アメリカ合衆国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎、11月に行われる一連の選挙手続き、予備選挙となる立候補者選出及び立候補者による選挙運動から選挙人による本選挙・投票・開票までの全プロセスの総称である。

各年次の大統領選挙に関する詳細は、末尾のテンプレート、または結果の表の「年」の列からリンクされている個別の記事を参照。

アメリカ合衆国憲法第二条:大統領と副大統領の任期[編集]

大統領選挙はアメリカ合衆国憲法第2条の第1節、修正第12条同第22条および同第23条に規定される。大統領および副大統領は4年の任期を務める。

選挙の規定[編集]

選挙権と被選挙権[編集]

大統領選挙の選挙権は、米国籍者[1]に限り、永住権者には選挙権が無い[2]および18歳以上であることと、それに加えて通常、選挙人登録を行っていることが要件となる。 米国は日本のような住民基本台帳が無い為、自動的に選挙人名簿に登録される事は無く、選挙人名簿(en:Voter registration#United_Statesがこれにあたる)に自己申告で登録しなければ選挙人名簿には登録されず、投票資格が生じない。 なお、選挙権が無いにも関わらず選挙人登録をすると刑法犯罪になる。

被選挙権は、35歳以上であること、合衆国内で生まれた合衆国市民(両親が米国籍であれば合衆国外で生まれてもかまわない)であって、14年以上合衆国内に住んでいることが憲法上の要件である[3]。また、大統領を連続して10年を超えて務めることが憲法修正第22条により禁止されており、既に連続2期目の任期にある大統領のうち、その1期目で2年を超えて務めていた者(職務代行も含む)は3期続けて選ばれることはできない。大統領1期目が昇格による就任または職務代行であって、2期目満了時の通算連続任期が6年以下(1期目が2年以下)の場合のみ引き続き3期目にも選出されることが可能である。

この他、多くの州では、二大政党(民主党共和党)以外の立候補に一定数の有権者による署名を必要としている。そのため、二大政党以外の候補者にとって立候補のハードルは高い。第三勢力の候補者は、署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。

2012年アメリカ合衆国大統領選挙の事例では、立候補者は25組いるが、二大政党以外の候補者で全州で立候補できた者はいない。第三勢力から、ほぼ全国規模で立候補した大統領候補はリバタリアン党ゲーリー・E・ジョンソン(48州+ワシントンD.C.[4])、アメリカ立憲党バージル・グード(45州+ワシントンD.C.[5])、アメリカ緑の党ジル・スタイン(43州+ワシントンD.C.[6])、正義党ロッキー・アンダーソン(37州[7])となっている。これらの候補は過半数の大統領選挙人を擁立しており、大統領に当選する可能性があるのは、二大政党の候補者を含めた6名ということになる。

また、立候補した州でも、始めから名簿(リスト)に名前が掲載されている候補と、有権者が任意で自書式投票による追記投票をする必要がある候補に分けられている場合がある(二大政党候補は必ず名前が掲載される)。たとえば、カリフォルニア州では2012年の選挙から、全ての立候補者から選ぶ事が出来るように改正され、2012年の候補者6名全てが名簿に載っている。

選挙方法と最終決定[編集]

テキサス州の投票用紙。同時に行われる様々な選挙の投票欄があるが、ペンで示されている枠が大統領選挙の投票欄。(2008年)
カリフォリニア州一般選挙の郵送投票用紙(2012年)と、候補者・法案など選挙項目に対する公式ガイド

通常、予備選の勝利を確実とした大統領候補が、自らとは支持基盤・政策・キャラクターなどが異なる人物を副大統領候補に内定し、党大会において正副大統領候補が正式指名を受ける。大統領選挙は形式上間接選挙であり、有権者は一般投票日に「大統領候補と副大統領候補のペア(チケット (ticket) )」への投票を誓約する選挙人団 (Electoral College) に票を投じる。もっとも、実際の投票では、大統領候補と副大統領候補の名前のペアとその公認政党の組み合わせの書かれた選択肢に記入して投票すると、その候補ペアへの投票を誓約する選挙人団への票とみなされる投票方式がとられる。メイン州ネブラスカ州以外では、他の選挙人団より1票でも多くの票を獲得した選挙人団がその州に割り当てられた直接選挙票の全てを獲得する勝者総取り方式となっている。選挙人に、選ばれる前に誓約した候補者に票を入れる義務は、憲法や連邦法レベルでは存在しない。州レベルではそのように義務づけているケースもある。全州で獲得した選挙人の数を合計し、獲得総数が多い候補者が勝利する。

