ミシガン・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシガン・スタジアム
"The Big House"
ミシガン・スタジアム
施設情報
所在地 1201 South Main Street
Ann Arbor, Michigan 48109
起工 1926年9月12日[1]
開場 1927年10月1日[2]
所有者 ミシガン大学
グラウンド 人工芝(FieldTurf)
建設費 95万ドル
設計者 Bernard Green
総合建設者 James Leck Company[3]
使用チーム、大会
NCAA / ミシガン・ウルヴァリンズ(1927年 - 現在)
収容能力
72,000 (1927)
85,752 (1928–1948)
97,239 (1949–1954)
101,001 (1955–1972)
101,701 (1973–1991)
102,501 (1992–1997)
107,501 (1998–2007)
106,201 (2008–2009)
109,901 (2010–present)
(最多:115,109 (2013年9月7日、対ノートルダム大))

ミシガン・スタジアムMichigan Stadium )は、アメリカ合衆国ミシガン州アナーバーにあるアメリカンフットボールスタジアムミシガン大学のチーム「ミシガン・ウルヴァリンズ」の本拠地で、通称ザ・ビッグ・ハウスthe Big House[4]フェリー・フィールドに代わる新本拠地として1927年、95万ドルをかけて建設された。

現在の収容人数は109,901人と発表されているが、試合開催時になると楽団やスタッフらを含め111,000人を上回る動員を記録することもある。観客動員のスタジアム記録は2010年9月4日のコネチカット・ハスキーズコネチカット大学)戦で、113,090人を記録した。これはNCAAカレッジフットボール史上最多でもある。また2006年11月4日には200試合連続観客動員10万人以上を達成した。

アメリカンフットボールスタジアムとしては全米1位で、他の競技場を含めても世界29位に相当する(当スタジアムより上位に位置する競技場のほとんどはサーキット競馬場である)[5]。また、当スタジアムの収容人数はアナーバー市の人口にも匹敵する。

カレッジフットボール以外に、ミシガン大学の卒業式の会場としても使用される。

歴史[編集]

ミシガン・スタジアムは土地を掘り下げた場所に建設されたため、地上から見ても上20段ほどのスタンドしか見えず、その巨大な全体像をつかむことはできない。スタジアムは最初は72,000人収容だったが、ミシガン大学アスレチック・ディレクターのフィールディング・ヨーストが建設に鋼鉄の基礎を用いたことで、客席の大規模な増設も可能になっていた。スタジアム完成当時、座席は全て木製だったが、1949年にアスレチック・ディレクターのフリッツ・クライスラーが金属製のものへ改装した。

ミシガン大学のラジオアナウンサーを37年間務めたボブ・ウーファーはミシガン・スタジアムを「ヨーストが掘り、クライスラーが建て、キャナムがカーペットを敷き、綿を収穫する季節になると毎週土曜日にシェンベクラーが満杯にするくぼみ」と表現した。シェンベクラーがウルヴァリンズのヘッドコーチに就いて7シーズン目となった1975年から、毎試合100,000人を越える観客がミシガン・スタジアムへ観戦に訪れるようになった。2006年11月4日のボールステイト・カージナルスボールステイト大学)戦で、200試合連続で観客動員100,000人以上を記録した。

伝統的に、観客数を発表する際に場内アナウンスは「アメリカ合衆国の中でどこよりも多くの人がフットボールを観戦している場所にいること」に対して感謝の意を述べる。1996年にニーランド・スタジアムテネシー州ノックスビル)が収容人数でミシガン・スタジアムを上回ったとき、このアナウンスはされなくなったが、2年後に座席を増設するとこのアナウンスも復活した。これだけ大きなスタジアムであっても、場内は比較的静かであるといわれている。

1927年から1968年まで、フィールドは天然芝だった。1969年に人工芝TartanTurf )に張り替えられたが、選手の関節に悪い影響を及ぼすために1991年に天然芝に戻された。しかしこちらも芝の根付きが悪いという問題をはらんでいた。このため2003年、より天然芝に近いタイプの人工芝(FieldTurf )が導入された。

ミシガン大学は2006年11月17日、スタジアムの改修・拡張工事を承認した。座席の交換、座席間隔の拡張、通路の拡張と手すりの設置、83のラグジュアリー・ボックスの設置、記者席の増設などが計画されている。この計画で、収容人数は108,000人を越えるとみられる[6]。この計画には学生・卒業生・ファンなどの一部から根強い反対の声も挙がっていた。

2010年12月11日にはミシガン州立大学とのアイスホッケー試合で史上最多の11万3411名を動員した。それまでの記録は同年5月にドイツで行われた世界選手権開幕戦の7万7803名だった[7]。しかしその後の集計で104,173人と判定された。

2014年1月1日には前年にロックアウトの影響で開催延期となったNHLウィンター・クラシックが行われ、105,491人を動員。同年8月2日に行われたギネス国際チャンピオンズ杯マンチェスター・UR・マドリード戦では、直前に天然芝を敷いて試合を行い、アメリカサッカー史上最多の109,318人が観戦された[8][9]。それまでの記録は1984年のロサンゼルスオリンピックサッカー決勝( フランス ブラジルローズボウル)の101,799人であった[10]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ Workmen Swarm Michigan Stadium. Ludington Daily News – Sep 13, 1926
  2. ^ Bruce Madej; Rob Toonkel; Mike Pearson (1 November 1997). Michigan: champions of the West. Sports Publishing LLC. pp. 79–. ISBN 978-1-57167-115-8. http://books.google.com/books?id=fd87BHQ4VrkC&pg=PT79 2011年9月26日閲覧。. 
  3. ^ John Kryk (25 November 2004). Natural enemies: major college football's oldest, fiercest rivaly—Michigan vs. Notre Dame. Taylor Trade Publications. pp. 106–. ISBN 978-1-58979-090-2. http://books.google.com/books?id=IBzFV5QGSv0C&pg=PA106 2011年9月26日閲覧。. 
  4. ^ 'Big Ten Icons' to Count Down Conference's All-Time Top 50 Student-Athletes: Iconic broadcaster Keith Jackson to host the series launching this fall”. CBSインタラクティブ (2010年3月4日). 2010年3月27日閲覧。
  5. ^ "Stadium List - 100 000+ Stadiums", World Stadiums
  6. ^ University of Michigan Expansion Project Press Release
  7. ^ 寒風なんのその 史上最多の11万3411人でギネス申請へ”. スポーツニッポン. 2010年12月13日閲覧。
  8. ^ “Man United win in front of 109,318”. ESPN. (2014年8月2日). http://www.espnfc.us/international-champions-cup/match/398569/real-madrid-manchester-united/report 
  9. ^ Stubits, Brian (2014年8月2日). “LOOK: More than 109,000 Fans Pack Big House for Real Madrid–Man U”. CBS Sports. http://www.cbssports.com/general/eye-on-sports/24646959/look-more-than-109000-fans-pack-big-house-for-real-madrid-man-u 2014年8月2日閲覧。 
  10. ^ USA record crowd watches Manchester United vs Real Madrid in Michigan”. inside World Soccer (2014年8月3日). 2014年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]