デイモン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイモン・ジョーンズ
Damon Jones
Free Agent
Damon Jones.jpg
名前
本名 Damon Darron Jones
愛称 "DJ", "Specialist"
ラテン文字 Damon Jones
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1976年8月25日(37歳)
出身地 テキサス州ガルベストン
身長 191cm
体重 86.2kg
選手情報
ポジション ガード
ドラフト ドラフト外
経歴
1998-1999
1998-1999
1999-2000
1999-2000
2000-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2008
2008-2009
ニュージャージー・ネッツ
ボストン・セルティックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ダラス・マーベリックス
バンクーバー・グリズリーズ
デトロイト・ピストンズ
サクラメント・キングス
ミルウォーキー・バックス
マイアミ・ヒート
クリーブランド・キャバリアーズ
ミルウォーキ-・バックス

デイモン・ジョーンズ(Damon Darron Jones, 1976年8月25日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ガルベストン出身のバスケットボール選手。NBAの選手で数チームを渡り歩いたジャーニーマンである。ポジションはポイントガードシューティングガード。191cm、86kg。

経歴[編集]

大学はヒューストン大学でプレイ。NBAには1997年のNBAドラフトにエントリーするも指名を受けず、IBACBAでプレイした後、1998年オーランド・マジックに入団し、NBA入りを果たすも出場機会を与えられずに解雇され、続いてニュージャージー・ネッツと契約し、1999年2月15日マイアミ・ヒート戦で初めてNBAのコートを踏んだ。ジャーニーマンであり、このシーズン中にボストン・セルティックスに移籍、その後ゴールデンステイト・ウォーリアーズダラス・マーベリックスバンクーバー・グリズリーズデトロイト・ピストンズサクラメント・キングスミルウォーキー・バックスマイアミ・ヒートクリーブランド・キャバリアーズを渡り歩く。グリズリーズ以降はシーズン毎にチームを変わっているが、キャバリアーズでは現在(2007年)まで2シーズン籍を置いており、これは自身最長である。

NBAでは司令塔としてよりもシューターとして活躍。ヒート時代には先発に起用され、アベレージで11.6得点4.3アシスト、3ポイントシュート成功率では43.2パーセントでリーグ5位という、キャリアハイと言うべき成績を残した。

2005年に移籍したキャバリアーズでは、再び控えに回るようになるが、チームにとって8年ぶりの出場となったプレイオフの1回戦対ワシントン・ウィザーズ第6戦では、オーバータイム残り数秒で投入され、この試合唯一放ったシュートが決勝点となり、チームはカンファレンスセミファイナルへと進出した。

エピソード[編集]

リーグ随一のひょうきん者と称されることもあり、プレイよりもムードメイカーとしてチームに貢献することが多い。得意の3ポイントシュートを沈めた直後には小躍りするような仕草で観客を楽しませる。服装も非常に派手で、ゲームやイベントなどでコートでプレイしている選手たちよりも、客席からそれを見守っているスーツ姿のジョーンズの方が目立ってしまうほどであり、NBAの服装規定が厳しくなった原因の一端は彼にある言われるほどである。言うまでもないが、私服はさらに派手である。またNBA選手の中では数少ない、中国のスポーツメーカーと契約している選手の1人である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]