アメリカ合衆国副大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国副大統領
US Vice President Seal.svg
副大統領紋章

Joe Biden official portrait crop.jpg

現職者:
ジョー・バイデン
就任日: 2009年1月20日
初代 ジョン・アダムズ
設置日 1789年4月20日
大統領権限
継承順位
第1位
アメリカ合衆国

アメリカ合衆国の政治



その他の国 · 地図

アメリカ合衆国副大統領(アメリカがっしゅうこくふくだいとうりょう、Vice President of the United States、略称:VPOTUS、通称:VP(ヴィーピー)・Veep(ヴィープ))は、アメリカ合衆国行政府を代表する第2位の官職である。

職務[編集]

大統領一般教書演説において上院議長として会議を主宰するディック・チェイニー副大統領(写真左、2007年)

大統領が死去・辞任・免職などにより欠けた場合は、副大統領が大統領に昇格する[1]。事故・病気などにより大統領が一時的に職務遂行不能になった場合は、副大統領が臨時に大統領権限を代行する。

副大統領はまた上院議長を兼務し、可否同数の場合のみ均衡を破る1票 (議長決裁票、tie breaking votes) を投じる。ただし副大統領は上院議員ではないので、今日では実際に上院本会議場に赴いて議事進行を司ったり採決に加わったりすることは稀であるが、皆無ではない(通常の議事進行は上院仮議長代行が行う)[2]。議院規則により、議論に参加することはできない。今日でも、大統領の一般教書演説などが行なわれる上下両院合同会議が開かれるときに下院本会議場で下院議長と共に務める共同議長の役目は、副大統領の議事進行の姿として広く認知されている。また、大統領選挙の選挙人投票結果は各州より上院議長としての副大統領に送付され、両院合同会議で副大統領自身の議事進行により集計・認証する。この際、副大統領自身が大統領候補もしくは副大統領候補であっても、それを理由として任務を上院仮議長等に委ねることはない。

位置付け[編集]

H・W・ブッシュ副大統領(前列中央右)とレーガン大統領(同左)と閣僚たち

かつて副大統領職は、初代副大統領のジョン・アダムズが「人類の作った最も不要な職」と嘆いたほどの閑職だった。政府の政策への関与は小さく、ハリー・トルーマン副大統領は1945年の大統領昇格時に初めて自国の原爆開発プロジェクトの存在を知らされたほどだった。大統領補佐官たちのオフィスがホワイトハウスウエストウイングにある大統領執務室と同棟に設けられているのに対し、副大統領府はウエストウイングから小道を挟んだ別棟のアイゼンハワー行政府ビルに設けられているのは象徴的である。

しかし近年では行政権の肥大化によって過重となった大統領の職責を分担していく傾向にあり、アル・ゴア副大統領は通信政策改革や環境政策等を担当した。さらにディック・チェイニー副大統領は当初より将来における大統領選への不出馬を表明し、実務担当を公言してホワイトハウス入りし、オフィスも例外的にウエストウイング内に構えている。公邸は1974年よりアメリカ海軍天文台内に設けられた。

選出[編集]

選挙活動中のバイデン副大統領候補夫妻(右)とオバマ大統領候補夫妻(左)

四年ごとの大統領選挙の年は、年明けから各州で予備選党員集会が行われ、春過ぎごろには大統領候補指名を獲得するために必要な全国党大会代議員の過半数または大多数を得た候補が明らかになってくる。大統領候補指名の獲得が確実になると、その候補は夏の全国党大会に先立って「ランニングメイト (running mate、伴走候補とも)」と呼ばれる副大統領候補を発表する[3]。ただし代議員獲得数が複数の候補間で大きく割れて明らかな本命がいない場合には、党大会における代議員投票で実際に大統領候補を選出して指名を行うまで、副大統領候補も決まらない。大統領候補が正式に指名されると、その候補は自分の副大統領候補を正式に発表する。

こうして大統領選は本番を迎えるが、副大統領候補となった者は多くの場合知名度で大統領候補に大きく引けを取るので、選挙戦の前半は文字通り大統領の伴走者として二人三脚で各地を転戦し、顔と名前を売ることに務めることになる。

