綾羅島メーデー・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
綾羅島メーデー
"メーデー・スタジアム"
May-day Stadium at night.jpg
施設情報
所在地 北朝鮮・平壌
位置 北緯39度2分58.47秒 東経125度46分30.79秒 / 北緯39.0495750度 東経125.7752194度 / 39.0495750; 125.7752194座標: 北緯39度2分58.47秒 東経125度46分30.79秒 / 北緯39.0495750度 東経125.7752194度 / 39.0495750; 125.7752194
起工 1984年12月1日
開場 1989年5月1日
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ メインピッチ- 22,500 m²
延床面積 207,000 m²
建設費 6,874億ウォン
設計者 金日成朝鮮労働者団体
使用チーム、大会
アリラン祭
サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表 (一部)
サッカー朝鮮民主主義人民共和国女子代表 (一部)
収容能力
150,000
綾羅島メーデー・スタジアム
各種表記
ハングル 릉라도 5월1일경기장
漢字 綾羅島 5月1日競技場
発音 ルンラド オウォルイルイル キョンギジャン
日本語読み: りょうらとう ごがつついたちきょうぎじょう
MR式
2000年式
英語表記:
Rŭngrato owŏl-ilil kyŏngkichang
Reungrado owol-ilil gyeonggijang
Rungrado May Day Stadium
テンプレートを表示

綾羅島メーデー・スタジアム(ルンラド-、英語:Rungrado May Day Stadium)は、1989年5月1日に完成した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌にある競技場である。メーデー・スタジアムまたは、5.1スタジアム5月1日メーデー)、5.1競技場とも呼ばれる。綾羅島とは、競技場のある大同江中州の名前である。マスゲームが行われる。

概説[編集]

世界最大の多目的競技場で、世界で12番目の規模を持つスポーツ施設である[1]。最多で15万人を収容出来る[2]

1995年4月には、北朝鮮政府主催、新日本プロレスWCW協力という形で「スポーツと平和の祭典」が2日間に渡り開催された。メインイベントでアントニオ猪木リック・フレアーが闘った2日目は19万人(主催者発表)の観客を集め、プロレス興行の世界最大観客数を記録した。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]