有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、1876年1888年2000年の選挙では、一般投票での次点候補が当選している。

投票日[編集]

有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、4年ごとに11月の第1月曜日の翌日(11月2日 - 8日のうち火曜日)に行われる[8]。その後12月の第2水曜日の次の月曜日(12月13日 - 19日うち月曜日)に、各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる。

選挙人による投票は1回のみである。どの候補者も全選挙人過半数票を獲得できなかった場合、大統領は大統領候補高得票者3名以下の中から下院が、副大統領は副大統領候補高得票者2名から上院が選出する。下院での投票は通常議決と異なり、選出州ごとに議員団として投票し、各議員団は議員数に関わらず1票を有する。議会による投票で選出された者として、大統領としてはアダムズ(1825-1829年)、副大統領としては、ジョンソン(1837-1841年)がいる。

大統領選挙人[編集]

各州から選出される選挙人の数は、その州の上院と下院の議員数に等しい人数(合計535人)と決められている。上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。人口は10年毎に行われる国勢調査のデータを使用する。カリフォルニア州から選出される下院議員が最多の53名であることから、選挙人の人数も最も多く55人となる。アラスカ州など下院議員の選出数の最も少ない州は3人の選挙人を選出することとなる。首都ワシントンD.C.は上下両院に議席を持たないが、3名の選挙人が選出される。

現在ほとんどの一般投票有権者はあらかじめ投票先候補者を誓約している代議員団に対して投票する。そのため事実上、選挙人が投票する候補者は一般投票によって決まる[9]。しかし、連邦法および合衆国憲法では選挙人が誓約に従って投票するよう義務付けているわけではなく(一部の州では州法によって義務付けている)、選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。ただし、選挙人が一般投票の結果とは異なった投票を行った例は数の上で極めて少なく、現在の選挙の慣行が形成されて以来、誓約に反した投票が当選者決定に影響を及ぼした例は無い。また特定候補への投票を誓約しない選挙人団の立候補・被選出も可能だが、近年では非誓約選挙人が選出された例はない。

なお現在では選挙人はすべて直接選挙で選ばれているが、選挙人選出は州の権限であるため、連邦法上は必ずしも直接選挙で選出する必要はなく、歴史的には州議会によって選ばれていた例もある。近年でも2000年大統領選挙一般投票のフロリダ州での開票が紛糾した際、一般投票結果の確定が選挙人投票日に間に合わない場合に備えてフロリダ州議会が独自に選挙人を決定する構えを見せていた。

また、ほとんどの州では勝者総取り方式を採用しているものの、2012年大統領選挙の時点で、メイン州とネブラスカ州では、上院議員議席分の2名の枠を州全体での最多得票の陣営に与え、残りの下院議員議席分の枠を、下院選挙区ごとに最多得票の陣営に1名ずつ与える。コロラド州は勝者総取り方式だが、2004年の選挙と同時に行われる住民投票の結果次第で「比例割当方式」に変更される可能性があった。しかし住民投票の結果は反対多数だったことから、従前通りの方式にとどまることが決まった。

結果[編集]

