ワシントン・ウィザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシントン・ウィザーズ
原語表記 Washington Wizards
チームカラー 青、白、金、黒
チームロゴ 金の三日月と星の前に立っている青い魔法使い。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 イースタン・カンファレンス
ディビジョン サウスイースト・ディビジョン
創設 1961年
チーム史 シカゴ・パッカーズ
(1961-1962)
シカゴ・ゼファーズ
(1962-1963)
ボルティモア・ブレッツ
(1963-1972)
キャピタル・ブレッツ
(1973-1974)
ワシントン・ブレッツ
(1974-1997)
ワシントン・ウィザーズ
(1997 - )
本拠 ワシントンD.C.
アリーナ ベライゾン・センター
オーナー テッド・レオンシス
ヘッドコーチ フリップ・ソーンダース
優勝歴 1回(1978年)
ファイナル進出 4回(1971年, 1975年, 1978年, 1979年)
地区優勝 7回(1969年, 1971年, 1972年, 1973年, 1974年, 1975年, 1979年)
ユニフォーム
Kit body washingtonwizardsh.png
Homeジャージ
Kit shorts washingtonwizardsh.png
チームカラー
Home
Kit body washingtonwizardsa.png
Awayジャージ
Kit shorts washingtonwizardsa.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

ワシントン・ウィザーズWashington Wizards)は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.に本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。イースタン・カンファレンス、サウスイースト・ディビジョン所属。チーム名は1997年まで"bullets"「弾丸」であったが、銃社会が批判に曝される風潮の中、イメージダウンを招くとして"Wizard"「魔法使い」に変更された。

歴史[編集]

チーム創設期[編集]

1960年代後半から1970年代[編集]

  • 1968年には、殿堂入りする2選手が加入する。アール・モンローウェス・アンセルドである。その年チームは前年の36勝から57勝へと大きく改善された。アンセルドは新人王とMVPを獲得した。その年のプレイオフで期待されたブレッツだったが、1回戦でニューヨーク・ニックスの前に0-4で敗退した。その次の年も両チームはプレイオフ1回戦で対戦しニックスが勝ち上がった。
  • 70-71シーズン、イースタン・カンファレンス決勝で再びニックスと対戦したが、この時ニックスの主力ウィリス・リードは負傷しており、4-3で勝利したブレッツは初めてNBAファイナルに進出した。しかしファイナルではミルウォーキー・バックスに0-4で一蹴された。そのシーズン以降3年連続でニューヨーク・ニックスとプレイオフで戦い全て敗戦する。
  • 1973年にチームは、メリーランド州ランドオーバーに移動し、キャピタル・ブレッツになるが、翌年、ワシントン・ブレッツに名前を変える。移転以降も1990年代半ばまでブレッツは年に数試合をボルティモアで行った。
  • 1974-75シーズンを60-22(ホームでは36-5)で終了し、2度目のNBAファイナルへと進むが、リック・バリー率いるゴールデンステート・ウォリアーズに0-4で敗れる。
  • 翌シーズン前年より12勝減らし、クリーブランド・キャバリアーズにプレイオフで敗れたブレッツは勝率62%を記録したヘッドコーチ、K.C.ジョーンズを解雇する。
  • 1977-78シーズン、ディック・モッタに率いられたエルヴィン・ヘイズ、アンセルドのブレッツは44勝38敗でシーズンを終えたがそこから長い道のりであったNBAファイナルまで勝ち進み、シアトル・スーパーソニックスを4-3で破りNBAチャンピオンとなった。翌79-80シーズンも再びNBAファイナルまで進んだが、その年は逆に1勝4敗で敗れた。
  • その後も87-88シーズンまでほぼ毎年プレイオフに進出したが、81-82シーズン以降はプレイオフ1回戦を突破することはなく、その後96-97シーズンにプレイオフに進出するまで低迷期を迎えることになる。

低迷期[編集]

