ミシガン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
University of Michigan
ラテン語名称Universitas Michigania
校訓 Artes, Scientia, Veritas
創立 1817
学校種別 州立
Sea grant
Space grant
大学暦 3学期
運営資金 78億米ドル[1]
学長 メアリー・スー・コールマン
教職員 6,419[2]
職員 18,426[2]
学生 42,716[3]
学部生 27,407[3]
大学院生 15,309[3]
所在地

USミシガン州アナーバー

(北緯42度16分59秒 西経83度44分06秒 / 北緯42.2830度 西経83.7350度 / 42.2830; -83.7350座標: 北緯42度16分59秒 西経83度44分06秒 / 北緯42.2830度 西経83.7350度 / 42.2830; -83.7350)
キャンパス 3,177エーカー (12.86 km2)
総面積: 20,965エーカー (84.84 km2), including arboretum
体育 ウォルバリンズ
スクールカラー

メイズ & 青[4]

           
愛称 ウォルバリンズ
ウェブサイト umich.edu
University of Michigan wordmark.svg
テンプレートを表示

ミシガン大学英語: University of Michigan)は、アメリカ合衆国ミシガン州立の研究型総合大学。略称は"U-M"、"UM"、"UMich"。ミシガン大学システムはアナーバー校、ディアボーン校、フリント校の3大学から構成されるが、一般に「ミシガン大学」(U-M)という場合にはミシガン大学アナーバー校のことを指す(他の2校は、ミシガン大学のRegional Campusesと位置付けられている。以下の記事においても、アナーバー校についての記述とする)。

アナーバー校はミシガン大学の中核たる旗艦校であり、その評価は公立の大学として最高の部類に属し、俗にパブリック・アイビーと称される大学の一つとなっている。アナーバー市内にセントラル、ノース、サウスの3つのキャンパスおよびメディカル・キャンパスを擁する。ミシガン大学アナーバー校は、1900年に結成されたアメリカ大学協会の創立メンバーの一つ。なお、同州イーストランシング市にあるミシガン州立大学Michigan State University)は、ミシガン大学システムとは異なる組織である。

創設期[編集]

ミシガン大学は1817年ミシガン準州(現ミシガン州デトロイトに創立された、米国で最も歴史のある公立大学である。1837年、同校のキャンパスは現在のアナーバーに移設された。同校最初の授業は1841年に1年生6名と2年生1名、2名の教授によって行われた。1845年には同校最初の卒業式が行われ、11名が卒業した。

同校の歴史: History of the University of Michigan(Wikipedia英語版)

学問分野[編集]

ミシガン大学アナーバー校は、カリフォルニア大学バークレー校と並び州立大学の名門として全米のみならず世界的に高い評価を得る研究機関型総合大学である。近年日本でも注目されている、英紙タイムズThe Times)の世界大学ランキング(2008年・2009年)において、米国の公立大学としては唯一上位20位内にランクインしている(2011年版では14位)。また、U.S.News&World Report誌は長年にわたり、同校の専門大学院課程、研究課程、および学部課程を高く評価してきた。特に社会科学分野における実績は目覚ましく、政治学、心理学、社会学等の先駆的研究は、米国内のみならず世界の学会に影響を及ぼしている。トムソン・ロイターが2010年に発表した世界大学ランキングの社会科学分野では4位にランクインした。例えば、当大学サーベイリサーチセンターによって毎月発表されるミシガン大学消費者信頼感指数は、米国の主要な経済指標のひとつになっている。さらに、米国の医療コンピュータ科学・工学の分野における発展にも多大な貢献を続けている。1955年には、ポリオワクチンの開発に成功。また、宇宙飛行士も輩出しており、ジェミニ4号1965年打ち上げ)とアポロ15号1971年打ち上げ)は、クルーのすべてがミシガン大学または同大学院で学位を取得した飛行士であった。US NEWS誌のランキングでは、同校の200以上にわたるプログラムのうち、70%が全米ベスト10、90%がベスト20に入る高い評価を得ている(詳細はランキング項を参照)。州立大学中ではカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、UCバークレー、バージニア大学に次ぐ合格率の低さで、Princeton Review誌の合格難易度指数では96(最高99)と州立大学中第4位の難関とされている。(1位:UCLA/ 2位:UCバークレー、バージニア大学)同校の一年次入学生の平均GPAは3.72 ( 4.00 を満点とするスケール換算)、高校在学時の学年順位で上位10%内に位置していた学生の数が全体の92%を占める。25%がSATにおいて1,400点以上を有しており、これは名門私立大学アイビーリーグ8校それぞれの上位25%の新入生の平均である1,430点に匹敵する。