大統領選挙は形式の上では間接選挙であるため、11月第1月曜日の翌日の一般投票日に有権者が票を投じるのは、それぞれ特定の「大統領候補と副大統領候補のペア」への投票をあらかじめ誓約している選挙人団に対してである[4]。したがって大統領候補と副大統領候補の一般投票での得票は同数とみなされ、大統領候補が当選すれば、その副大統領候補も当選者となる。選挙人による投票で過半数を得た候補がない場合、副大統領は副大統領候補の高得票者2名から上院で選出される。

このように、固有の職務をになう複数の候補が組み合わせとして単一投票の候補者となっていることを、「チケット (ticket)」という。通常副大統領候補には大統領候補と支持基盤、政策、キャラクターなどが異なる人物が選ばれ、大統領候補の弱点を補完することになる。大統領候補と副大統領候補が夢の組み合わせのような場合には、これを特に「ドリームチケット」という[5]

副大統領が死去・辞任・免職などにより欠けた場合は、大統領の指名と上下両院の過半数の承認をもって、新副大統領が就任する[6]。2度の例があり、いずれも共和党所属の大統領が、民主党支配の両院の同意を得て、中道寄りの共和党員を副大統領に指名した事例である。

これまではプロテスタント白人(広義のWASP)男性が選出されてきたが、2008年にはローマ・カトリックの白人男性であるジョー・バイデンが当選した。プロテスタント白人男性以外の2大政党指名候補としては、カトリック白人女性のジェラルディン・フェラーロ英語版ユダヤ教白人男性のジョー・リーバーマン、プロテスタント白人女性のサラ・ペイリンがいる。

資格[編集]

合衆国憲法修正12条は副大統領に大統領と同様の資格を求めており、生まれながらにしての合衆国市民であり、通算14年以上合衆国に居住する、35歳以上の者に副大統領としての資格がある。

また修正22条は大統領の3選を禁止しているが、大統領を2期務めた者がその後副大統領になることができるかどうかについては、憲法に規定がない。

一般に憲法学者は、修正22条が禁じているのは「大統領に3回以上選ばれること」であって「大統領職を3期以上務めること」ではないので、大統領を2期務めた者がその後副大統領になり、さらにその後大統領に昇格してもう1期務めることは、憲法上は可能だとしている。

2000年の大統領選挙では、共和党のジョージ・W・ブッシュ候補相手に苦戦が予想されていた民主党のアル・ゴア候補に対して、伴走候補に退任を控えたクリントン大統領を推す案が取りざたされた。冷めやらぬクリントン人気をもってすれば勝利確実のドリームチケットと期待する向きも多かったが、脱クリントン色を願うゴア候補はこれに乗らず、結局副大統領候補にはジョー・リーバーマン上院議員を指名、選挙では力及ばず惜敗している。

なお大統領が死亡するなど、職務不能時に大統領に昇格した場合。前大統領の任期が残り2年以内であれば、その後の大統領選挙に2度挑戦できる。つまり、アメリカ合衆国大統領は最高で10年出来ることになる。(憲法修正第22条

歴代副大統領一覧[編集]