  • 1989-90シーズン、ブレッツは5勝1敗でスタートしたが12月半ばから1月半ばまでの18試合で16敗して、平均得点でジェフ・マローンが24.3得点、バーナード・キングが22.3得点あげたが24勝58敗で終わった。
  • 1990-91シーズン、ブレッツは30勝しかあげられなかったが、バーナード・キングが1984-85にニューヨーク・ニックスにいたときにひざを故障して以来最高となる平均28.4得点をあげた。この年、彼は50得点以上を2回記録した。
  • 1993-94シーズン、ブレッツは故障に泣かされ、レックス・チャップマンパーヴィス・エリソン、ドラフト1巡目のカルバート・チェイニーがシーズンのほとんど欠場し、24勝58敗に終わった。
  • 低迷を打開するため、1994年のNBAドラフトジュワン・ハワードを指名し、1994-95シーズン途中にトム・ググリオッタと交換でクリス・ウェバーを獲得するなど若返りを図った。
  • 翌95-96シーズンは、ウェバーが怪我のためほとんどの試合で欠場したが、ルーキーのラシード・ウォレスが代わって先発に入り平均二桁得点を残し、ハワードが平均22.1点を記録してオールスターに選ばれるなど将来性を感じさせるシーズンとなった。成績は5割近くまで上げシーズンを終えた。
  • 1996年7月にラシード・ウォレスと交換でロッド・ストリックランドを加えたチームは、1996-97シーズン、44-38の成績を挙げ9年ぶりにプレイオフに進出した。プレイオフはマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズスウィープで敗れた。

ワシントン・ウィザーズ初期[編集]

  • 1995年のオフシーズンにブレッツからウィザーズに名称変更するつもりであることが発表された。高い犯罪率に悩むワシントンD.C.地域にとって、ブレッツ(弾丸)という名称が銃犯罪を連想させることが改名の理由であった。ドラゴンズ、エクスプレス、スタリオンズ、シードッグス、ウィザーズなどが候補になった。
  • 1997年5月15日、チームは、ブレッツからウィザーズへの名称変更と新しいロゴについて発表した。また、この年にワシントンD.C.を本拠にし、ベライゾンセンターをホームアリーナとして、現在に至っている。
  • 1998年5月、オフコートでの問題が多かったウェバーを放出し、ミッチ・リッチモンドオーティス・ソープを獲得した。リッチモンドは加入後2シーズン連続で得点面でチームを牽引したが、成績は5割を割るようになり下降していった。

マイケル・ジョーダンの加入[編集]

  • 2000年1月19日にマイケル・ジョーダンがウィザーズの共同オーナーに就任するが、2000-01シーズンに過去最低勝率をマークするなど、チーム状態はどん底を極めていた。主力のハワード、リッチモンド、ストリックランドは放出され、チームは再建に入った。
  • 2001年NBAドラフトの全体1位指名権を獲得したチームはクワミ・ブラウンを指名し、その数ヵ月後ジョーダンの復帰を発表した。ジョーダンは負け癖の付いていたチームを引っ張ったが、1年目の2001-02シーズンはジョーダン欠場中の成績が悪く、2年目の2002-03シーズンは、シーズン前にリチャード・ハミルトンと交換でジェリー・スタックハウスを獲得したが、終盤失速し2年連続でプレイオフ進出を果たせず、ジョーダンは引退した。

アリーナスとビッグスリー[編集]