大統領当選者 その他の主な立候補者*
1 1789 ジョージ・ワシントン無所属 (対立候補なし)
2 1792 ジョージ・ワシントン(無所属) (対立候補なし)
3 1796 ジョン・アダムズ連邦党 トーマス・ジェファーソン民主共和党
4 1800 トーマス・ジェファーソン(民主共和党) ジョン・アダムズ (連邦党)
5 1804 トーマス・ジェファーソン(民主共和党) チャールズ・ピンクニー(連邦党)
6 1808 ジェームズ・マディスン(民主共和党) チャールズ・ピンクニー(連邦党)
7 1812 ジェームズ・マディスン(民主共和党) デウィット・クリントン(連邦党)
8 1816 ジェームズ・モンロー(民主共和党) ルーファス・キング(連邦党)
9 1820 ジェームズ・モンロー(民主共和党) (対立候補なし)
10 1824 ジョン・クィンシー・アダムズ‡(民主共和党) アンドリュー・ジャクソン‡(民主共和党)
ウィリアム・クロウフォード (民主共和党)
ヘンリー・クレイ (民主共和党)
11 1828 アンドリュー・ジャクソン(民主党 ジョン・クィンシー・アダムズ(国民共和党
12 1832 アンドリュー・ジャクソン(民主党) ヘンリー・クレイ(国民共和党)
ウィリアム・ワート反メイソン党
ジョン・フロイド無効主義者
13 1836 マーティン・ヴァンビューレン(民主党) ウィリアム・ハリソンホイッグ党
ヒュー・ホワイト(ホイッグ党)
ダニエル・ウェブスター(ホイッグ党)
ウィリー・マンガム (ホイッグ党)
14 1840 ウィリアム・ハリソン(ホイッグ党) マーティン・ヴァンビューレン(民主党)
ジェームズ・バーニーアメリカ自由党
15 1844 ジェームズ・ポーク†(民主党) ヘンリー・クレイ(ホイッグ党)
ジェームズ・バーニー(アメリカ自由党)
16 1848 ザカリー・テイラー(ホイッグ党) ルイス・カス (民主党)
マーティン・ヴァンビューレン(自由土地党
17 1852 フランクリン・ピアース (民主党) ウィンフィールド・スコット(ホイッグ党)
ジョン・ヘイル(自由土地党)
18 1856 ジェームズ・ブキャナン†(民主党) ジョン・フレモント共和党
ミラード・フィルモアノーナッシング党/ホイッグ党)
19 1860 エイブラハム・リンカーン†(共和党) スティーブン・ダグラス (民主党 (北部))
ジョン・ブレッキンリッジ(民主党 (南部))
ジョン・ベル立憲連合党
20 1864 エイブラハム・リンカーン(共和党) ジョージ・マクレラン(民主党)
21 1868 ユリシーズ・グラント(共和党) ホレイショ・シーモア(民主党)
22 1872 ユリシーズ・グラント(共和党) ホレス・グリーリー (民主党/自由民主主義者)
トーマス・ヘンドリックス(独立民主主義者)
23 1876 ラザフォード・ヘイズ‡(共和党) サミュエル・ティルデン‡(民主党)
24 1880 ジェームズ・ガーフィールド†(共和党) ウィンフィールド・ハンコック(民主党)
ジェームズ・ウィーバーグリーンバック党
25 1884 グロバー・クリーブランド†(民主党) ジェイムズ・G・ブレイン(共和党)
26 1888 ベンジャミン・ハリソン‡(共和党) グロバー・クリーブランド‡(民主党)
クリントン・フィスクアメリカ禁酒党
27 1892 グロバー・クリーブランド†(民主党) ベンジャミン・ハリソン(共和党)
ジェームズ・ウィーバー(アメリカ人民党
ジェームズ・ビッドウェル(アメリカ禁酒党)
28 1896 ウィリアム・マッキンリー(共和党) ウィリアム・ブライアン (民主党/アメリカ人民党)
29 1900 ウィリアム・マッキンリー(共和党) ウィリアム・ブライアン(民主党)
ジョン・ウリー (アメリカ禁酒党)
ユージーン・デブスアメリカ社会党
30 1904 セオドア・ルーズベルト(共和党) アルトン・パーカー (民主党)
ユージーン・デブス(アメリカ社会党)
サイラス・スワロー (アメリカ禁酒党)
31 1908 ウィリアム・タフト(共和党) ウィリアム・ブライアン (民主党)
ユージーン・デブス(アメリカ社会党)
ユージーン・チャフィン (アメリカ禁酒党)
32 1912 ウッドロウ・ウィルソン†(民主党) セオドア・ルーズベルト(アメリカ進歩党
ウィリアム・タフト(共和党)
ユージーン・デブス(アメリカ社会党)
ユージーン・チャフィン(アメリカ禁酒党)
33 1916 ウッドロウ・ウィルソン†(民主党) チャールズ・ヒューズ(共和党)
アラン・ベンソン (アメリカ社会党)
フランク・ハンリー (アメリカ禁酒党)
34 1920 ウオレン・ハーディング(共和党) ジェイムズ・コックス (民主党)
ユージーン・デブス (アメリカ社会党)
35 1924 カルヴァン・クーリッジ(共和党) ジョン・W・デイビス (民主党)
ロバート・ラフォレット (アメリカ進歩党/アメリカ社会党)
36 1928 ハーバート・フーヴァー(共和党) アル・スミス (民主党)
37 1932 フランクリン・ルーズベルト (民主党) ハーバート・フーヴァー(共和党)
ノーマン・トーマス (社会主義者)
38 1936 フランクリン・ルーズベルト(民主党) アルフ・ランドン(共和党)
ウィリアム・レムケアメリカ連合党
39 1940 フランクリン・ルーズベルト(民主党) ウェンデル・ウィルキー(共和党)
40 1944 フランクリン・ルーズベルト(民主党) トーマス・デューイ(共和党)
41 1948 ハリー・トルーマン†(民主党) トーマス・デューイ(共和党)
ストローム・サーモンド州権民主党
ヘンリー・ウォレスアメリカ進歩党
42 1952 ドワイト・アイゼンハワー(共和党) アドレー・スティーブンソン(民主党)
43 1956 ドワイト・アイゼンハワー(共和党) アドレー・スティーブンソン(民主党)
44 1960 ジョン・ケネディ†(民主党) リチャード・ニクソン(共和党)
45 1964 リンドン・ジョンソン(民主党)