肖像 副大統領 就任 退任 政党 大統領
1 ジョン・アダムズ ジョン・アダムズ
John Adams
1789年4月21日 1797年3月4日 連邦党 ジョージ・ワシントン
2 トーマス・ジェファーソン トーマス・ジェファーソン
Thomas Jefferson
1797年3月4日 1801年3月4日 民主共和党 ジョン・アダムズ
3 アーロン・バー アーロン・バー
Aaron Burr
1801年3月4日 1805年3月4日 民主共和党 トーマス・ジェファーソン
4 ジョージ・クリントン ジョージ・クリントン
George Clinton
1805年3月4日 1812年4月20日死去 民主共和党 トーマス・ジェファーソン
ジェームズ・マディスン
(不在) 1812年4月20日 1813年3月4日 ジェームズ・マディスン
5 エルブリッジ・ゲリー エルブリッジ・ゲリー
Elbridge Gerry
1813年3月4日 1814年11月23日死去 民主共和党 ジェームズ・マディスン
(不在) 1814年11月23日 1817年3月4日 ジェームズ・マディスン
6 ダニエル・トンプキンズ ダニエル・トンプキンズ
Daniel D. Tompkins
1817年3月4日 1825年3月4日 民主共和党 ジェームズ・モンロー
7 ジョン・カルフーン ジョン・カルフーン
John Caldwell Calhoun
1825年3月4日 1832年12月28日辞任 民主共和党 ジョン・クィンシー・アダムズ
アンドリュー・ジャクソン
(不在) 1832年12月28日 1833年3月4日 アンドリュー・ジャクソン
8 マーティン・ヴァン・ビューレン マーティン・ヴァン・ビューレン
Martin Van Buren
1833年3月4日 1837年3月4日 民主党 アンドリュー・ジャクソン
9 リチャード・メンター・ジョンソン リチャード・メンター・ジョンソン
Richard Mentor Johnson
1837年3月4日 1841年3月4日 民主党 マーティン・ヴァン・ビューレン
10 ジョン・タイラー ジョン・タイラー
John Tyler
1841年3月4日 1841年4月4日昇格 ホイッグ党 ウィリアム・ハリソン
(不在) 1841年4月4日 1845年3月4日 ジョン・タイラー
11 ジョージ・ダラス ジョージ・ダラス
George Mifflin Dallas
1845年3月4日 1849年3月4日 民主党 ジェームズ・ポーク
12 ミラード・フィルモア ミラード・フィルモア
Millard Fillmore
1849年3月4日 1850年7月9日昇格 ホイッグ党 ザカリー・テイラー
(不在) 1850年7月9日 1853年3月4日 ミラード・フィルモア
13 ウィリアム・キング ウィリアム・キング
William Rufus de Vane King
1853年3月4日 1853年4月18日死去 民主党 フランクリン・ピアース
(不在) 1853年4月18日 1857年3月4日 フランクリン・ピアース
14 ジョン・ブレッキンリッジ ジョン・ブレッキンリッジ
John Cabell Breckinridge
1857年3月4日 1861年3月4日 民主党 ジェームズ・ブキャナン
15 ハンニバル・ハムリン ハンニバル・ハムリン
Hannibal Hamlin
1861年3月4日 1865年3月4日 共和党 エイブラハム・リンカーン
16 アンドリュー・ジョンソン アンドリュー・ジョンソン
Andrew Johnson
1865年3月4日 1865年4月15日昇格 民主党 エイブラハム・リンカーン
(不在) 1865年4月15日 1869年3月4日 アンドリュー・ジョンソン
17 スカイラー・コルファクス スカイラー・コルファクス
Schuyler Colfax
1869年3月4日 1873年3月4日 共和党 ユリシーズ・グラント
18 ヘンリー・ウィルソン ヘンリー・ウィルソン
Henry Wilson
1873年3月4日 1875年11月22日死去 共和党 ユリシーズ・グラント
(不在) 1875年11月22日 1877年3月4日 ユリシーズ・グラント
19 ウィリアム・A・ウィーラー ウィリアム・A・ウィーラー
William Almon Wheeler
1877年3月4日 1881年3月4日 共和党 ラザフォード・ヘイズ
20 チェスター・A・アーサー チェスター・A・アーサー
Chester Alan Arthur
1881年3月4日 1881年9月19日昇格 共和党 ジェームズ・ガーフィールド
(不在) 1881年9月19日 1885年3月4日 チェスター・A・アーサー
21 トーマス・A・ヘンドリックス トーマス・A・ヘンドリックス
Thomas Andrews Hendricks
1885年3月4日 1885年11月25日死去 民主党 グロバー・クリーブランド
(不在) 1885年11月25日 1889年3月4日 グロバー・クリーブランド
22 リーヴァイ・モートン リーヴァイ・モートン
Levi Parsons Morton
1889年3月4日 1893年3月4日 共和党 ベンジャミン・ハリソン
23 アドレー・E・スティーブンソン アドレー・E・スティーブンソン
Adlai Ewing Stevenson
1893年3月4日 1897年3月4日 民主党 グロバー・クリーブランド
24 ギャレット・A・ホーバート ギャレット・A・ホーバート
Garret Augustus Hobart
