カイリー・アービング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイリー・アービング
Kyrie Irving
クリーブランド・キャバリアーズ  No.2
Kyrie Irving 2.jpg
名前
本名 Kyrie Andrew Irving
愛称 Show Stopper
ラテン文字 Kyrie Irving
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1992年3月23日(22歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア ビクトリア州の旗ビクトリア州メルボルン
身長 191cm
体重 86.6kg
選手情報
ポジション ポイントガード
背番号 2
ドラフト 2011年 1位
経歴
2011- クリーブランド・キャバリアーズ

カイリー・アービングKyrie Andrew Irving 1992年3月23日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。父親がオーストラリアでプロバスケットボール選手として活躍していた関係で、ビクトリア州メルボルンで生まれた。NBAクリーブランド・キャバリアーズに所属している。ポジションはポイントガード

経歴[編集]

デューク大学で1年次から主力として活躍したが、つま先の怪我で28試合に欠場、NCAAトーナメントではベスト16で敗れた[1]2011年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、全体1位でクリーブランド・キャバリアーズに指名されて[2]入団した。

2012年のNBAオールスターでのライジングスターズ・チャレンジで、8本中8本のスリーポイントシュートを決めるなど活躍しMVPを獲得している[3]。2011-12シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では、120人中117人に1位票が入れられて選ばれた。またその年のルーキーで唯一、NBAオール・ルーキー・ファーストチームに満場一致で選ばれている[4]

2012年11月17日のダラス・マーベリックス戦で人差し指を負傷したが、次の試合にも出場し[5]、その後しばらく欠場することとなった。12月15日のニューヨーク・ニックス戦でキャリアハイの41得点をあげた。この試合ではミルウォーキー・バックス戦で負傷したためフェイスマスクを着用していた。マディソン・スクエア・ガーデンで40得点をあげた選手としては、1985年のマイケル・ジョーダンより1歳若い、史上最年少選手となった[6]

2013年のNBAオールスターゲームに選出されている。

2013年のスリーポイントコンテストにも選出され、優勝した。

2014年にもファンによる投票でオールスターに選出され、イーストを勝利に導く活躍をし、MVPに選ばれている。 2014年2月現在では次世代No.1ポイントガードになると多くの識者からいわれている。

プレイスタイル[編集]

高いハンドリング、コートビジョン、サイズ、リーダーシップ、得点力を備える若手ながら既にトップレベルのPGといえる。

レッグスルー、ビハインドバック、スピンムーブなどの高度なハンドリングスキルを巧みに用いながらゴールへ駆け上がる。ゴール下でのダブルクラッチも上手く、ブロックしようとするビッグマンの腕を掻い潜るようにしてリングにボールを乗せることができる。

アウトサイドからのシュートも得意としており、他のトップクラスのスコアラーと比較しても苦手なエリアがなくどこからでも得点できるのが強み。若手選手はNBAの3Pエリアの遠さに苦戦する傾向があるが、アービングはすでに3Pコンテストで優勝していることもありすでに3Pの名手とも言えると共にどのエリアからでも高確率で決める。さらには強力なチームメイトがいないというチーム状況でも高確率で得点ができる1on1のセンス、そこからのパスアウト、さらにはクラッチタイムでの勝負強さと、オフェンスではもう最高峰の実力を持っている。一方で、怪我に非常に弱く、大学からNBAまで怪我には苦しむ傾向があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Derrick Williams, Arizona crush Duke's hopes to repeat as champions”. ESPN (2011年3月24日). 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ In Draft Considered Low Impact, Cavaliers Choose Duke’s Irving First”. ニューヨーク・タイムズ (2011年6月23日). 2013年2月10日閲覧。
  3. ^ Irving steals Rising Stars Challenge as Lin goes silent”. USAトゥデイ (2012年2月25日). 2013年2月10日閲覧。
  4. ^ Irving, Rubio headline 2011-12 NBA All-Rookie First Team”. nba.com (2012年5月22日). 2013年2月10日閲覧。
  5. ^ Kyrie Irving out month due to finger”. ESPN (2012年11月19日). 2013年2月9日閲覧。
  6. ^ Kyrie Irving drops career-high 41, but Cavs fall to Knicks”. ESPN (2012年12月15日). 2013年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]