ニューヨーク州立大学バッファロー校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク州立大学バッファロー校
University at Buffalo, The State University of New York.
校訓 Mens sana in corpore sano (Latin: "Sound Mind in a Sound Body")
創立 1846年
学校種別 州立大学
大学暦 Semester
学長 John B. Simpson
学長 Satish Tripathi
教職員 1,601
学生 28,054
学部生 18,779
大学院生 9,275
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー
キャンパス 5.45 km 2
スクールカラー            
マスコット Victor E. Bull
Victoria S. Bull
ウェブサイト www.buffalo.edu
テンプレートを表示

ニューヨーク州立大学バッファロー校(にゅーよーくしゅうりつだいがくばっふぁろーこう、英称:University at Buffalo, The State University of New York、略称バッファロー大学 (University at Buffalo: UB))は、アメリカ合衆国男女共学州立大学

大きくはアムハースト (Amherst) とバッファロー (Buffalo) の2地区に分かれてキャンパスが存在する(両キャンパスは数キロ程の距離)。84の学士、184の修士、78の博士の学位コースがある。ニューヨーク州立大学 (SUNY) システムの4つの総合大学のうちの一つである。

バッファロー大学は、カーネギー財団の重点研究機関として分類されている。多くの宇宙飛行士や、ノーベル賞ピューリッツアー賞、各々の分野での賞の受賞者を輩出している。バッファロー大学は、ニューヨーク州で唯一の州立医学部、薬学部、法学部、農学部、都市計画学部を持つため、SUNYの王冠 (Crown Jewel) と位置づけられている。

2013年のデータによると入学者の36%が高校の成績で上位一割である。2010年入学者の 900人以上がメリット・スカラーであり、320人がHonors College(優秀な学生のための特別プログラム)の学生である。Honors Collegeの学生のSATの平均点は、カリフォルニア大学バークレー校の入学者のSATの平均点よりも高い。TIMES世界大学ランキング2013-2014で世界総合176位にランクインした。

歴史[編集]

1848年にバッファロー及びナイアガラ地域の人々により私立医学校が設立されたことが始まり。ジェームス・プラット・ホワイト医博士が尽力し、1846年に州より設立許可を得た。彼の当初のクラスは89名で、産科学を教えた。このように大学設立当初の目的は、病院の協力のもとで医師を養成することであった。最初の学長は、後の第13代大統領ミラード・フィルモアである。12代大統領ザカリー・テイラーの死後、大統領に着任した後も、非常勤という形で学長であり続けた。ミラード・フィルモアの名前は大学の施設、生涯教育の学校などに残っている。

黎明期[編集]

医学部のプログラムの拡大、薬学科の設置後の1891年にナイアガラ大学より法学部(ロースクール)を得て、法学部を設置した。1909年にエリー郡より、最初の総合大学としての建物を得た。現在のサウスキャンパスが建学時の施設だと一般的に思われているが、厳密にはこのように違う。1915年に従来の専門資格型の教育と一線を画した一般教養及び科学系学部を設置した。1959年に学生によるAMラジオ放送を開始した。NPR (National Public Radio) で人気パーソナリティーのテリー・グロス及びイラ・フラトーらを生み出している。1960年の始め頃に、私立大学からSUNYの傘下に入り公立の大学となった。1961年にニューヨーク西部の核研究計画が立ち上がり、サウスキャンパスに小規模な核分裂反応炉が設置された。この計画は、政府と共同研究しているカリフォルニア大学バークレー校の核研究に太刀打ちできるものではなく、安全面の問題もあり、2005年に撤去されている。1964年に現在のノースキャンパスであるアムハーストに、将来医学関連以外の教育を行なう校舎用に土地を取得した。

UB2020構想[編集]

2004年より次期15年の戦略計画として、UB2020構想が立ち上がっている。構想の目玉としては、学生数を10.000人、750人の教員、600人のスタッフを増やし、大学の規模を現在の40%拡大することである。地域経済もこれにより15億ドル程度拡大し、税収も9千6百万ドル増えると試算している。この構想は学際的レベルをより高めていくために、5本柱をおいている。

  1. 学際的な既存概念の転換、知的集団への啓蒙をおこなっていく
  2. 大学施設間で垣根をなくしていく
  3. 社会政策を取り入れて大学としての責務を地域に貢献させていく
  4. 大学資源の活用、長期的計画実施の基盤の役を果たしていく
  5. 環境や持続的社会へのリーダーシップを発揮していく

キャンパス[編集]

バッファロー大学はニューヨーク州でもっとも大きい総合大学であり、キャンパスはノースキャンパス、サウスキャンパス、ダウンタウンキャンパスの3つに別れる。

  • ノースキャンパス
  • サウスキャンパス
  • ダウンタウンキャンパス

学部・大学院等構成[編集]

  • 薬学及び薬科学部 (The School of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences) バッファロー大学の中で2番目に歴史のある学部。U.S. News の大学院ランキングでは国内17位にランクされている。
  • 建築設計学部 (The school of Architecture and Planning) 建築及び都市設計の専門学位と専門前のコースの両方を併せ持つのは、SUNYの中で唯一。
  • 歯学部 (The school of Dental Medicine)
  • 教養科学部 (The College of Arts and Sciences)
  • 教育学大学院 (The Graduate School of Education) バッファロー大学で最も大きい規模をもつ大学院の一つで、カウンセリング及び教育哲学、教育指導及び政策、学習と教育、図書館情報学の4つの部からなる。
  • 工学及び応用科学学部 (The School of Engineering and Applied Sciences) 化学及び生物学科、都市建設及び環境学科、コンピューター理工学科、電気学科、産業システム学科、機械及び宇宙学科の6学科よりなる。
  • 法科大学院 (The UB Low School) 労働雇用関係、工業知的財産関係に注力している。
  • 経営管理大学院、学部:MBA (The School of Management) 4年連続でウォールストリート・ジャーナル紙 で世界でのトップビジネススクールとしてランクインする。また、フォーブスやビジネスウィークでもMBAのベストスクールとして評価されている。MBAのオプションプログラムとして、理学修士 (数学科の経営工学、バイオテクノロジー管理)の同時取得プログラムがある。
  • 医学及び生物医科学部 (The School of Medicine and Biomedical Sciences) 161年の歴史とともに、大学創立の起始点である。
  • 看護学部 (The School of Nursing) Sigma Theta Tauは米国看護名誉協会のメンバーになっている。また、米国看護学生協会のメンバーでもある。
  • 健康衛生学部 (The School of Public Health and Health Professions) 2003年にコメディカル専門学部、社会医学、衛生医学関係学部が統合してできた学部。研究者、教育者、専門技術者を養成することを目的とする。学生は共に問題点や解決策を探りながら、急速に高まる健康問題について勉強することができる。
  • ロズウェルパーク癌研究所 (The Roswell Park Cancer Institute) 1898年に著名な外科医のロズウェル・パークによって設立された世界的で最も古い総合癌治療センター。
  • ソシャルワーク大学院 (The Graduate School of Social Work) 1924年に設立。

各種ランキングに於ける同校の評価[編集]

主要世界大学ランキング[編集]

  • TIMES世界大学ランキング2013 -2014(総合): 世界第176位[1]

上海交通大学世界大学世界ランキング[編集]

  • 化学: 世界ランク 76-100位[2]
  • 医学、薬学: 世界ランク 76-100位[3]
  • 社会科学: 世界ランク 101-150位[4]
  • 自然科学・数学: 世界ランク 151-200位[5]
  • 工学・コンピューターサイエンス: 世界ランク 151-200位[6]

著名な教授陣[編集]

著名な出身者[編集]