チャニング・フライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェニング・フライ
Channing Frye
オーランド・マジック  No.8
Channing Frye2.jpg
名前
本名 Channing Thomas Frye
ラテン文字 Channing Frye
基本情報
誕生日 1983年5月17日(31歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ホワイトプレーンズ
身長 211cm  (6 ft 11 in)
体重 112kg (247 lb)
選手情報
ポジション PF/C
背番号 8
ドラフト 2005年 全体8位
選手経歴
2005-2007
2007-2009
2009-2014
2014-
ニューヨーク・ニックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
フェニックス・サンズ
オーランド・マジック

チェニング・フライChanning Thomas Frye, 1983年5月17日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州ホワイトプレーンズ出身のバスケットボール選手。NBAオーランド・マジックに所属している。ポジションはパワーフォワードセンター。211cm、112kg。

経歴[編集]

大学はアリゾナ大学で4年間プレイし、パシフィック・テン・カンファレンスのオールファーストチームに選ばれた。

2005年のNBAドラフトニューヨーク・ニックスから1巡目8位指名でNBA入りを果たす。新人ながらも早くも得点面で活躍し、11月にはルーキー・オブ・ザ・マンスに選ばれた。ルーキーシーズンは12.3得点5.8リバウンドのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選ばれたが、2006年3月21日トロント・ラプターズ戦で左ひざを捻挫し、以降全試合を欠場した。翌2006-07シーズンには先発に定着したが、シーズン序盤の11月25日シカゴ・ブルズ戦で今度は左足首を捻挫し、約3週間の欠場を強いられた。その間フライの同期であるデヴィッド・リーが活躍したため、フライが復帰してからはリーと出場時間を分かち合うようになり、フライの個人スタッツは前シーズンよりも後退した。このシーズン終了後、フライはザック・ランドルフとの交換でスティーブ・フランシスとともにポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。 トレイルブレイザーズでは2シーズンプレイしたが、フォワード-センター陣の層が充実しているチームだったため出場時間の確保に苦労し、そして次第に存在感を失ってしまい、目だった成績を残すことは出来なかった。2009年にフェニックス・サンズに移籍し2012年まで主力として活躍したが、2012-13シーズン前に、心臓の肥大が見つかり、シーズンを全休した。2013-14シーズンは複数の医師から復帰可能の診断を得て、全試合にスターターとして出場し、本来の成績を残した。 2014年7月、FAとなりオーランド・マジックと契約した[1]

プレイスタイル[編集]

アメリカ出身のビッグマンでありながら、アウトサイドシュートに長けた珍しいタイプの選手である。サンズに移籍してからはその能力がチーム戦略にマッチし、3ポイントシュートの試投数と成功率はリーグの一般的なシューターをも凌ぐ数字を記録している。

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]