NCAA男子バスケットボールトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NCAA男子バスケットボールトーナメント
今シーズン・大会:
2013年NCAA男子バスケットボールトーナメント
分類 大学バスケットボール
創立 1939
参加チーム 68 (2011年以降)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前回優勝チーム コネチカット大学
最多優勝チーム UCLA (11)
テレビ局 CBS, TBS, TNT, truTV
公式サイト NCAA.com
テンプレートを表示

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men's Basketball Tournament)は、全米大学体育協会(NCAA)が主催する男子バスケットボール大会。

概要[編集]

出場校はNCAAディビジョンIに所属する68校で、3月から4月にかけて開催され全米の注目を集めるため、いわゆる「マーチ・マッドネス」(March Madness)と呼ばれている。

大会はトーナメント方式で1回戦から5回戦(地区決勝)までは4つの地区に分かれる。各地区の優勝校4校が4月に行われるファイナルフォー(準決勝・優勝決定戦)でトーナメント方式により優勝校を決める。1回戦から数えて7回戦制のトーナメントとなる。出場68校のうち60校は指名された時点で各地区の2回戦のスポットを確保するが、61番目から68番目の学校は、2回戦の前に行われる1回戦「ファースト・フォー」(First Four)にて最後の2回戦のスポットを巡って試合を行う。

出場校の選定[編集]

本トーナメントは、各カンファレンスのカレッジバスケットボールのレギュラーシーズンの後に行われる全国プレイオフないしは全国大会的な要素を有しており、出場校のうちの半数近く(31校)は、各カンファレンスの優勝校が自動的に選出される。残りの37校は、NCAAが任命する選定委員会が一般選出(アットラージ)として成績優秀校から選定する。

出場校は、1回戦対象チームを除き、上位から各地区の第1シードから第16シードに割り振られ、シード順位に応じた組み合わせに基づきトーナメントの試合日程が組まれる。2010年までは、プレイインゲーム対象チームが2チーム=1試合だけだったこともあり、自動的にその勝者は第16シードの位置に割り当てられていたが、ファーストフォーとなった2011年からは、その限りではない。(例として、2011年にファイナルフォーに進出したVCUは第11シードの位置であった。)

歴代決勝戦結果[編集]