バリー・ゴールドウォーター(共和党)

46 1968 リチャード・ニクソン†(共和党) ヒューバート・ハンフリー(民主党)
ジョージ・ウォレスアメリカ独立党
47 1972 リチャード・ニクソン(共和党) ジョージ・マクガヴァン(民主党)
ジョン・シュミッツ(アメリカ独立党)
48 1976 ジミー・カーター(民主党) ジェラルド・フォード(共和党)
49 1980 ロナルド・レーガン(共和党) ジミー・カーター(民主党)
ジョン・アンダーソン(独立)
エドワード・クラーク(アメリカ自由党)
50 1984 ロナルド・レーガン(共和党) ウォルター・モンデール(民主党)
51 1988 ジョージ・H・W・ブッシュ(共和党) マイケル・デュカキス(民主党)
52 1992 ビル・クリントン†(民主党) ジョージ・H・W・ブッシュ(共和党)
ロス・ペロー(独立)
53 1996 ビル・クリントン†(民主党) ボブ・ドール(共和党)
ロス・ペロー(アメリカ改革党
54 2000 ジョージ・W・ブッシュ‡(共和党) アル・ゴア‡(民主党)
ラルフ・ネーダー(アメリカ緑の党)
パトリック・ブキャナン (アメリカ改革党)
55 2004 ジョージ・W・ブッシュ(共和党) ジョン・ケリー(民主党)
56 2008 バラク・オバマ(民主党) ジョン・マケイン(共和党)
ラルフ・ネーダー(独立)
ボブ・バー(リバタリアン党)
57 2012 バラク・オバマ(民主党) ミット・ロムニー(共和党)
ゲーリー・E・ジョンソン(リバタリアン党)
*「その他の主な立候補者」は、1824年以降は一般投票総数の0.4%以上を得票した候補、1820年以前は5つ以上の選挙人投票を得た候補。
†一般投票の50%未満の得票率で選出された大統領。
‡一般投票において対立候補より得票が少なかった大統領と、その対立候補。
注:ジョン・タイラー、ミラード・フィルモア、アンドリュー・ジョンソンチェスター・アーサー、リンドン・ジョンソンおよびジェラルド・フォードは選挙で選ばれなかった大統領(副大統領からの昇格)。うち、フォードは副大統領選挙を経ていない(スピロ・アグニュー副大統領の辞職に伴う就任のため)。タイラーと両ジョンソンは、現職候補として再選に出馬しなかった。フィルモアは退任後の出馬(現職としての立候補ではない)。

