ヘンリー・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・ウィルソン
Henry Wilson
Henry Wilson, US Vice President, photo portrait seated.jpg

アメリカ合衆国
18代副大統領
任期 1873年3月4日1875年11月22日

出生 1812年2月16日
ニューハンプシャー州ファーミントン
死去 1875年11月22日
ワシントンD.C.
政党 共和党

ヘンリー・ウィルソン(Henry Wilson, 1812年2月16日 - 1875年11月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。マサチューセッツ州選出上院議員および第18代アメリカ合衆国副大統領

ウィルソンはニューハンプシャー州ファーミントンでエレミヤ・ジョーンズ・コルバス(Jeremiah Jones Colbath)として生まれた。1833年に彼はヘンリー・ウィルソンへ改名した。同じ年にマサチューセッツ州ネーティックへ移り住み、靴屋として働いた。ウィルソンはいくつかの地方の学校に入学し、ネーティックで教育を受け後に同地で靴の製造業に従事した。彼は1841年から1852年まで州議会議員となり、1848年から1851年までボストン・リパブリカン紙のオーナーおよび編集者であった。

ウィルソンは1852年の下院議員選に落選した。1853年に州憲法制定会議の代表となり、同年のマサチューセッツ州知事選に出馬したが落選した。1855年に上院議員エドワード・エヴェレットの辞職によって生じた補欠選挙で自由土地党アメリカン党民主党連合の候補として当選し、1859年1865年および1871年共和党員として再選された。彼は上院議員職を1855年1月31日から1873年3月3日まで務め、副大統領になるため上院議員を辞職した。彼は軍事委員会および民兵委員会の議長であった。1861年に彼はマサチューセッツ義勇兵第22連隊を組織し指揮した。

ウィルソンはユリシーズ・S・グラント大統領とともに共和党の副大統領候補に選ばれ、1873年3月4日からワシントンD.C.の国会議事堂で死去するまで同職を務めた。彼はネーティックのオールド・デル・パーク墓地に埋葬された。