優勝校 スコア 準優勝校 会場
1939年 オレゴン大学 46-33 オハイオ州立大学 パットン・ジムナシウムエバンストン
1940年 インディアナ大学 60-42 カンザス大学 ミュニシパル・オーディトリウムカンザスシティ
1941年 ウィスコンシン大学 39-34 ワシントン州立大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1942年 スタンフォード大学 53-38 ダートマス大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1943年 ワイオミング大学 46-34 ジョージタウン大学 マディソン・スクエア・ガーデンニューヨーク
1944年 ユタ大学 42-40 (OT) ダートマス大学 マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク)
1945年 オクラホマ農工大学 49-45 ニューヨーク大学 マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク)
1946年 オクラホマ農工大学 (2) 43-40 ノースカロライナ大学 マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク)
1947年 ホーリークロス大学 58-47 オクラホマ大学 マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク)
1948年 ケンタッキー大学 58-42 ベイラー大学 マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク)
1949年 ケンタッキー大学 (2) 46-36 オクラホマ農工大学 ヘク・エドムンドソン・パビリオンシアトル
1950年 ニューヨーク市立大学 71-68 ブラッドレー大学 マディソン・スクエア・ガーデン(ニューヨーク)
1951年 ケンタッキー大学 (3) 68-58 カンザス州立大学 ウィリアムス・アリーナミネアポリス
1952年 カンザス大学 80-63 セント・ジョーンズ大学(ニューヨーク州) ヘク・エドムンドソン・パビリオン(シアトル)
1953年 インディアナ大学 (2) 69-68 カンザス大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1954年 ラ・サール大学 92-76 ブラッドレー大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1955年 サンフランシスコ大学 76-73 ラ・サール大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1956年 サンフランシスコ大学 (2) 83-71 アイオワ大学 ウェルシュ・ライアン・アリーナエバンストン
1957年 ノースカロライナ大学 54-53 (3OT) カンザス大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1958年 ケンタッキー大学 (4) 84-72 シアトル大学 フリーダム・ホールルイビル
1959年 カリフォルニア大学 71-70 ウェストバージニア大学 フリーダム・ホール(ルイビル)
1960年 オハイオ州立大学 75-55 カリフォルニア大学 カウ・パレスサンフランシスコ
1961年 シンシナティ大学 70-65 (OT) オハイオ州立大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1962年 シンシナティ大学 (2) 71-59 オハイオ州立大学 フリーダム・ホール(ルイビル)
1963年 ロヨラ大学 60-58 (OT) シンシナティ大学 フリーダム・ホール(ルイビル)
1964年 UCLA 98-83 デューク大学 ミュニシパル・オーディトリウム(カンザスシティ)
1965年 UCLA (2) 91-80 ミシガン大学 メモリアル・コロシアムポートランド
1966年 テキサスウェスタン大学 72-65 ケンタッキー大学 コール・フィールド・ハウスカレッジパーク
1967年 UCLA (3) 79-64 デイトン大学 フリーダム・ホール(ルイビル)
1968年 UCLA (4) 78-55 ノースカロライナ大学 ロサンゼルス・メモリアル・スポーツ・アリーナロサンゼルス
1969年 UCLA (5) 92-72 パードゥー大学 フリーダム・ホール(ルイビル)
1970年 UCLA (6) 80-69 ジャクソンビル大学 コール・フィールド・ハウス(カレッジパーク)
1971年 UCLA (7) 68-62 ビラノバ大学 アストロドームヒューストン
1972年 UCLA (8) 81-76 フロリダ州立大学 ロサンゼルス・メモリアル・スポーツ・アリーナ(ロサンゼルス)
1973年 UCLA (9) 87-66 メンフィス大学 セントルイス・アリーナセントルイス
1974年 ノースカロライナ州立大学 76-64 マーケット大学 グリーンズボロ・コロシアムグリーンズボロ
1975年 UCLA (10) 92-85 ケンタッキー大学 サンディエゴ・スポーツ・アリーナサンディエゴ
1976年 インディアナ大学 (3) 86-68 ミシガン大学 スペクトラムフィラデルフィア
1977年 マーケット大学 67-59 ノースカロライナ大学 ジ・オムニアトランタ
1978年 ケンタッキー大学 (5) 94-88 デューク大学 セントルイス・アリーナ(セントルイス)
1979年 ミシガン州立大学 75-64 インディアナ州立大学 ジョン・M・ハンツマン・センターソルトレイクシティ
1980年 ルイビル大学 59-54 UCLA マーケット・スクエア・アリーナインディアナポリス
1981年 インディアナ大学 (4) 63-50 ノースカロライナ大学 スペクトラム(フィラデルフィア)
1982年 ノースカロライナ大学 (2) 63-62 ジョージタウン大学 ルイジアナ・スーパードームニューオーリンズ
1983年 ノースカロライナ州立大学 (2) 54-52 ヒューストン大学 ユニバーシティ・アリーナアルバカーキ
1984年 ジョージタウン大学 84-75 ヒューストン大学 キングドームシアトル
1985年 ビラノバ大学 66-64 ジョージタウン大学 ラップ・アリーナレキシントン
1986年 ルイビル大学 (2) 72-69 デューク大学 リユニオン・アリーナダラス
1987年 インディアナ大学 (5) 74-73 シラキューズ大学 ルイジアナ・スーパードーム(ニューオーリンズ)
1988年 カンザス大学 (2) 83-79 オクラホマ大学 ケンパー・アリーナカンザスシティ
1989年 ミシガン大学 80-79 (OT) シートンホール大学 キングドーム(シアトル)
1990年 ネバダ大学ラスベガス校 103-73 デューク大学 マクニコルス・スポーツ・アリーナデンバー
1991年 デューク大学 72-65 カンザス大学 フージャー・ドームインディアナポリス
1992年 デューク大学 (2) 71-51 ミシガン大学 メトロドームミネアポリス
1993年 ノースカロライナ大学 (3) 77-71 ミシガン大学 ルイジアナ・スーパードーム(ニューオーリンズ)
1994年 アーカンソー大学 76-72 デューク大学 シャーロット・コロシアムシャーロット
1995年 UCLA (11) 89-78 アーカンソー大学 キングドーム(シアトル)
1996年 ケンタッキー大学 (6) 76-67 シラキューズ大学 コンチネンタル・エアラインズ・アリーナイーストラザフォード
1997年 アリゾナ大学 84-79 (OT) ケンタッキー大学 RCAドームインディアナポリス
1998年 ケンタッキー大学 (7) 78-69 ユタ大学 アラモドームサンアントニオ
1999年 コネチカット大学 77-74 デューク大学 トロピカーナ・フィールドセントピーターズバーグ
2000年 ミシガン州立大学 (2) 89-76 フロリダ大学 RCAドーム(インディアナポリス)
2001年 デューク大学 (3) 82-72 アリゾナ大学 メトロドーム(ミネアポリス)
2002年 メリーランド大学 64-52 インディアナ大学 ジョージア・ドームアトランタ
2003年 シラキューズ大学 81-78 カンザス大学 ルイジアナ・スーパードーム(ニューオーリンズ)
2004年 コネチカット大学 (2) 82-73 ジョージア工科大学 アラモドーム(サンアントニオ)
2005年 ノースカロライナ大学 (4) 75-70 イリノイ大学 エドワード・ジョーンズ・ドームセントルイス
2006年 フロリダ大学 73-57 UCLA RCAドーム(インディアナポリス)
2007年 フロリダ大学 (2) 84-75 オハイオ州立大学 ジョージア・ドーム(アトランタ)
2008年 カンザス大学 (3) 75-68 (OT) メンフィス大学 アラモドーム(サンアントニオ)
2009年 ノースカロライナ大学 (5) 89-72 ミシガン州立大学 フォード・フィールドデトロイト
2010年 デューク大学 (4) 61-59 バトラー大学 ルーカス・オイル・スタジアムインディアナポリス
2011年 コネチカット大学 (3) 53-41 バトラー大学 リライアント・スタジアム(ヒューストン)
2012年 ケンタッキー大学 (8) 67-59 カンザス大学 メルセデス・ベンツ・スーパードーム(ニューオーリンズ)
2013年 ルイビル大学 (3) 82-76 ミシガン大学 ジョージア・ドーム(アトランタ)
2014年 コネチカット大学 (4) 60-54 ケンタッキー大学 AT&Tスタジアムアーリントン
2015年 ルーカス・オイル・スタジアム(インディアナポリス)
2016年 NRGスタジアム(ヒューストン)
2017年 フェニックス・スタジアムグレンデール
2018年 アラモドーム(サンアントニオ)
2019年 バイキングス・スタジアム(ミネアポリス)
2020年 新スタジアム(アトランタ)
2021年 ルーカス・オイル・スタジアム(インディアナポリス)

