ジェラルド・R・フォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェラルド・R・フォード
Gerald R. Ford
Gerald Ford.jpg

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
第38代大統領
任期 1974年8月9日1977年1月20日
副大統領 ネルソン・ロックフェラー

出生 1913年7月14日
アメリカ合衆国の旗 ネブラスカ州オマハ
死去 2006年12月26日(満93歳没)
アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州ランチョ・ミラージ
政党 共和党
配偶者 ベティ・フォード
署名 Gerald R. Ford signature.png

ジェラルド・ルドルフ・"ジェリー"・フォード・ジュニアGerald Rudolph "Jerry" Ford, Jr.1913年7月14日 - 2006年12月26日[1])は、アメリカ合衆国の政治家。下院議員、第40代副大統領、第38代大統領を歴任。共和党員。血液型はO型。左利き。養子に出て改名するまでの名は、レズリー・リンチ・キング・ジュニアLeslie Lynch King, Jr.)。

1973年スピロ・アグニューが副大統領を辞任した後、大統領指名と上下両院の承認を得て副大統領に就任(初のケース)した。また翌1974年にはリチャード・ニクソンの大統領の辞任をうけて大統領に昇格したため、大統領選挙を経ずに大統領になった。現職で戦った1976年の大統領選には敗れているので、今日までに大統領選に勝利し選出されたことのない、唯一のアメリカ合衆国大統領である。

生い立ち[編集]

レズリー・リンチ・キングとドロシー・エア・ガードナーの夫妻の子供としてネブラスカ州オマハで生まれた。フォードの当初の名前はレズリー・リンチ・キング・ジュニアであった。だが彼が生まれたころから父レズリー・キングは母ドロシーに暴力を振るうようになり、耐えられなくなった彼女は実家へ逃げるように去った。

これだけでも当時の女性としては異例の行動であったが、彼女はさらに夫を訴えた。オマハの裁判所はキングに有罪判決を言い渡した。彼が生まれて2年後両親の離婚が成立し、その後母親はジェラルド・フォードと再婚した。

フォードはその後にジェラルド・ルドルフ・フォード・ジュニアと改名された。フォードはミシガン州で成長し、ミシガン大学に入学した。大学ではフットボール部に所属し、全米代表に選出されるほどの名選手であった。一方で苦学生であった彼は、学費を稼ぐために複数のアルバイトをしていた。フォードは大学卒業後、NFLグリーンベイ・パッカーズデトロイト・ライオンズから誘いを受けたが、イェール大学ロー・スクールに入学し、弁護士資格を取得している。

第二次世界大戦[編集]

日本海軍による真珠湾攻撃によりアメリカが第二次世界大戦に参戦してから5ヵ月後の1942年4月に、フォードは予備役少尉として海軍に入隊した。アナポリス海軍兵学校でのオリエンテーション・プログラムの後に、彼はノースカロライナ州チャペル・ヒルの海軍飛行学校で運動教官になった。

1943年春にフォードは軽空母モンテレー(USS Monterey, CV-26)に着任した。彼は最初に運動管理官および砲術士官として配属された。その後、補助ナビゲーターとして、トラックサイパンおよびフィリピンを含む太平洋でほとんどの作戦に参加した。彼がその任務で最も死の危険に近づいたのは1944年12月のフィリピン海で、それは敵である日本海軍によるものではなく巨大な台風によるものだった。[2]モンテレーは嵐と火災による破損で任務を解かれ、フォードは戦争の残りを陸上任務で過ごし、戦争終結後の1946年2月に少佐として除隊された。

下院院内総務[編集]

フォードは1949年から1973年まで24年間下院議員で、1965年には下院の院内総務になった。前年の1964年の選挙で、共和党は下院での議席を減らした。当時の院内総務はインディアナ州選出の長老、チャールズ・ハレック下院議員であった。

フォードは党の若返りを図ろうとするチャールズ・グッデル下院議員、ドナルド・ラムズフェルド下院議員ら若手のリーダー格であり、彼らに推され院内総務選挙に挑戦、勝利した。下院時代に、フォードはジョン・F・ケネディ大統領の暗殺原因を調査、また関する噂を押さえるために設立された特別対策本部、ウォーレン委員会のメンバーに選ばれた。委員会は、リー・ハーヴェイ・オズワルドが単独で暗殺を実行したと結論を下した。

また、フォードは1964年のジョンソン政権下で成立した公民権法及び1965年の投票権法の成立に大きな役割を果たした。公民権問題に関してはジョンソン政権に協力する一方、大統領の「偉大な社会」計画の大半には下院共和党のリーダーとして反対の先頭に立った。フォードは共和党の上院院内総務であるエヴァレット・ダークセン上院議員と共にテレビに定期的に出演し、ジョンソン政権の政策に代わる共和党の政策をアピールした。この番組は大きな反響を呼んだ。

副大統領職[編集]

