マイケル・フィンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・フィンリー
Michael Finley
Michael Finley 2009.jpg
名前
本名 Michael Howard Finley
愛称 "Fin"
ラテン文字 Michael Finley
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1973年3月6日(41歳)
出身地 イリノイ州
身長 201cm
体重 102.1kg
選手情報
ポジション SG, SF
背番号 4, 40
ドラフト 1995年 21位
経歴
1995-1996
1996-2005
2005-2010
2010
フェニックス・サンズ
ダラス・マーベリックス
サンアントニオ・スパーズ
ボストン・セルティックス

マイケル・フィンリーMichael Howard Finley, 1973年3月6日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州メルローズ・パーク出身のバスケットボール選手。NBAで15シーズンプレーした。ポジションはシューティングガードスモールフォワード。201cm、102kg。

経歴[編集]

ウィスコンシン大学でプレイした後、1995年のNBAドラフトで1巡目21位指名でフェニックス・サンズに入団する。ルーキーイヤーから先発に定着、15得点4.6リバウンド3.5アシストのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選出された。しかしシーズン終了後にエースであったチャールズ・バークレーがチームを去ると、翌シーズンのサンズは開幕13連敗を喫し、フィンリーはシーズン中にジェイソン・キッドとの交換でダラス・マーベリックスへとトレードされた。

マーベリックスでは1試合平均20得点以上、5アシスト前後を稼ぎ出すエースとして活躍。フィンリーが移籍した当時のマーベリックスはリーグ最弱とも言われるほどの悲惨な状態だったが、1998年にはドラフトダーク・ノビツキーを、トレードでスティーブ・ナッシュを獲得すると、フィンリーを含めた彼ら3人はビッグスリーと呼ばれるようになり、チーム成績も右肩上がりで成長し始め、1999-2000シーズンには前シーズンの2倍の勝ち星を挙げた。チームの隆盛と共に自身も全盛期を迎え、このシーズンにはキャリアハイと言える22.6得点6.3リバウンド5.3アシストのアベレージを残し、1999年2000年にはオールスターにも出場、2002年11月27日のデトロイト・ピストンズ戦ではキャリアハイとなる42得点を挙げる。その後もマーベリックスは成長を続け、2002-2003シーズンには当時のチーム記録であったシーズン60勝を挙げ、初のカンファレンスファイナルに進出するなど、リーグでも有数の強豪へと成長したが、チーム躍進の立役者だったフィンリーは、2005年サラリーキャップ調整のために、9シーズンプレイしてきたチームから解雇されることになった(2005年限定で特別に制定されたアムネスティ条項により、マーベリックスはフィンリーを解雇する代わりに約5100万ドルのラグジュアリータックスの支払いが免除された)。無制限のFAとなったフィンリーの去就に注目が集まったが、最終的にマーベリックスの宿敵であった同じテキサス州に本拠地を置くサンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズではエマニュエル・ジノビリのバックアップとしてプレイし、出場時間の短縮に伴い得点も減少したが、ベテランのフィンリーが控えに回ることにより、スパーズのバックコート陣の層は大幅に厚みを増した。フィンリー自身はパワーとスピードを活かしたスタイルから、ジャンプショットを中心としたシューターにスタイルを変化させた。スパーズで2年目となる2006-2007シーズンでは、ジノビリがシックスマンに転向したことにより、プレイオフでは先発に起用され、1回戦のデンバー・ナゲッツとのシリーズ第6戦ではスリーポイントシュート9本のうち8本を決めるなど活躍。ファイナルまで勝ち上がったスパーズはクリーブランド・キャバリアーズを4戦全勝で破り、フィンリーは念願のチャンピオンリングを手に入れた。 2007-2008シーズンでは同じようにエマニュエル・ジノビリがシックスマンとなっているため、スターターで起用され、82試合全てに出た。プレーオフ一回戦フェニックス・サンズ戦では、終了間際に同点3ポイント決めて、チームの勝利に貢献。だが、カンファレンスファイナルでロサンゼルス・レイカーズに敗れ、またしても連覇の夢が打ち砕かれた。

2010年、2月28日に、ウェーバーにかけられ、3月6日、ボストン・セルティックスと契約。

その他[編集]

外部リンク[編集]