大学別優勝回数[編集]

複数回優勝したチーム
チーム 回数
UCLA 11 1964, 1965, 1967, 1968, 1969, 1970, 1971, 1972, 1973, 1975, 1995
ケンタッキー 8 1948, 1949, 1951, 1958, 1978, 1996, 1998, 2012
インディアナ 5 1940, 1953, 1976, 1981, 1987
ノースカロライナ 5 1957, 1982, 1993, 2005, 2009
デューク 4 1991, 1992, 2001, 2010
コネチカット 4 1999, 2004, 2011, 2014
ルイビル 3 1980, 1986, 2013
カンザス 3 1952, 1988, 2008
シンシナティ 2 1961, 1962
フロリダ 2 2006, 2007
ミシガン州立 2 1979, 2000
ノースカロライナ州立 2 1974, 1983
オクラホマA&M 2 1945, 1946
サンフランシスコ 2 1955, 1956

テレビ中継[編集]

1969年から1981年大会までNBCで中継されていたが、1982年からCBSで全試合放送されている。最近になって、全試合をインターネットで生中継されるようになった。2011年から2024年まではCBSとともに、ターナー・ブロードキャスティング・システムTBSTNTtruTVで中継する。2015年までは、CBSがリージョナルファイナルとファイナルフォーを放送するが、2016年以降は、CBSとTBSが交互に隔年で放送する。各リージョナルは、CBSとターナーが平等に分担して放送する。

1987年大会から決勝終了後に『One Shining Moment』を流しながら、大会を振り返る。[1]長年にわたってルーサー・ヴァンドロスが歌唱していたが、2010年はジェニファー・ハドソンがカバーしたが、2011年はルーサーバージョンに戻った。

カナダ国内ではTSNで、フィリピンはバスケットボールTV、日本ではJ SPORTSで4回戦以降から全試合放送されている。

脚注[編集]

  1. ^ もともとは第21回スーパーボウルのために使用予定だったが、時間の関係で放送せず、1987年の決勝終了後に初放映された。

外部リンク[編集]