教育の質が高く評価されている同校ではあるが、州立大学としての規模の大きさから来る問題点も抱えている。例えば、The Princeton Review誌は、同校はTA(大学院生)による授業の割合が全米で7番目に高い大学としている。また、高額な授業料も有名で、州外出身者の年間学費は、授業料のみで37,000USドルに達し、これは私立の名門大学に匹敵する。(州内出身者でも13,000USドル前後)。

キャンパス[編集]

メインキャンパスに位置するAngell Hall、教養学部、文学部、理学部等を置く同校の主要機関の内の一つ
本校の医学部に属する生物医学の研究施設

ミシガン大学アナーバー校は、主に、ノース・キャンパス、セントラル・キャンパス、サウス・キャンパスの3つのキャンパスに分かれており、総敷地面積は3km²ほどである。3つのキャンパス間は、ブルー・バスと呼ばれる大学運営の無料バスにより行き来できる。

セントラル・キャンパス[編集]

ミシガン大学セントラル・キャンパス(ダイアグ周辺)
セントラル・キャンパスは、アナーバーの中心部、ダウンタウンの東側に位置している。セントラル・キャンパスは、ミシガン大学のアナーバーにおける発祥の地であり、1841年に同校がアナーバーに移設された時から存在する。アナーバー市とミシガン大学は共に発展したため、大学とダウンタウンとのはっきりとした境界はなく、一部では、街と大学の施設が混在している。ビジネス・スクール(経営大学院)、ロー・スクール(法科大学院)、メディカル・スクール(医学大学院)などの多くの大学院やプロフェッショナル・スクールが、このセントラル・キャンパスを本拠としている。キャンパスの中心には、学生の多く集まる「ダイアグ」と呼ばれる広場があり、様々なイベントや学生の活動が毎日のように催されている。

ノース・キャンパス[編集]

ノース・キャンパスは、セントラル・キャンパスの北東に新しく作られたキャンパスである。歴史が古く趣のある建物が多いセントラル・キャンパスとは対照的に、ノース・キャンパスには、緑に包まれた広大な敷地の中に近代的な建物が立ち並んでいる。主に、工学部と芸術系の学科が使用しており、そのほか、学部生、大学院生のための寮やアパートもある。

サウス・キャンパス[編集]

サウス・キャンパスは、主に、ミシガン・スタジアムや、クライスラー・アリーナ、ヨースト・アイスアリーナなどのスポーツ施設がある。

ランキング[編集]

主要世界大学ランキング[編集]

  • TIMES世界大学ランキング: 第15位(10年度)
  • 上海交通大学世界大学ランキング: 第21位(07年度)
  • NEWSWEEK世界大学ランキング: 第11位(06年度)

US NEWS主要研究課程ランキング[編集]

  • 政治学部:第3位
  • 経済学部:第11位
  • 社会学部:第3位
  • 心理学部:第2位
  • 歴史学部:第7位
  • 英語学部:第12位
  • 物理学部:第13位
  • 化学部:第16位
  • 生物学部:第15位
  • 工学部:第9位
  • コンピューター工学部:第6位
  • 数学部:第9位

専門大学院[編集]

  • 経営学大学院:第12位
  • 公共政策大学院:第7位
  • 医科大学院:第10位(研究部門)/第8位(一次医療部門)
  • 法科大学院:第7位
  • 教育学大学院:第9位
  • 公衆衛生大学院:第4位
  • 建築・都市計画大学院:第1位(建築)/第12位(都市計画)

