ニーランド・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーランド・スタジアム
"Shields-Watkins Field
"Rocky Top"[1]"
ニーランド・スタジアム
施設情報
所在地 Phillip Fulmer Way
Knoxville, TN 37996
起工 1921年3月21日[2]
開場 1921年9月24日
所有者 テネシー州
運用者 テネシー大学
グラウンド 天然芝
旧称
シールズ=ワトキンス・フィールド(1921年 - 1962年)
使用チーム、大会
NCAA / テネシー・ボランティアーズ(1921年 - 現在)
収容能力
3,200 (1921-1925)
6,800 (1926-1928)
17,860 (1929-1936)
19,360 (1937)
31,390 (1938-1947)
46,390 (1948-1961)
52,227 (1962-1965)
58,122 (1966-1967)
64,429 (1968-1971)
70,650 (1972-1975)
80,250 (1976-1979)
91,249 (1980-1986)
91,110 (1987-1989)
91,902 (1990-1995)
102,544 (1996)
102,854 (1997-1999)
104,079 (2000-2005)
102,037 (2006-2008)
100,011 (2009)
102,455 (2010-present)[3]

ニーランド・スタジアムNeyland Stadium )は、アメリカ合衆国テネシー州ノックスビルにあるスタジアムNCAAカレッジフットボールサウスイースタン・カンファレンスに所属するテネシー・ボランティアーズテネシー大学)の本拠地スタジアムである。

アメリカンフットボール・スタジアムとしては米国内で3番目に大きい。ここよりも大きいスタジアムはミシガン・スタジアムミシガン州アナーバー、107,501人収容)とビーバー・スタジアムペンシルベニア州ステートカレッジ、107,282人収容)の2つだけである。さらにオハイオ・スタジアムオハイオ州コロンバス、101,568人収容)を加えた4スタジアムだけが、100,000人以上を収容できるアメリカンフットボール・スタジアムである[1]

歴史[編集]

スタジアムは1921年3月に完成した。完成当時の収容人数は3,200人だった。スタジアム名は、建設に出資した大学理事W. S. シールズと彼の妻アリス・ワトキンス=シールズの名を冠し、シールズ=ワトキンス・フィールドShields-Watkins Field )となった。

1926年に東スタンドを3,600席増設すると、3年後の1929年には西スタンドを11,060席増設して収容人数が10,000人を突破した。その後も1,500 - 15,000席規模の拡張工事が繰り返され、1962年には収容人数が50,000人を超えた。またこの年、元ヘッドコーチ(1926年 - 1952年)のロバート・ニーランドが死去したため、スタジアム名を彼の名から「ニーランド・スタジアム」へ改称した。

その後も拡張工事はたびたび行われ、1996年には収容人数が100,000人を突破、同時に全米一の巨大スタジアムとなった。しかし2年後にミシガン・スタジアムが席を増設したため、ニーランド・スタジアムは全米一ではなくなった。現在は104,079人収容で全米3位である。観客動員のスタジアム記録は2004年9月18日のフロリダ・ゲイターズフロリダ大学)戦で、109,061人が観戦に訪れた[4]

2001年春にスポーティング・ニュースが行ったアンケートの結果、ニーランド・スタジアムは「カレッジフットボール・スタジアム全米一」に選出された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ニーランド・スタジアム外観