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
シカゴ・ゼファーズ
1961–62 18 62 .225
1962–63 25 55 .313
ボルティモア・ブレッツ
1963–64 31 49 .388
1964–65 37 43 .463 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ボルティモア 3, セントルイス 1
レイカーズ 4, ボルティモア 2
1965–66 38 42 .475 ディビジョン準決勝敗退 セントルイス 3, ボルティモア 0
1966–67 20 61 .247
1967–68 36 46 .439
1968–69 57 25 .695 ディビジョン準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 0
1969–70 50 32 .610 ディビジョン準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 3
1970–71 42 40 .512 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ボルティモア 4, シクサーズ 3
ボルティモア 4, ニックス 3
バックス 4, ボルティモア 0
1971–72 38 44 .463 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 2
1972–73 52 30 .634 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 1
キャピタル・ブレッツ
1973–74 47 35 .573 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, キャピタル 3
ワシントン・ブレッツ
1974–75 60 22 .732 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ワシントン 4, バッファロー 3
ワシントン 4, セルティックス 2
ウォリアーズ 4, ワシントン 0
1975–76 48 34 .585 カンファレンス準決勝敗退 キャブス 4, ワシントン 3
1976–77 48 34 .585 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ワシントン 2, キャブス 1
ロケッツ 4, ワシントン 2
1977–78 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ワシントン 2, ホークス 0
ワシントン 4, スパーズ 2
ワシントン 4, シクサーズ 2
ワシントン 4, ソニックス 3
1978–79 54 28 .659 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ワシントン 4, ホークス 3
ワシントン 4, スパーズ 3
ソニックス 4, ワシントン 1
1979–80 39 43 .476 1回戦敗退 シクサーズ 2, ワシントン 0
1980–81 39 43 .476
1981–82 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ワシントン 2, ネッツ 0
セルティックス 4, ワシントン 1
1982–83 42 40 .512
1983–84 35 47 .427 1回戦敗退 セルティックス 3, ワシントン 1
1984–85 40 42 .488 1回戦敗退 シクサーズ 3, ワシントン 1
1985–86 39 43 .476 1回戦敗退 シクサーズ, 3, ワシントン 2
1986–87 42 40 .512 1回戦敗退 ピストンズ 3, ワシントン 0
1987–88 38 44 .463 1回戦敗退 ピストンズ 3, ワシントン 2
1988–89 40 42 .488
1989–90 31 51 .378
1990–91 30 52 .366
1991–92 25 57 .305
1992–93 22 60 .268
1993–94 24 58 .293
1994–95 21 61 .256
1995–96 39 43 .476
1996–97 44 38 .537 1回戦敗退 ブルズ 3, ワシントン 0
ワシントン・ウィザーズ
1997–98 42 40 .512
1998–99 18 32 .360
1999–00 29 53 .354
2000–01 19 63 .232
2001–02 37 45 .451
2002–03 37 45 .451
2003–04 25 57 .305
2004–05 45 37 .549 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ウィザーズ 4, ブルズ 2
ヒート 4, ウィザーズ 0
2005–06 42 40 .512 1回戦敗退 キャブス 4, ウィザーズ 2
2006-07 41 41 .500 1回戦敗退 キャブス 4, ウィザーズ 0
2007-08 43 39 .524 1回戦敗退 キャブス 4, ウィザーズ 2
2008-09 19 63 .232
2009-10 26 56 .317
2010-11 23 59 .280
2011-12 20 46 .303
2012-13 29 53 .354
通算勝敗 1873 2332 .445
プレイオフ 77 115 .401 優勝1回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

ワシントン・ウィザーズ ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
G/F 1 アメリカ合衆国の旗 トレヴァー・アリーザ (Trevor Ariza) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 95 kg (210 lb) 
G 3 アメリカ合衆国の旗 ブラッドリー・ビール (Bradley Beal) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 94 kg (207 lb) 
F 35 アメリカ合衆国の旗 トレバー・ブッカー (Trevor Booker) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 109 kg (240 lb) 
F/C 90 アメリカ合衆国の旗 ドリュー・グッデン (Drew Gooden) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 113 kg (250 lb) 
C 4 ポーランドの旗 マルチン・ゴルタット (Marcin Gortat) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 109 kg (240 lb) 
F 7 アメリカ合衆国の旗 アル・ハリントン (Al Harrington) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 111 kg (245 lb) 
G 24 アメリカ合衆国の旗 アンドレ・ミラー (Andre Miller) 1.88 m ( 6 ft 2 in) 91 kg (200 lb) 
F/C 42 ブラジルの旗 ネネイ (Nenê) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 113 kg (250 lb) 
F 22 アメリカ合衆国の旗 オット・ポーター (Otto Porter) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 91 kg (200 lb) 
G 14 アメリカ合衆国の旗 グレン・ライス・ジュニア (Glen Rice, Jr.) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 98 kg (215 lb) 
F 13 フランスの旗 ケビン・セラフィン (Kevin Seraphin) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 120 kg (265 lb) 
F 31 アメリカ合衆国の旗 クリス・シングルトン (Chris Singleton) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 104 kg (230 lb) 
G 17 アメリカ合衆国の旗 ギャレット・テンプル (Garrett Temple) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 88 kg (195 lb) 
G 2 アメリカ合衆国の旗 ジョン・ウォール (John Wall) 1.93 m ( 6 ft 4 in) 88 kg (195 lb) 
G/F 9 アメリカ合衆国の旗 マーテル・ウェブスター (Martell Webstar) 2.01 m ( 6 ft 7 in) 104 kg (230 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 ランディ・ウィットマン (Randy Wittman)

アシスタントコーチ

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2014-4-18


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1960年代 (プレイオフ進出:3回)


1970年代 (プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:4回 優勝:1回)


1980年代 (プレイオフ進出:7回)


1990年代 (プレイオフ進出:1回)


2000年代 (プレイオフ進出:3回)

永久欠番[編集]

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

殿堂入り[編集]

  • ウェス・アンセルド (Wes Unseld)

チーム記録[編集]

ワシントン・ウィザーズのチーム記録

外部リンク[編集]