1897年3月4日 1899年11月21日死去 共和党 ウィリアム・マッキンリー
(不在) 1899年11月21日 1901年3月4日 ウィリアム・マッキンリー
25 セオドア・ルーズベルト セオドア・ルーズベルト
Theodore Roosevelt II
1901年3月4日 1901年9月14日昇格 共和党 ウィリアム・マッキンリー
(不在) 1901年9月14日 1905年3月4日 セオドア・ルーズベルト
26 チャールズ・W・フェアバンクス チャールズ・W・フェアバンクス
Charles Warren Fairbanks
1905年3月4日 1909年3月4日 共和党 セオドア・ルーズベルト
27 ジェームズ・S・シャーマン ジェームズ・S・シャーマン
James Schoolcraft Sherman
1909年3月4日 1912年10月30日死去 共和党 ウィリアム・タフト
(不在) 1912年10月30日 1913年3月4日 ウィリアム・タフト
28 トーマス・R・マーシャル トーマス・R・マーシャル
Thomas Riley Marshall
1913年3月4日 1921年3月4日 民主党 ウッドロウ・ウィルソン
29 カルビン・クーリッジ カルビン・クーリッジ
John Calvin Coolidge, Jr.
1921年3月4日 1923年8月2日昇格 共和党 ウォレン・ハーディング
(不在) 1923年8月2日 1929年3月4日 カルビン・クーリッジ
30 チャールズ・ドーズ チャールズ・ドーズ
Charles Gates Dawes
1925年3月4日 1929年3月4日 共和党 カルビン・クーリッジ
31 チャールズ・カーティス チャールズ・カーティス
Charles Curtis
1929年3月4日 1933年3月4日 共和党 ハーバート・フーヴァー
32 ジョン・N・ガーナー ジョン・N・ガーナー
John Nance Garner
1933年3月4日 1941年1月20日 民主党 フランクリン・ルーズベルト
33 ヘンリー・A・ウォレス ヘンリー・A・ウォーレス
Henry Agard Wallace
1941年1月20日 1945年1月20日 民主党 フランクリン・ルーズベルト
34 ハリー・S・トルーマン ハリー・S・トルーマン
Harry S. Truman
1945年1月20日 1945年4月12日昇格 民主党 フランクリン・ルーズベルト
(不在) 1945年4月12日 1949年1月20日 ハリー・S・トルーマン
35 アルバン・W・バークリー アルバン・W・バークリー
Alben William Barkley
1949年1月20日 1953年1月20日 民主党 ハリー・S・トルーマン
36 リチャード・ニクソン リチャード・ニクソン
Richard Milhouse Nixon
1953年1月20日 1961年1月20日 共和党 ドワイト・D・アイゼンハワー
37 リンドン・ジョンソン リンドン・ジョンソン
Lyndon Baines Johnson
1961年1月20日 1963年11月22日昇格 民主党 ジョン・F・ケネディ
(不在) 1963年11月22日 1965年1月20日 リンドン・ジョンソン
38 ヒューバート・H・ハンフリー ヒューバート・H・ハンフリー
Hubert Horatio Humphrey II
1965年1月20日 1969年1月20日 民主党 リンドン・ジョンソン
39 スピロ・アグニュー スピロ・アグニュー
Spiro Theodore Agnew
1969年1月20日 1973年10月10日辞任 共和党 リチャード・ニクソン
(不在) 1973年10月10日 1973年12月6日 リチャード・ニクソン
40 ジェラルド・R・フォード ジェラルド・R・フォード
Gerald Rudolph "Jerry" Ford, Jr.
1973年12月6日 1974年8月9日昇格 共和党 リチャード・ニクソン
(不在) 1974年8月9日 1974年12月19日 ジェラルド・R・フォード
41 ネルソン・ロックフェラー ネルソン・ロックフェラー
Nelson Aldrich Rockefeller
1974年12月19日 1977年1月20日 共和党 ジェラルド・R・フォード
42 ウォルター・モンデール ウォルター・モンデール
Walter Frederick "Fritz" Mondale
1977年1月20日 1981年1月20日 民主党 ジミー・カーター
43 ジョージ・H・W・ブッシュ ジョージ・H・W・ブッシュ
George Herbert Walker Bush
1981年1月20日 1989年1月20日 共和党 ロナルド・レーガン
44 ダン・クエール ダン・クエール
James Danforth "Dan" Quayle III
1989年1月20日 1993年1月20日 共和党 ジョージ・H・W・ブッシュ
45 アル・ゴア アル・ゴア
Albert Arnold "Al" Gore, Jr.
1993年1月20日 2001年1月20日 民主党 ビル・クリントン
46 ディック・チェイニー ディック・チェイニー
Richard Bruce "Dick" Cheney
2001年1月20日 2009年1月20日 共和党 ジョージ・W・ブッシュ
47 ジョセフ・バイデン ジョー・バイデン
Joseph Robinette "Joe" Biden, Jr.
2009年1月20日 民主党 バラク・オバマ

