不都合な真実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不都合な真実
An Inconvenient Truth
監督 デイビス・グッゲンハイム
製作 ローリー・デイビット
ローレンス・ベンダー
スコット・Z・バーンズ
製作総指揮 ジェフ・スコル
デイビス・グッゲンハイム
ダイアン・ワイアーマン
リッキー・ストラウス
ジェフ・アイヴァース
ナレーター ビリー・ウェスト
出演者 アル・ゴア
音楽 マイケル・ブルック
撮影 デイビス・グッゲンハイム
ロバート・リッチマン
編集 ジェイ・キャシディ
ダン・スウィエトリク
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・クラシックス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年5月24日
日本の旗 2007年1月20日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $49,756,507[1]
テンプレートを表示

不都合な真実』(ふつごうなしんじつ、原題: An Inconvenient Truth)は、2006年アメリカ映画である。アル・ゴアアメリカ合衆国副大統領が主演している。

第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞アカデミー歌曲賞を受賞し、本作で環境問題啓発に貢献したとしてゴアがノーベル平和賞授与されている。

内容[編集]

アル・ゴアが地球温暖化を喧伝するスライド講演に、彼の生い立ちを辿るフィルムを交える構成のドキュメンタリー映画である。過去の気象データや温暖化により変化した自然の光景を用い、環境問題を直視しない政府の姿勢を批判しており、自然環境を意識しつつ日常を生活する重要さを訴えている。

スタッフ[編集]

  • 監督:デイビス・グッゲンハイム
  • 製作総指揮:ジェフ・スコル、デイビス・グッゲンハイム、ダイアン・ワイアーマン、リッキー・ストラウス、ジェフ・アイヴァース
  • 製作:ローリー・デイビット、ローレンス・ベンダー、スコット・Z・バーンズ
  • 音楽:マイケル・ブルック
  • 配給:パラマウント・クラシックス、UIP

評価[編集]

アメリカではブッシュ政権が「地球温暖化など単なる学問上の仮説で、温暖化現象は現実に確認できていない」とする公式見解で温暖化を否定し、ほとんどのメディア報道も追従しており、地球環境の温暖化問題について本作で初めて知ったアメリカ人もおり国内で強い影響を与えた[2]、とする評もある。

内容が事実誤認やデータ誇大化などにより「センセーショナリズムが勝る」等の批判もあり、イギリスでは学校での公開は政治的活動であると保護者らから提訴され、裁判所は「9ヶ所事実誤認している場所がある」として「是正措置を取るように」と判決[3]し、地球温暖化の問題提起は妥当として保護者らの「上映差し止め」請求は退けている。アル・ゴア#環境問題項で詳述する。

本作は多数の論者らが話題にしているが、英高等法院は「西南極とグリーンランド氷床の融解により、近い将来海水準が最大20フィート上昇する可能性がある」とするゴアの主張を「これは明らかに人騒がせで、グリーンランド氷床の融解では相当量の水が放出されるが、それは1000年以上先のことである。」[3]と判断している。「前回に当たる約12万年前の間氷期に、氷床崩壊により数十年間で海面が3メートル程度上昇した。」とする研究結果[4]が、2009年4月16日発売の英科学誌ネイチャーに掲載されている。

興行収入[編集]

北アメリカでは4館で公開がスタートし、初週末3日間で28万1330ドルを稼いで初登場22位[5]である。翌週末は77館に拡大されて135万6387ドルを稼ぎ9位[6]である。最終的に587館まで拡大公開されて北米の累計興行収入は241万46161ドル[1]で、北米でのドキュメンタリー映画興行収入として『シッコ』(2007年)に次ぎ歴代6位[7]である。

日本では、TOHOシネマズ六本木ヒルズで2007年1月20日の公開以来1年以上上映され、上映開始映画館での1年以上長期上映は『ニューシネマ・パラダイス』を抜き歴代1位である。

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞[8] 長編ドキュメンタリー映画賞 デイビス・グッゲンハイム 受賞
歌曲賞 "I Need to Wake Up"
メリッサ・エスリッジ(作詞・作曲)
受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[9] ドキュメンタリー映画賞 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞[10] ドキュメンタリー映画賞 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[11] ドキュメンタリー映画賞 受賞
放送映画批評家協会賞[12] ドキュメンタリー映画賞 受賞
歌曲賞 "I Need to Wake Up"
メリッサ・エスリッジ(作詞・作曲)
ノミネート

日本での影響[編集]

日本では本作公開時に、環境問題を意識した商品の発売や国会質疑で環境大臣が「日本の環境問題を担う大臣がこの映画を観ているのか?」との質疑などがなされた。ジョージ・W・ブッシュ大統領の共和党政権時、チェイニー副大統領来日に際して安倍晋三首相が本作に掛けて「日米が協力して地球温暖化対策を進めよう」と持ちかけるも、「日米安保関係を見直す必要すらある。あの映画はアル・ゴアのプロパガンダだ。」と不快感を示した旨『報道ステーション』などで報道された。

書籍版[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b An Inconvenient Truth”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月20日閲覧。
  2. ^ TBSラジオ「ストリーム・コラムの花道(06年6月13日放送分)」、該当部分は9:00~12:27
  3. ^ a b Times Online (2007年10月11日). “Al Gore’s inconvenient judgment”. 2008年10月4日閲覧。
  4. ^ フランス通信社 (2009年4月16日). “海面急上昇、100年以内の可能性「非常に高い」 メキシコ研究”. 2009年6月14日閲覧。
  5. ^ Weekend Box Office Results for May 26-28, 2006”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月29日閲覧。
  6. ^ Weekend Box Office Results for June 2-4, 2006”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月29日閲覧。
  7. ^ Documentary Movies at the Box Office”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月29日閲覧。
  8. ^ The 79th Academy Awards (2007) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2011年11月29日閲覧。
  9. ^ Awards for 2006”. ナショナル・ボード・オブ・レビュー. 2011年11月29日閲覧。
  10. ^ Los Angeles Film Critics Association. “32ND ANNUAL”. 2011年11月29日閲覧。
  11. ^ ワシントンD.C.映画批評家協会. “2006 WAFCA Awards”. 2011年11月29日閲覧。
  12. ^ “The BFCA Critics' Choice Awards :: 2007”. 放送映画批評家協会. (2007年1月20日). http://www.bfca.org/ccawards/2006.php 2011年11月29日閲覧。 
  13. ^ なお、この本では、核燃料サイクルに対して否定的であったり、「原発は二酸化炭素を排出しない」という意見に対して「完全に正しいわけではない」とするなど、原子力発電に対しては消極的である。『私たちの選択』(日本語版)p150-167。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]