ゲーリー・E・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲーリー・アール・ジョンソンGary Earl Johnson,1953年1月1日 - )はアメリカ合衆国の政治家及び実業家。元ニューメキシコ州知事。所属政党は共和党だったが2011年から少数政党のリバタリアン党2012年大統領選挙における同党指名候補[1]

略歴[編集]

ノースダコタ州マイノットデンマークノルウェーロシアの家系を持つ、教師だった父アール・ジョンソンと母ロレーヌ・B・ジョンソンとの間で生まれた。1971年にニューメキシコ州アルバカーキサンディア高等学校英語版を卒業し、1975年ニューメキシコ大学英語版を卒業。大学在籍中に訪問便利屋のアルバイトで稼ぎ、卒業後の1976年に建設会社ビッグ・J・エンタープライズを設立し、後にニューメキシコ州最大の建設会社として育て上げ成功を収める。

1994年にジョンソンは共和党の有力者の支持の下でニューメキシコ州知事選挙への出馬の意向を示した。共和党の指名争いでは、ビジネスで成功した事を宣伝し、減税と雇用創出、財政支出抑制を強調し法と秩序を主張した。指名を勝ち取ったジョンソンは、民主党の現職知事ブルース・キング英語版に勝利し、知事として政界に入る。就任後半年の間に、424件の両院通過法案のうち200件に対して拒否権を行使し、拒否権行使率の全米記録を作る。推進した政策は、支出削減および減税、教育バウチャーの導入など。1998年に再選した後、マリファナ解禁を主張するが実現はせず。2003年まで知事を勤めた。

2008年大統領選挙共和党予備選では、ロン・ポールを支持している。 2009年の時点で2012年大統領選挙への自身の出馬に興味を示し、政治運動 Our America Initiative を立ち上げる。そして2011年4月21日に大統領選挙への出馬を宣言し、共和党の指名争いに参加した。しかし、彼のリバタリアン寄りな立場は、共和党の有力支持グループである保守層から忌避され、支持率の低迷などによりテレビ討論会に呼ばれないこともあった。ロン・ポールとのリバタリアン寄り候補の一本化を模索するも失敗する。そのため共和党からの指名を得るのが難しいと判断し、12月28日にリバタリアン党からの指名を求めることを宣言する。翌2012年5月5日の党大会にて初回投票で70%の代議員票を集め、指名を獲得する[1]。ジョンソンは選挙の目標として、二大政党と同等の取り扱いを受けることのできる基準とされる、一般投票での得票率5%を狙うが、結果は1%弱の得票率に終わった。しかし同党候補として初めて百万票以上を獲得している。得票率は同党歴代2位。

政策[編集]

リバタリアニズムを基調としており、小さな政府、すなわち政府支出削減による均衡財政や減税を主張している。社会政策においても同性結婚の権利擁護や麻薬戦争の弊害解消のための大麻の合法化といった市民的自由を主張する。また、アフガニスタンでのテロとの戦いイラク戦争リビア内戦の介入などには反対の立場で、在日米軍を始め、海外のアメリカ軍基地の撤退を主張している。

生活[編集]

フィットネス愛好家としても知られ、アイアンマン・トライアスロンエベレスト山の登山に挑戦している。

2005年にパラグライダーの事故で複数個所を骨折した後、治癒までの3年間ほど鎮痛剤代わりにマリファナを喫煙している。以前鎮痛剤を服用した際の副作用に懲りていたとのことである[2]。一方で、普段はアルコールのみならずカフェイン飲料や砂糖も節制している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Libertarian Party Nominates Gary Johnson for President リバタリアン党公式サイト 2012年5月5日
  2. ^ Gov. Gary Johnson: I Smoked Marijuana from 2005 to 2008 The Weekly Standard 2010年12月6日