各種記録[編集]

1963年11月22日、大統領専用機上で宣誓式を行い大統領に昇格する副大統領リンドン・ジョンソン(中央)と証人を務めるジャクリーン・ケネディ(右)
大統領に昇格した副大統領
  1. ジョン・タイラー: 1841年4月4日、ウィリアム・ヘンリー・ハリソン大統領病死により昇格。
  2. ミラード・フィルモア: 1850年7月9日、テイラー大統領病死により昇格。
  3. アンドリュー・ジョンソン: 1863年4月15日、リンカーン大統領暗殺により昇格。
  4. チェスター・アーサー: 1881年9月20日、ガーフィールド大統領暗殺により昇格。
  5. セオドア・ルーズベルト: 1901年9月14日、マッキンリー大統領暗殺により昇格。
  6. カルヴァン・クーリッジ: 1923年8月3日、ハーディング大統領病死により昇格。
  7. ハリー・トルーマン: 1945年4月12日、フランクリン・ルーズベルト大統領病死により昇格。
  8. リンドン・ジョンソン: 1963年11月22日、ケネディ大統領暗殺により昇格。
  9. ジェラルド・フォード: 1974年8月9日、ニクソン大統領辞任により昇格。
大統領権限を一時的に委譲された副大統領
  1. ジョージ・H・W・ブッシュ: レーガン大統領の全身麻酔を必要とする大腸ポリープ摘出手術に伴い、1985年7月13日、約8時間にわたって大統領権限を臨時代行。
  2. ディック・チェイニー: ジョージ・W・ブッシュ大統領の全身麻酔を必要とする大腸内視鏡検査に伴い、2002年6月29日、約2時間にわたって大統領権限を臨時代行。
在任中死去した副大統領
  1. ジョージ・クリントン: 1812年死去。
  2. エルブリッジ・ゲリー: 1814年死去。
  3. ウィリアム・キング: 1853年死去。
  4. ヘンリー・ウィルソン: 1875年死去。
  5. トマス・ヘンドリックス: 1885年死去。
  6. ギャレット・ホーバート: 1899年死去。
  7. ジェームズ・シャーマン: 1912年死去。
辞任した副大統領
1975年1月15日、上下両院合同本会議で一般教書演説を行なう大統領ジェラルド・R・フォード(手前)と、上院議長として共同議長を務める副大統領ネルソン・ロックフェラー(後方左)、同じく共同議長を務める下院議長カール・B・アルバート(後方右)
  1. ジョン・カルフーン: 1832年、出身地選出の上院議員に空席が生じたため、これを補填するため上院に転出し副大統領を辞任。
  2. スピロ・アグニュー: 1973年、州知事時代の収賄罪が確定したのを受けて副大統領を辞任。
在任中に次期大統領選に当選した副大統領
  1. ジョン・アダムズ: 副大統領を2期務め、1796年の大統領選で勝利。
  2. トマス・ジェファソン: 副大統領を1期務め、1800年の大統領選で勝利[7]
  3. マーティン・ヴァンビューレン: 副大統領を1期務め、1836年の大統領選で勝利。
  4. ジョージ・H・W・ブッシュ: 副大統領を2期務め、1988年の大統領選で勝利[8]
退任後間をおいて大統領選に当選した元副大統領
  1. リチャード・ニクソン: 副大統領を2期務め、1960年の大統領選に出馬するも敗北。8年間の雌伏の後、1968年の大統領選に再出馬して勝利。
大統領指名により就任した副大統領
  1. ジェラルド・フォード: アグニュー副大統領の辞任に伴い、ニクソン大統領による指名と上下両院の承認を得て、1973年に副大統領に就任。
  2. ネルソン・ロックフェラー: フォード副大統領の大統領昇格に伴い、フォード大統領による指名と上下両院の承認を得て、1974年に副大統領に就任。
二人の大統領の下での副大統領
  1. ジョージ・クリントン: ジェファソン大統領とマディソン大統領の下で副大統領。
  2. ジョン・カルフーン: ジョン・クィンシー・アダムズ大統領とジャクソン大統領の下で副大統領。
事実上更迭された副大統領

