マーク・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ジャクソン
Mark Jackson
Coach Mark Jackson at Warriors open practice Oct 13, 2012.jpg
名前
本名 Mark A. Jackson
ラテン文字 Mark Jackson
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1965年4月1日(49歳)
出身地 ニューヨーク州ブルックリン
身長 191cm
体重 84kg
選手情報
ポジション PG:ポイントガード
ドラフト 1987年 1巡目18位
経歴
1987-1992
1992-1994
1994-1996
1996-1997
1997-2000
2000-2001
2001-2002
2003-2004
ニューヨーク・ニックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
インディアナ・ペイサーズ
デンバー・ナゲッツ
インディアナ・ペイサーズ
トロント・ラプターズ
ニューヨーク・ニックス
ヒューストン・ロケッツ
監督歴
2011-2014
ゴールデンステート・ウォリアーズ

マーク・ジャクソンMark A. Jackson, 1965年4月1日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。ニューヨーク州ブルックリン出身。NBAニューヨーク・ニックスインディアナ・ペイサーズなど7チームでプレイした。ポジションはポイントガード。身長191cm、体重84kg。2011年から2014年までゴールデンステート・ウォリアーズヘッドコーチを務めた。

経歴[編集]

1987年セント・ジョーンズ大学を卒業し、ドラフト1巡目18位でニューヨーク・ニックスに指名されNBA入りした。ルーキーシーズンは平均13.6得点、4.8リバウンド、10.6アシスト、2.5スティールと活躍し、ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞。新人王を受賞した歴代のNBA選手の中で最も指名順位が低い選手だった。2年目にはキャリア唯一のオールスターに出場した。ニックスでは、パトリック・ユーイングらとプレイし、カンファレンスセミファイナルまで進んだ。

1992年には、3チーム間のトレードでロサンゼルス・クリッパーズへ移籍した。クリッパーズには2シーズン在籍し、ダニー・マニングロン・ハーパーらと共に、1年目はプレイオフに出場した。 1994年には、マリック・シーリーらとの交換で、インディアナ・ペイサーズへ移籍した。1996年に、一旦デンバー・ナゲッツに放出されるが、再びトレードでペイサーズに復帰した。2000年には、ペイサーズのNBAファイナル進出に貢献した。

2000-01シーズン前、フリーエージェントとなったジャクソンは、トロント・ラプターズと契約した。しかし、シーズン途中にまたもやトレード、古巣のニューヨーク・ニックスで2シーズンプレイすることとなった。 2002年には、ユタ・ジャズと契約し、アシスト数歴代1位のジョン・ストックトンと2位のジャクソンが同じチームに在籍することになる。ジャズ時代に1万アシストを達成。

2003-04シーズンはABAのラスヴェガス・ラットラーズ、ヒューストン・ロケッツに所属した後、引退した。引退後はニュージャージー・ネッツの解説者として活躍し、2011年、コーチ経験はなかったが、ゴールデンステート・ウォリアーズのヘッドコーチに就任した。2013年、2014年と2シーズン続けてプレーオフに進出したが、2014年1stラウンド敗退後に解雇された。

プレイスタイル[編集]

ポイントガードでありながら、ジャンプシュートはあまり得意ではなく、体の幅を生かしたポストプレイからフックシュート、あるいはパスアウトで味方を生かすことを得意としていた。 リーダーシップがありゲームメイクも上手い、パス優先型のガードとして長年活躍し、アシスト数は歴代3位まで達し10323アシストを記録した。

キャリア・スタッツ[編集]

  • 得点:12,489 (9.6 ppg)、アシスト:10,334 (8.0 apg)、スティール:1,608 (1.2 spg)

その他[編集]

  • 子供の頃は、アール・モンローに憧れていた。
  • 熱心なクリスチャンであり、キャリア後期には得点を入れた後、十字架をイメージしたポーズを取っていた。
  • シュートを決めた後、踊るようなパフォーマンスを見せ、「アクション・ジャクソン」「ジャクソン・ジグル」と呼ばれていた。
  • レジー・ミラーとは親友である。

外部リンク[編集]