1973年、州知事時代の収賄罪が確定したことを受けてスピロ・アグニュー副大統領が辞職すると、同年10月10日にニクソン大統領はフォードを副大統領に指名した。その後上下両院の承認をうけて(上院は11月27日に賛成92対反対3で承認、下院は12月6日に賛成387対反対35で承認)、フォードは第40代副大統領に就任した。これはケネディ大統領暗殺を契機に1967年に制定された合衆国憲法修正第二十五条(大統領が欠けた時の副大統領の昇格、ならびに副大統領が欠けたときの新副大統領の任命に関する規定)が適用された初めてのケースとなった(大統領による任期半ばでの新副大統領指名はこのフォードと、後にフォード自身が指名することになるネルソン・ロックフェラーの二例があるのみ)。

大統領職[編集]

大統領としてのポートレート
ブレジネフ書記長
1974年フォードはソ連の最高指導者とウラジオストクで会談を行った
SALT I に調印するフォードとブレジネフ
初訪米した昭和天皇香淳皇后夫妻をエスコートするフォード夫妻
ホワイトハウスのスタッフと
左からディック・チェイニー大統領首席補佐官(元・副大統領)、ドナルド・ラムズフェルド国防長官(元・国防長官)

ニクソンがウォーターゲート事件の結果辞職すると、フォードは大統領に昇格、「私たちの長い悪夢は終わった」という有名な言葉を残した。しかしその一ヵ月後、フォードは、「ニクソンが犯した、または犯した可能性がある、すべての犯罪行為に対し、全面的な大統領特別恩赦を与える」と発表した。歴史家はこの恩赦が1976年の大統領選挙敗北につながったと見ている。政治評論家は1976年秋、10月6日の二回目のTV討論での失言が大統領選の敗北につながったと見ており、世論調査専門家のジョージ・ギャラップは「選挙戦の決定的瞬間」と述べた。

ウォーターゲート事件の影響で、1974年中間選挙では民主党が上下両院で大幅に議席を増やし、立法府と行政府のねじれが生じた。フォードは民主党多数議会が可決した多くの法案に拒否権を行使して争った。

フォードは、さらにマヤグエース号事件で外交危機に直面した。1975年5月に、クメール・ルージュカンボジアで政権をとった直後、カンボジア領海でクメール・ルージュ軍が、アメリカ国商船マヤグエース号(SS Mayaguez 乗員37名)を拿捕した。フォードは、乗組員救出のために海兵隊を派遣した。しかしながら救助の海兵隊員は誤った島に上陸し抵抗を受け、18名の隊員の命が失われた。

1975年9月5日カリフォルニア州サクラメントで、アナーキストチャールズ・マンソンの信奉者、リネット・“スキーキー” ・フロムがフォードに銃を向けたが、シークレット・サービスによって暗殺は防がれた。その17日後の9月22日に、サラ・ジェーン・ムーアサンフランシスコでフォードに発砲したが、銃撃はオリヴァー・シップルによって妨がれた。

なおフォードは、1974年11月18日に現職のアメリカ大統領として初めて日本を公式訪問し、昭和天皇と謁見した。また1975年には天皇として初訪米した昭和天皇を迎えている。

内閣[編集]

職名 氏名 任期
大統領 ジェラルド・フォード 1974 - 1977
副大統領 ネルソン・ロックフェラー 1974 - 1977
国務長官 ヘンリー・キッシンジャー 1974 - 1977
財務長官 ウィリアム・E・サイモン 1974 - 1977
国防長官 ジェームズ・R・シュレシンジャー 1974 - 1975
  ドナルド・ラムズフェルド 1975 - 1977
司法長官 ウィリアム・サクスビー 1974 - 1975
  エドワード・レヴィ 1975 - 1977
内務長官 ロジャーズ・モートン 1974 - 1975
  スタンリー・K・ハサウェイ 1975
  トーマス・サヴィグ・クレピー 1975 - 1977
農務長官 アール・ラウアー・バッツ 1974 - 1976
  ジョン・アルバート・ネブル 1976 - 1977
商務長官 フレデリック・B・デント 1974 - 1975
  ロジャーズ・モートン 1975
  エリオット・リチャードソン 1975 - 1977
労働長官 ピーター・J・ブレナン 1974 - 1975
  ジョン・T・ダンロップ 1975 - 1976
  ウィリアム・アーゼリー・ジュニア 1976 - 1977
保健教育福祉長官 キャスパー・ワインバーガー 1974 - 1975
  フォレスト・デイヴィッド・マシューズ 1975 - 1977
住宅都市開発長官 ジェイムズ・トマス・リン 1974 - 1975
  カーラ・アンダーソン・ヒルズ 1975 - 1977
運輸長官 クロード・ブリンガー 1974 - 1975
  ウィリアム・T・コールマン・ジュニア 1975 - 1977


評価[編集]

政治家としてのフォードは清廉潔白で、個人的にも素朴で誠実な人柄であった。自分を評して「私はフォード(フォード・モデルT)であって、リンカーンフォード・モーター高級車ブランド)ではない」とも語っている。そうした彼の姿は、大統領としての能力はともかく、ウォーターゲート事件で失墜したホワイトハウスへの信頼の回復には大きく役立った。