スポーツ[編集]

ミシガン大学のスポーツチームは「ウォルバリンズ」(Wolverines)と呼ばれている。Wolverineとは「クズリ」の意味で、ミシガン州を別名「クズリの州」(Wolverine State)と呼ぶことからこの名がついている。

同校はフットボールの名門としても知られる。1902年に第1回ローズボウルスタンフォード大学に49-0で勝利した。同校はこれまで通算849勝(2005年12月29日現在)を挙げ、勝利数・勝率の両方において全米1位である。同校の実力は安定しており、1989年から2004年までの15年間、毎年最終ランキングにおいて25位以内を確保してきた(しかし2005年アラモボウルネブラスカ大学コーンハスカーズに32-28で敗れ、最終ランキングにおいてはトップ25圏外に転落した)。最近の優勝は1997年で、守備選手としては史上初のハイズマン賞(最優秀選手賞)を受賞したチャールズ・ウッドソン(現グリーンベイ・パッカーズ)を擁し、ローズボウルでワシントン州立大学クーガーズを21-16で破った。

同校は全米の大学で最大のスタジアム「ミシガン・スタジアム」を有し、1試合当たりの観客動員数は110,000人を超える。フットボール激戦区のひとつであるビッグ・テン・カンファレンスに所属し、ミシガン州立大学スパルタンズやノートルダム大学ファイティング・アイリッシュ、そしてシーズン最終戦のオハイオ州立大学バックアイズと熾烈なライバル関係を築いている。同カンファレンスには、その他にも名将ジョー・パターノ監督率いるペンシルベニア州立大学ニタニー・ライオンズや、ウィスコンシン大学バッジャーズなど実力校が揃い、勝ち抜くのは困難である。

同校のフットボールチーム応援歌は"Hail to the Victors"という。ゲーム開始時の入場行進をはじめ、チームが得点を挙げたとき、勝利したときにこの曲がトランペットの音高らかに流れる。同校の応援は、"Go Blue!"と叫ぶのが基本形である(青は同校のスクールカラーの一つで、ユニフォームも青が基調となっていることに由来する)。また、同校は特定のマスコットを持たない。

2007年9月1日、当時全米フットボールランキング5位にランクされていたミシガン大学ウルバリンズが、シーズン初戦でディビジョンAAのアパラチアン州立大学マウンテイナーズに32-34で敗れるという事態が起こった。アパラチアン州立大は、本来ならばミシガン大の属するディビジョン1-Aより一つ下の区割りに属すため、試合前は誰もがミシガン大の勝利を疑わなかった。しかしながら、ゲームが始まるや否や、アパラチアン州立大は強豪ウルバリンズのプレッシャーをも感じさせない気迫のプレーを見せ、試合中盤には一時7-14とリード許す場面もあった。そして互いにタッチダウンを奪い奪われながら進み、32-31で迎えた最終クォーター残り27秒で、アパラチアン州立大にフィールドゴールを決められ、史上稀に見る番狂わせを喫した。

そのほか、アイスホッケー、女子ソフトボールなどで全米チャンピオンの実績があるなど、強豪として知られている。

太陽光をエネルギーとする研究も早くから取り組んでおり、1990年から1993年にかけてソーラーカーレースで活躍した。

Maize & Blue

激戦を勝ち抜きソーラーエネルギーーの可能性を実証した彼らの活躍は今でも語り継がれている。

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Coleman: University management similar to private institutions”. Michigan Daily (2011年). 2011年9月28日閲覧。
  2. ^ a b http://sitemaker.umich.edu/obpinfo/files/umaa_faculty_staff_11.pdf
  3. ^ a b c University of Michigan-Enrollment by School and College, Gender, and Class Level For Term 1660 (Fall 2011) (PDF)”. University of Michigan Office of Budget & Planning (2011年9月26日). 2011年3月10日閲覧。
  4. ^ University of Michigan Identity Guidelines”. Logos.umich.edu. 2012年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]