ダニエル・ウェブスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ウェブスター
Daniel Webster
Daniel Webster.jpg
生年月日 1782年1月18日
出生地 US flag 13 stars – Betsy Ross.svg アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ソールズベリー
没年月日 1852年10月24日(70歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州マーシュフィールド
出身校 ダートマス大学
現職 政治家, 弁護士
所属政党 フェデラリスト党
国民共和党
ホイッグ党
配偶者 グレース・フレッチャー・ウェブスター
キャロライン・リロイ・ウェブスター
サイン Daniel Webster Signature.svg

任期 1841年3月6日 - 1843年5月8日
元首 ウィリアム・ヘンリー・ハリソン
ジョン・タイラー

任期 1850年7月23日 - 1852年10月24日
元首 ミラード・フィルモア

任期 1827年6月8日 - 1841年2月22日
任期 1845年3月4日 - 1850年7月22日

任期 1823年3月4日 - 1827年5月30日
テンプレートを表示

ダニエル・ウェブスター英語: Daniel Webster, 1782年1月18日 - 1852年10月24日)は、アメリカ合衆国の政治家、法律家。連邦下院議員(1813年 - 1816年1823年 - 1828年)、連邦上院議員(マサチューセッツ州選出、1827年 - 1841年1845年 - 1850年)、国務長官1841年 - 1843年1850年 - 1852年)を歴任。フェデラリスト党ホイッグ党に所属。19世紀前半のアメリカを代表する政治家の一人である。上院におけるいわゆる「フェイマス・ファイヴ」の一人。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

ニューハンプシャー州ソールズベリーで、エベネゼル・ウェブスターとアビガイル(またはイーストマン)夫妻の息子として生まれた。両親は小さな農場(父親のエベネゼルがフレンチ・インディアン戦争の功績で得た物)を経営し、彼はそこで成長した。一家は貧しかったが、教育には熱心で息子のために家庭教師を雇い、ウェブスターはニューハンプシャー州エクセターのフィリップス・エクセター・アカデミーに入学した。

ウェブスターはエクセター・アカデミーを9ヶ月で去る。子供の頃彼は人前で話すことを非常に恐れ、学校の授業で必要な「朗読」に対する恐怖を十分に克服することができなかった。後に弁論家として成功したにもかかわらず、彼は学校で石の様に押し黙り、恥ずかしさで涙を浮かべて部屋にこもったと記録される。アカデミーを短期間で去った理由は不明であるが、おそらくは彼の恐怖心に対して両親が無力であったことが考えられる。

エクセターを辞めた後、彼はダートマス大学に入学し、ファイ・ベータ・カッパクラブを1801年に卒業した。ここで彼は演説に対する恐怖を克服するため、驚異的な記憶力とスピーチ原稿作成能力を活用した。彼は「United Fraternity」文学協会に加わり、演説の訓練を行った。彼が成功した後、ハノーヴァーの町は独立記念日の演説を彼に依頼した。ダートマスを1805年に卒業すると、彼は初めにトマス・W・トムプソン、次にクリストファー・ゴアの元で働き、続いてニューハンプシャー州ボスコーエンで法律業を開始する。1807年にはポーツマスに新しい事務所を開業した。

1808年に彼はグレース・フレッチャー(1828年没)と結婚する。二人は息子のチャールズを儲けた。

初期の政治生命[編集]

弁護士としてウェブスターの評判はたちまちに高くなり、さらに彼は連邦党の指導者に就任した。1812年に彼は下院議員に選出され、米英戦争への反対を強く主張した。彼は2期を務めた後1816年に議会を去り、マサチューセッツ州マーシュフィールド(ボストンの65km南、プリマスの近く)に転居した。

国務長官として[編集]

その後[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ジョージ・サリヴァン
ニューハンプシャー州選出下院議員
ニューハンプシャー州大選挙区

1813年3月4日 - 1817年3月4日
同職:ブラッドベリー・シルレイ, サミュエル・スミス, チャールズ・アザートン, ウィリアム・ヘイル, ロジャー・ヴォーズ, ジェドタン・ウィルコックス
次代:
アーサー・リヴァモア
先代:
ベンジャミン・ゴーハム
マサチューセッツ州選出下院議員
マサチューセッツ州第1選挙区

1823年3月4日 - 1827年5月30日
次代:
ベンジャミン・ゴーハム
議会
先代:
エリヤー・マイルズ
マサチューセッツ州選出上院議員(第1部)
1827年6月8日 - 1841年2月22日
同職:ナサニエル・シルスビー, ジョン・ディヴィス
次代:
ルーファス・コート
先代:
ルーファス・コート
マサチューセッツ州選出上院議員(第1部)
1845年3月4日 - 1850年7月22日
同職:ジョン・ディヴィス
次代:
ロバート・ウィンスロップ
公職
先代:
サミュエル・スミス
メリーランド州
上院財政委員会委員長
1833年 - 1836年
次代:
サイラス・ライト
ニューヨーク州
先代:
ジョン・フォーサイス
アメリカ合衆国国務長官
Served under: ウィリアム・ヘンリー・ハリソン, ジョン・タイラー

1841年3月6日 - 1843年5月8日
次代:
エイベル・アップシャー
先代:
ジョン・ミドルトン・クレイトン
アメリカ合衆国国務長官
Served under: ミラード・フィルモア

1850年7月23日 - 1852年10月24日
次代:
エドワード・エヴァレット
党職
先代:
空席
ホイッグ党大統領候補
1836年(落選)1
次代:
ウィリアム・ヘンリー・ハリソン
先代:
'
統一党大統領候補
1852年(落選)2
次代:
'
注釈
1. ホイッグ党は1836年の大統領選で地方候補を擁立した。ウェブスターはマサチューセッツ州で立候補し、ウィリアム・ヘンリー・ハリソンは北部州、ヒュー・ローソン・ホワイトは南部州で立候補した。
2. ダニエル・ウェブスターは選挙の1週間前、1852年10月24日に死去した。しかしながら彼の名前はマサチューセッツ州とジョージア州の候補者名簿に残っていた。そして7,000票弱を得票した。