ラリー・ジョンソン (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・ジョンソン
Larry Johnson
名前
本名 Larry Demetric Johnson
ラテン文字 Larry Johnson
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1969年3月14日(45歳)
出身地 テキサス州タイラー
身長 201cm
体重 113kg
選手情報
ポジション PF
背番号 2
ドラフト 1991年 1位

ラリー・ジョンソン(Larry Demetric Johnson、1969年3月14日-)は、アメリカ合衆国テキサス州タイラー出身の元バスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード。NBAのシャーロット・ホーネッツニューヨーク・ニックスで活躍した。身長201センチ、体重113キロ。

キャリア[編集]

1988-1989年シーズンはオデッサカレッジでプレーしていた。移籍したUNLV大学で1990年のNCAA男子バスケットボールトーナメントで優勝、1991年のNBAドラフト1巡目全体1位でホーネッツに指名されて入団した。その年ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。ケンドール・ギルと翌1992年のドラフト1巡目全体2位で指名されたアロンゾ・モーニングが加入しホーネッツは「フューチャーブルズ」(未来のシカゴ・ブルズ)と呼ばれるほど強豪チームとして期待された。

1994年バスケットボール世界選手権ドリームチームIIとして出場し優勝した。1995-96シーズン前にジョンソンとモーニングの間に摩擦が生じモーニングはマイアミ・ヒートにトレードされてチームは停滞した。1996年、ジョンソンもアンソニー・メイソンとのトレードでニックスにトレードされた。

ニックスでは、1999年のプレーオフのインディアナ・ペイサーズ戦で重要な役割を演じた。残り11.9秒でボールを受けたジョンソンは3ポイントシュートを放った際に、アントニオ・デービスのファウルを受けたがこれを見事沈めてフリースローも与えられ92-91でそのゲームの勝利を呼び込んだ。その年ジョンソンにとって初のNBAファイナル出場を果たした。翌2000年のカンファレンスファイナルでのペイサーズとのシリーズでも活躍したが、チームは2勝4敗で敗れた。2001年の10月10日に引退を表明した。腰に爆弾を持ったままの現役生活で、キャリアの最後の5年間では序々に平均得点を減らしていた。

2007年7月にジョンソンはニックスでリーダーシップを発揮する役割を担おうと現役復帰する意思を持っていることが報道された。

映画、スペース・ジャムで才能を奪われてしまうNBA選手としてボーグス、ショーン・ブラッドリーチャールズ・バークレーパトリック・ユーイングとともにカメオ出演を果たしている。

イニシャルからLJまたは出演したコンバースのCMで老婦人を演じたため、Grandma-maの愛称で呼ばれた。

プレースタイル[編集]

ジョンソンはパワーフォワードとしては身長201cmと小柄であるがパワフルなプレーでインサイドを支配した。無骨な容姿に似合わずシュートレンジも広く、アシストも巧みで洗練された選手である。似たような選手としてチャールズ・バークレーがいる。

外部リンク[編集]