ザカリー・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザカリー・テイラー
Zachary Taylor half plate daguerreotype c1843-45-color crop.png

任期 1849年3月4日[1] – 1850年7月9日
副大統領 ミラード・フィルモア

出生 1784年11月24日
バージニア州バーバーズビル
死去 1850年7月9日(65歳)
ワシントンD.C.
政党 ホイッグ党
配偶者 マーガレット・スミス・テイラー
署名 Zachary Taylor Signature-2.svg

ザカリー・テイラー: Zachary Taylor, 1784年11月24日 - 1850年7月9日)は、第12代アメリカ合衆国大統領。在職中に死去した2人目の大統領である。当初は政治に無関心であったが、1848年ホイッグ党から大統領選に出馬、ルイス・カスを破って大統領に当選した。テイラーは在職中に奴隷を所有した最後の大統領であり、大統領選に勝利した最後のホイッグ党員だった。

テイラーは「オールド・ラフ・アンド・レディ」(老暴れん坊)として知られており、陸軍での40年の経歴を持つ。米英戦争ブラック・ホーク戦争第二次セミノール戦争米墨戦争に従軍した。大統領としてテイラーは奴隷制度の問題に対して穏健な姿勢を取ることで、南部からの反感を買った。彼はニューメキシコとカリフォルニアの移民に州としての憲法を起草するよう訴えた。そして、1850年協定の成立の準備を行った。テイラーは就任からちょうど16ヶ月目に死去し、史上3番目に在任が短い大統領となった。その死因は胃腸炎だと考えられる。テイラーの後は副大統領のミラード・フィルモアが大統領に昇格した。

生い立ち[編集]

ザカリー・テイラーは1784年11月24日バージニア州オレンジ郡の農場で[2] [3][4]、農園主のリチャード・テイラーとサラ・ストローザー[5]夫妻の間に生まれる。9人兄弟の3人の息子の中で末っ子であった[2]。父親のリチャードはアメリカ独立戦争時にジョージ・ワシントンと共に戦った[3]。テイラーはメイフラワー誓約に署名したピルグリム・ファーザーズの1人、ウィリアム・ブリュースターの子孫であった[6][7][8][9]。彼はまた第4代大統領のジェームズ・マディスンのまた従兄弟であり、フランクリン・ルーズベルトロバート・E・リーが血縁関係にあった[10]ジェファーソン・デイヴィスは義理の息子になる。幼少期はケンタッキー州ルイビルの辺境地で丸太小屋に暮らし、家族が増えるにつれてレンガ造りの家で暮らすようになった[4]。彼は7人の兄弟と共に暮らし、父親は1800年までに10,000エーカー (40 km2) の土地と26名の奴隷を所有した[4]。ケンタッキーの辺境地には学校が存在せず、テイラーは父親と時々雇われた家庭教師から基礎的な教育しか受けなかった[2]。彼は学業に優れなかったと伝えられ、彼の筆跡、スペル、および文法は「生涯粗雑で土臭い」ものだったとされる[4]。テイラーは成長すると、軍に加わると決心した[4]

軍歴[編集]

1808年5月3日、テイラーは陸軍に入隊した。いとこであるジェームズ・マディスンから第7歩兵連隊中尉に任官された。彼はインディアナ準州に配属され、1810年11月には大尉に昇進した。フォート・ノックスの司令官が逃亡し、彼はその司令官となり1814年まで指揮を行った[11]

米英戦争でテイラーはフォート・ハリソンを指揮し、テクムセ指揮するショーニー族と戦った[2]。テイラーはこの戦いの功績で戦時少佐に昇進し[2]ワイルドキャット・クリークの戦いの間、第7連隊を指揮した。

1808年に中尉としての任務から始まり、米英戦争1812年 - 1815年)、ブラック・ホーク戦争1832年)および第二次セミノール戦争(1835年 - 1842年)と相次いで戦った。これらの戦争でテイラーはインディアンを次々と「虐殺する」という戦功を上げ、その都度昇進を重ねた。

ジェームズ・ポーク大統領は、1846年にリオグランデ砦へ彼を派遣した。メキシコ軍がテイラーの軍勢を攻撃した時、テイラーは4対1と数で圧倒されていたにもかかわらず、メキシコ軍を破った。ポークはメキシコに対して宣戦布告した。宣戦布告と同時にテイラーはリオ・グランデ川を渡り、緒戦でメキシコ軍に勝利した後も大統領令を無視して、メキシコ領奥深くへ進撃。メキシコ軍の主力を降して、凱旋した。