現職大統領が再選を目指す大統領選で副大統領候補を差し替えたことは過去に6例を数えるが、そのうちの5例までが事実上の更迭となっている[9]

  1. アーロン・バー: ジェファソン大統領の1期目の副大統領。1期目終了の後、ニューヨーク州知事選挙に出馬を表明。このバーの2期目不出馬のみが更迭ではないが、一方でジェファソンも慰留はしていない[10]
  2. ハンニバル・ハムリン: リンカーン大統領の1期目の副大統領。リンカーンは急進派のハムリンと反りが合わなくなり、事実上の更迭となる。
  3. スカイラー・コルファクス: グラント大統領の1期目の副大統領。在任中に起きた公共事業不正発注疑惑への関与が疑われ、事実上の更迭となる。
  4. リーヴァイ・モートン: ベンジャミン・ハリソン大統領の副大統領。在任中に上院が与野党同数となったが、公正中立を掲げるモートンはなかなか議長決裁権を与党側に有利な形で行使しなかったため、大統領との関係が冷却、事実上の更迭となる。新しい副大統領候補で大統領選挙に臨んだハリソンは敗北している。
  5. ジョン・ガーナー: フランクリン・ルーズベルト大統領の1期目と2期目の副大統領。ルーズベルトの3選出馬に反対して、事実上の更迭となる。ガーナーは自ら民主党の大統領候補指名争いに名乗りを上げるが、力及ばず予備選の段階で敗北。
  6. ヘンリー・ウォレス: フランクリン・ルーズベルト大統領の3期目の副大統領。当初ウォレスは副大統領としては異例の要職を任されるなどルーズベルトの信頼が厚かったが、後に意見が衝突、事実上の更迭となる[11]
在任が最長の副大統領
1969年1月20日の就任式にて、前列左から、退任する大統領リンドン・ジョンソン(第37代副大統領)、就任を数分後に控えた新大統領リチャード・ニクソン(第36代副大統領)、2人おいて、宣誓する新副大統領スピロ・アグニュー(第39代副大統領)、退任する副大統領ヒューバート・H・ハンフリー(第38代副大統領)。いずれも副大統領経験者である

いずれも在任2期8年を務めあげている。

在任が最短の副大統領
  • ジョン・タイラー: ウィリアム・ヘンリー・ハリソン大統領が極寒の中で強行した就任演説が元でが風邪をこじらせ、間もなく肺炎により死去したことから、副大統領在任わずか31日で大統領に昇格。
最年長の副大統領
最年少の副大統領
在任中に人を銃撃した副大統領
  1. ディック・チェイニー: 2006年2月11日、友人の弁護士ハリー・ウィッティングトンを狩猟中に誤射。ウィッティングトンは顔面を中心に150〜200発の散弾を受け緊急入院、14日には軽い心臓発作に見舞われるが回復、17日に無事退院。誤射の原因は酒に酔った状態での射撃とされる。ちなみにチェイニーは青年時代に飲酒運転による逮捕歴がある。
ノーベル平和賞を受賞した副大統領
  1. セオドア・ルーズベルト: 大統領に昇格後の1906年に受賞(日露戦争の調停と講和会議の斡旋)。
  2. チャールズ・ドーズ: 副大統領在任中の1925年に受賞(第一次世界大戦後のドイツ経済を回復・安定させる計画の研究)。
  3. アル・ゴア: 副大統領を退任後の2007年に受賞(講演や著書『不都合な真実』などによる環境問題の啓蒙活動)。
存命の元副大統領

2011年2月末現在。副大統領は退任後も儀礼上は副大統領の接遇を受け「ミスター・ヴァイス・プレジデント」と呼ばれる。

  1. ウォルター・モンデール: 第42代副大統領。
  2. ジョージ・H・W・ブッシュ: 第43代副大統領(のち大統領に当選したため、儀礼上の接遇は大統領、呼称は「ミスター・プレジデント」)。
  3. ダン・クエール: 第44代副大統領。
  4. アル・ゴア: 第45代副大統領。
  5. ディック・チェイニー: 第46代副大統領。

注釈[編集]