投票数[編集]

有権者数 ¹ 投票数 投票率
2008 2億3122万9580 1億3261万8580 56.8%
2004 2億2125万6931 1億2229万4978 55.27%
2000 2億0581万5000 1億0558万6274 51.30%
1996 1億9651万1000 9645万6345 49.08%
1992 1億8952万9000 1億0440万5155 55.09%
1988 1億8277万8000 9159万4693 50.11%
1984 1億7446万6000 9265万2680 53.11%
1980 1億6459万7000 8651万5221 52.56%
1976 1億5230万9190 8155万5789 53.55%
1972 1億4077万6000 7771万8554 55.21%
1968 1億2032万8186 7321万1875 60.84%
1964 1億1409万0000 7064万4592 61.92%
1960 1億0915万9000 6883万8204 63.06%

出典:連邦選挙委員会

¹米国国勢調査局の報告には、選挙権取得年齢人口に18歳以上の人口すべてを含むことが注目されるべきである。その数は永住権をもつ者や重犯罪で服役中の囚人といった投票資格のない者をかなりの数含んでいるため、実際の有権者数は多少低くなる。1994年の永住権所持者はおよそ1300万人、1996年の重犯罪で服役中の囚人は約130万人だった。したがって、選挙権取得年齢人口の約7-10%に投票資格がないことが推測できる。さらに、投票資格をもつ者でも、有権者登録手続きを事前に済ませなければ投票権を得られない。

オハイオ州[編集]

オハイオ州での勝敗は、常に注目されている。理由は、現在までの大統領選では、オハイオ州で負けた共和党大統領候補で、大統領選に勝った者はいないこと。そして1900年以降の選挙で、同州で負けた民主党大統領候補で、大統領選に勝利したのは、フランクリン・ルーズベルト、ジョン・F・ケネディの二人だけという結果からである[10]

脚注[編集]

  1. ^ 米国籍は、1)米国内での出生、2)親のどちらかもしくは両方が米国籍者(出生地は問わず)、3)帰化 などによる取得があるが、被選挙権と違い選挙権はどの方式で米国籍を取得したかは問わない
  2. ^ Can I Vote? About.com
  3. ^ この規定に関してオーストリア生まれのため現行法では大統領選挙の立候補資格がないアーノルド・シュワルツェネッガーカリフォルニア州知事が、「合衆国内生まれ」という憲法規定を修正するよう求めている。
  4. ^ うち、名簿登載は46州+ワシントンD.C.
  5. ^ うち、名簿登載は28州
  6. ^ うち、名簿登載は36州+ワシントンD.C.
  7. ^ うち、名簿登載は16州
  8. ^ この日は大統領選挙一般投票の他に、上院定数1/3議席(33議席以上)と下院全議席(435議席)の改選、およびいくつか州では時期により州知事選挙や州最高裁判官、検事長・教育長・カウンティシェリフの選出と、多くの法案の住民投票も同時に行われ、マークシートタイプの投票用紙が使われる。
  9. ^ 1963年大統領継承法(英語)は一般選挙の勝者として選挙運営者の確認を得た大統領候補を「プレジデント・イレクト」(President-Elect、「大統領当選者」)と規定し、次期大統領としての活動のためのオフィスやスタッフの給与等を公費で賄うべきことを定めている。
  10. ^ “オハイオ死闘で長期化へ サントラム氏、反ロムニーの受け皿で善戦”. (2012年3月7日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120307/amr12030721160014-n1.htm 2012年3月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]