ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

ウィリアム・ジェニングス・ブライアン(William Jennings Bryan、1860年3月19日 - 1925年7月26日)は、アメリカ合衆国政治家、演説家、弁護士中西部イリノイ州生まれ、ネブラスカ州出身。

概要[編集]

ブライアンは、アメリカ合衆国大統領選挙における民主党の大統領候補者に3回選出された経歴を持つ。アメリカの歴史の中で最も人気のある雄弁家の一人であり、太い威圧的な声で有名であった。

ブライアンは、また敬虔な長老教会派の信者であり、大衆民主主主義の強い支持者であり、銀行と鉄道の厳しい批判者、1890年代銀本位制運動のリーダー、当時の民主党の最有力者であり、平和主義者、禁酒法支持者であると共に、ダーウィニズムの反対者でもあり、また、19世紀後半と20世紀前半のアメリカのポピュリズム(人民主義)における最も著名なリーダーの一人であった。

彼は、「Great Commoner」と呼ばれ、一般人の正義と良識に対し、絶対的な信頼を寄せていた。彼は1896年1900年の大統領選挙にて激戦の末、ウィリアム・マッキンリーに破れたが、民主党の影響力は保持した。

ブライアンはアメリカの歴史で最も精力的な遊説家の一人であり、大統領候補の全国遊説旅行を始めた人物である。彼は大統領選へ3回出馬したがすべて敗北した。1896年の選挙では銀の自由鋳造(Free Silver)運動、1900年の選挙では反帝国主義運動、1908年の選挙では反トラスト運動を宣伝した。そして、トラストや大銀行と戦って、ポピュリズムを受け入れることを求め、民主党を農民と労働者を代表する党として再生させた。

彼は1913年ウッドロウ・ウィルソン大統領により国務長官に任命された。独占資本主義に対する彼の社会改革案のいくつか(所得税法累進課税採用)・上院議員の直接選挙制・婦人参政権禁酒法・選挙資金公表義務法など)はウィルソン大統領の下で実現された。しかし、ブライアンは第一次世界大戦中の1915年に、ドイツ潜水艦による客船ルシタニア号撃沈の際の対独方針について、大統領と見解を異にしたため辞任した。

1920年代には、彼は禁酒法の強い支持者であった。当時、ダーウィニズム反対運動に加わったことは、彼の汚点として有名である。彼は1925年に死亡した。

ウィリアム・ジェニングス・ブライアンを扱った作品[編集]

映像作品[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
フィランダー・ノックス
アメリカ合衆国国務長官
1913年3月5日 - 1915年6月9日
次代:
ロバート・ランシング