  1. ^ 合衆国憲法修正25条第1節
  2. ^ ただし副大統領は上院議長として1960年代初頭までは日常的に上院本会議の議事進行を司っていた。副大統領に上院議員出身の者が圧倒的に多い一因もここにある。しかし第二次世界大戦終盤の1945年と冷戦中の1963年にハリー・トルーマンとリンドン・ジョンソンが次々に大統領に昇格するという事態が起ると、以後の副大統領にはもっぱら「控え」としての存在が求められるようになり、その結果ホワイトハウスに出入りして閣議に出席することの方が日常的となり、上院本会議の議事進行を行うことは稀となった。
  3. ^ 近年の大統領選では、ほとんどの副大統領候補の発表が全国党大会の2〜3週間前から2〜3日前の間に行なわれている。
  4. ^ 特定候補への投票を誓約しない選挙人団の立候補・被選出も可能だが、近年では非誓約選挙人が選出された例はない。
  5. ^ 1980年の共和党の予備選挙では、前半でブッシュCIA長官が予想以上に善戦した。そのため過半数を優に超える代議員数を得ていたレーガン元カリフォルニア州知事も、副大統領候補の選定には慎重にならざるを得ない状況にあった。指名は全国党大会の最終日前日に行われる大統領候補指名の後まで持ち越しとなったが、このときドリームチケットとして紙面を賑わせたのがフォード前大統領をレーガンの伴走者にするという「レーガン=フォード」チケット構想である。フォードはニクソン大統領の指名と上下両院の承認をもって副大統領に就任、さらに翌年にはニクソン辞任にともない大統領に昇格した。ところが現職大統領として戦った1976年の大統領選挙では民主党カーター候補に破れている。この「大統領選挙に1度も勝ったことがない大統領」に何とか勝利の美酒を味わわせたいという願いもあって、この案は各方面から支持され、一時は既定のシナリオとみなされていた。しかし「ホワイトハウスは2人の大統領の仕事場としては狭すぎる」と判断したレーガンは、結局党内融和と左右のバランスを優先、予備選で次点となったブッシュを副大統領候補に指名した。
  6. ^ 合衆国憲法修正25条第2節
  7. ^ この選挙は現職副大統領のジェファソンが現職大統領のアダムズを破るという「革命的な選挙」だった。詳細は「1800年アメリカ合衆国大統領選挙」を参照。
  8. ^ 副大統領2期目在任中に大統領選に出馬して当選したのは初代副大統領のアダムズ以来実に192年ぶりのことで、ブッシュは「副大統領職は長く務めるほど自身の大統領選が不利になる」という長年のジンクスを覆している。
  9. ^ クエール副大統領は1988年の選挙戦の頃から失言や出来の悪いジョークなどが目立ち、これが副大統領となってからも一向に改まる気配がなかったことから、「万が一の場合の大統領」としての資質を各方面から問われていた。そのため1992年の大統領選で再選を目指すブッシュ大統領には、与党共和党からクエールを更迭すべきだという要請が数多く寄せられていた。しかし自分もレーガン大統領のもとで8年副大統領を務め、何かとこの「偉大な大統領」と比較されることが多かったブッシュは、こうした勧告に一切耳をかさなかった。ブッシュはこの大統領選で敗北している。
  10. ^ なお、バーはニューヨーク州知事選落選直後の1804年7月、法曹界時代から家族ぐるみで対立関係にあったハミルトン財務長官を「ウィホーケンの決闘」で殺害したことにより、ニューヨーク・ニュージャージー両州から殺人罪で起訴されている(ただし後に両州とも起訴を取下げている)。決闘の直接原因は1800年の大統領選挙で、連邦党に属しながら民主共和党のジェファソンを支持していたハミルトンは、同じ民主共和党から立候補していたバーの当選を阻止するため、下院で多数を占める連邦党を説得しジェファソン支持に回らせ、バーの怒りを買った。この大統領選挙の混乱と顛末が憲法修正第12条提案につながる。決闘は修正第12条の批准完了から約1ヶ月後の出来事だった。バーは政界引退後大西部探検旅行に出るが、帰ってきたところを今度は国家反逆罪容疑で逮捕収監されている。合衆国が新たに購入したルイジアナを奪って帝位に即き、スペイン領メキシコに対して戦争を仕掛けることを目論んだ、という壮大な内容の容疑だったが、公判では証拠不十分で無罪となっている。その後は人目を避けてしばらく欧州に「亡命」するなど、何かにつけて異色の副大統領だった。
  11. ^ ただしルーズベルトはウォレスを商務長官に転出させることで宥和を計っている。

関連項目[編集]