大統領職[編集]

米墨戦争の英雄として、政党の誘いで大統領に立候補。政治的な野心はなく、大統領選挙人名簿にも登録せず、また、自らに投票さえしなかった。

戦後、メキシコから奪還したカリフォルニア州ゴールドラッシュがおき人口が増加したため、カリフォルニアを奴隷制度のない自由州への昇格を望んだ。これに対し、南部奴隷州は当時の連邦議会における「奴隷州」と「自由州」のバランス15:15の比率が破られることを恐れ、反対した。これに対し、テイラーは仮に南部が反乱をおこした場合は武力鎮圧も辞さずという姿勢で応じた。これは後に、南北戦争の伏線ともなった。

1850年7月4日ワシントン・モニュメントでの式典参加後に、テイラーは病気になった。当日は猛暑で、テイラーはキュウリ(さくらんぼとの説もあり)と牛乳を摂りすぎて体調を崩し、五日後に重度の消化不良で死去した。大統領就任の十六ヶ月後であった。彼はケンタッキー州ルイビルに埋葬された。

当初、その死については砒素による毒殺説が根強く、もしもこれが事実であれば、テイラーはエイブラハム・リンカーンに先んじること15年、アメリカ史上初の暗殺された大統領となるところであったが、遥か後年、1991年に至り遺体の学術調査が行なわれた結果、コレラ説が有力となり、その可能性は否定された。

内閣[編集]

職名 氏名 任期
大統領 ザカリー・テイラー 1849 - 1850
副大統領 ミラード・フィルモア 1849 - 1850
国務長官 ジョン・ミドルトン・クレイトン 1849 - 1850
財務長官 ウィリアム・メレディス 1849 - 1850
陸軍長官 ジョージ・ウォーカー・クロウフォード 1849 - 1850
司法長官 リヴァーディ・ジョンソン 1849 - 1850
郵政長官 ジェイコブ・コラマー 1849 - 1850
海軍長官 ウィリアム・プレストン 1849 - 1850
内務長官 トマス・ユーイング 1849 - 1850
テイラー大統領とその閣僚[12]


関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Taylor's term of service was scheduled to begin on March 4, 1849, but as this day fell on a Sunday, Taylor refused to be sworn in until the following day. Vice President Millard Fillmore was also not sworn in on that day. Most scholars believe that according to the U.S. Constitution, Taylor's term began on March 4, regardless of whether he had taken the oath or not.
  2. ^ a b c d e Whitney, David C; Robin Vaughn Whitney (1993). The American Presidents. The Reader's Digest Association. p. 101. ISBN 1-56865-031-0. 
  3. ^ a b Connor, Seymour V. “Grolier Multimedia Encyclopedia: Taylor, Zachary”. Grolier Multimedia Encyclopedia. 2010年10月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e Zachary Taylor: Life Before the Presidency”. Miller Center of Public Affairs. 2009年1月12日閲覧。
  5. ^ Joyce, C. Alan (2009). The World Almanac and Book of Facts. NY: World Almanac Books. p. 520. ISBN 978-1-60057-105-3. 
  6. ^ Jones, 251
  7. ^ Jones, 252
  8. ^ Jones, 253
  9. ^ Johnson, Caleb (2007年). “Famous Descendants of Mayflower Passengers – Mayflower Ancestry of Zachary Taylor”. 2010年3月10日閲覧。
  10. ^ Hamilton, Holman. “Encyclopedia Americana: Taylor, Zachary”. Encyclopedia Americana. 2008年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月12日閲覧。
  11. ^ * Allison, Harold (©1986, Harold Allison). The Tragic Saga of the Indiana Indians. Turner Publishing Company, Paducah. pp. 89–90. ISBN 0-9380-2107-9. 
  12. ^ 左からジョンソン司法長官メレディス財務長官プレストン海軍長官、テイラー大統領クロウフォード陸軍長官コラマー郵政長官ユーイング内務長官クレイトン国務長官

外部リンク[編集]


公職
先代:
ジェームズ・ポーク
アメリカ合衆国大統領
1849年3月4日 - 1850年7月9日
次代:
ミラード・フィルモア
党職
先代:
ヘンリー・クレイ
ホイッグ党大統領候補
1848年
次代:
ウィンフィールド・スコット