しかしフォードは学生時代にフットボールに打ち込んだように運動神経が低かったわけではないにもかかわらず、「運動神経が悪い、不器用な大統領」として揶揄された。実際にフォードは、階段でつまずいたり、エアフォースワンの入り口で頭をぶつけたり、タラップを滑り落ちるなど、ちょっとしたアクシデントが不幸にもメディアに撮影されて話題となった。

これをサタデー・ナイト・ライブチェビー・チェイスが、「落ちたり何かを壊したりせずには一歩も進むことができない人」としてしきりとコントで取り上げたので、これがフォードのイメージとして定着してしまった。フォード個人を知る者たちは、フォードがそれほど不器用な人間ではないとしてこうしたステレオタイプを非難した。

ある意味戦時以上に難しい国家運営を求められた時期にあって、フォード政権の支持率は決して高くなかったものの、フォードを下して1977年大統領に就任したジミー・カーター、また2006年フォードの訃報に接したジョージ・H・W・ブッシュはいずれも、失墜した大統領職の権威回復に尽力したフォードの功績を賞賛している。

フォードが大統領時代に補佐官として起用したラムズフェルドとチェイニーは少なからずフォード、キッシンジャーと対立したが、ブッシュ政権に於いて国防長官・副大統領という要職を占め、リベラル派の定義するところの「ネオコン派」となり、イラク戦争を主導した。しかしフォードは対イラク開戦直後、戦争の正当性を否定すると共に「大きな過ちを犯した」「すばらしい部下だったが好戦的になった」と両者を厳しく批判するコメントを発していたことが死後明らかにされた。

1976年の大統領選[編集]

フォードのニクソンに対する恩赦と、オイルショックやベトナム戦争終結後の不況による持続的な経済問題が、1976年の大統領選挙に於いてとフォードと共和党が代償を支払う原因になったと考えられている。さらにフォードの選挙戦活動は、その年のロナルド・レーガンの共和党内指名に対する強い挑戦によって妨げられた。

フォードは選挙戦中に「東ヨーロッパソビエトの占領下にない」という趣旨の発言をし、第二次世界大戦後から続く冷戦下でソビエト連邦の過酷な軍事支配(事実上の占領下)にあえぐ東ヨーロッパ諸国を憂慮している多くの保守派だけでなく、穏健派からの反発を招くなど大きな失策となった。

さらに、副大統領候補だったボブ・ドールが「今世紀に起こった戦争はすべて民主党が起こした」と発言したことも民主党を刺激しただけでなく、無党派層にもマイナスに作用した。

この様なマイナス要素があったにもかかわらず、勝利州数ではフォード27州対カーター23州(とワシントンD.C.)と、民主党候補のジミー・カーターを上回った上に、大票田のカリフォルニア州やイリノイ州を押さえることに成功した。さらに得票率がフォード48.0%対カーター50.1%と、わずか2パーセント以内に収まるという僅差になったが、いずれにしても最終的にはジミー・カーターに敗れ、政権を民主党に奪われる結果となった。

1980年の大統領選[編集]

1980年の大統領選では、共和党全国大会においてフォードは大統領候補のロナルド・レーガンの下の副大統領候補として指名されることになっていた。しかしながら、副大統領候補の指名決定日に、レーガンは考えを変更し、後に大統領となったジョージ・H・W・ブッシュを選んだ。

栄誉[編集]

フォード大統領博物館にあるフォードの墓

フォードはウォーターゲート事件後の国家再建努力で、1999年にビル・クリントン大統領によって自由勲章を与えられた。ミシガン州グランドラピッズジェラルド・R・フォード国際空港は彼にちなんで命名された。また、合衆国海軍は、2015年頃に就役を予定している次世代型原子力空母ジェラルド・R・フォード級航空母艦の1番艦に、ジェラルド・R・フォードの名を冠することを決定した。彼の功績の記録や個人的資料を集めた大統領図書館アナーバーに、大統領博物館がグランドラピッズにある。

フォードは2006年11月12日にレーガンの93歳120日の記録を抜き、アメリカ合衆国大統領経験者としては歴代最長寿となった。2006年12月26日に死去したため、記録は93歳165日となった。

2007年1月2日(現地時間)にワシントン大聖堂で国葬が行われた。ジョージ・W・ブッシュ大統領、ビル・クリントン前大統領、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領、ジミー・カーター元大統領などが参列した。1月3日、故郷グランドラピッズのフォード大統領博物館に埋葬された。

エピソード[編集]

息子のスティーブン・フォードは「スターシップトルーパーズ」や「ブラックホーク・ダウン」等で脇役俳優として活躍している。

[編集]

  1. ^ “Former President Gerald Ford Dies”. CBS News Interactive. (2006年12月26日). http://cbs2.com/politics/politicsnational_story_227195601.html 2006年12月26日閲覧。 
  2. ^ ウィリアム・ハルゼー#台風との因縁参照。

外部リンク[編集]


先代:
チャールズ・ハレック
下院少数党院内総務
1965 - 1973
次代:
ジョン・ローズ
先代:
スピロ・アグニュー
アメリカ合衆国副大統領
1973 - 1974
次代:
ネルソン・ロックフェラー
先代:
リチャード・ニクソン
アメリカ合衆国大統領
1974 - 1977
次代:
ジミー・カーター