 Johnathan Hildred Wall, Jr.
ラテン文字 John Wall
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1990年9月6日(23歳)
出身地 ノースカロライナ州ローリー
身長 193cm
体重 88kg
選手情報
ポジション PG
背番号 2
ドラフト 2010年 1位
経歴
2010- ワシントン・ウィザーズ

ジョン・ウォールことジョナサン・ヒルドレッド・ウォール・ジュニア: Johnathan Hildred Wall, Jr.1990年9月6日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ローリー出身のバスケットボール選手である。プロバスケットボールリーグ、NBAワシントン・ウィザーズに所属。2010年のNBAドラフト全体1位指名選手。背番号は「2」。身長193cm、体重88kgである。

経歴[編集]

父親は強盗で刑務所に入っていたが、彼が9歳の時に釈放され、1ヵ月後の1999年8月24日に肝臓癌のため52歳で亡くなった。母親はいくつもの仕事を掛け持ちしてウォールや彼の姉妹を育てた[1]

ケンタッキー大学で1年プレーした後、2010年のNBAドラフトにアーリーエントリー、全体1位でワシントン・ウィザーズに指名されて入団した。この年夏にラスベガスで行われたサマーリーグで、平均23.5得点、7.8リバウンド、4.0アシスト、2.5スティールをあげた。デビュー戦となったオーランド・マジック戦では14得点、9アシスト、3スティールをあげたがチームは83-112で敗れた。キャリア3試合目、ホームでの最初の試合でチーム記録タイの9スティールをあげた。またNBA史上2人目となるデビューから3試合連続で9アシスト以上をあげた選手となった。11月10日の試合では19得点、10リバウンド、13アシストをあげて初のトリプルダブルを達成した。この試合ではさらに6スティールをあげてターンオーバーはわずか1回であった。またマジック・ジョンソン以来NBA史上2人目となるデビューから6試合でトリプルダブル、6スティールを達成した選手となった[2]。またNBAでトリプルダブルを達成した選手ではレブロン・ジェームズラマー・オドムに次ぐ3番目の若さであった[3]。2011年のオールスターウィークエンドに行われたルーキーチャレンジではMVPに選ばれた。1月から4月までイースタン・カンファレンスの最優秀新人選手に選ばれ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票ではブレイク・グリフィンに次いで2位となり、NBAオールルーキーファーストチームに選ばれた。

2年目の2012年にはライジング・スターズ・チャレンジに選ばれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Despite the angst that his father's jail stint and death created, John Wall reveres him”. ワシントン・ポスト (2010年6月20日). 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ Scott Gleeson (2010年11月11日). “Rookie John Wall posts first triple double as Wizards win”. USAトゥデイ. 2012年7月1日閲覧。
  3. ^ John Wall gets triple-double, Yao Ming gets injured in Wizards' win vs. Rockets”. ESPN (2010年11月11日). 2012年7月1日閲覧。