ウォーレン・クリストファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォーレン・クリストファー
Warren Christopher
Warren Minor Christopher2.jpg
生年月日 1925年10月27日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースダコタ州スクラントン
没年月日 2011年3月18日(満85歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
出身校 レッドランズ大学
南カリフォルニア大学
スタンフォード法科大学院
所属政党 民主党
配偶者 マリー・ウィリス

第63代アメリカ合衆国国務長官
任期 1993年1月20日 - 1997年1月17日
元首 ビル・クリントン

第5代アメリカ合衆国国務副長官
任期 1977年2月26日 - 1981年1月20日
元首 ジミー・カーター

第7代アメリカ合衆国司法副長官
任期 1967年3月10日 - 1969年1月20日
元首 リンドン・ジョンソン
テンプレートを表示

ウォーレン・マイナー・クリストファー英語: Warren Minor Christopher, 1925年10月27日 - 2011年3月18日[1])は、アメリカ合衆国政治家カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)政治学部客員教授。

生涯[編集]

生い立ちと初期の経歴[編集]

1925年10月27日ノースダコタ州スクラントンにおいて誕生した。ハリウッド高校を卒業し、レッドランズ大学へ進学した。クリストファーは地元の友愛会カッパ・シグマ・シグマに参加した。

1945年2月南カリフォルニア大学の学部課程を優等で修了した。クリストファーは1943年7月から1946年9月までアメリカ合衆国海軍予備役部隊に所属し、少尉として太平洋戦域で現役任務に従事した。クリストファーは1946年から1949年までスタンフォード法科大学院に所属し、スタンフォード法律評論誌を創刊した。1949年法学士号を取得し、優秀法学生会に加入した。

政治略歴[編集]

ジョンソン政権の司法副長官、カーター政権の国務副長官を経て、1993年からクリントン政権一期目の国務長官を務めた。カーター政権期には米中国交正常化、クリントン政権期にはボスニア問題などに取り組んだ。1993年には世界人権会議に出席し、「人権の抑圧の隠れ蓑としての文化相対主義」を批判した。

2011年3月18日、腎臓がんと膀胱がんの合併症のためカリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で死去。85歳没[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

司法職
先代:
ラムゼイ・クラーク
アメリカ合衆国司法副長官
1967–1969
次代:
リチャード・クラインディーンスト
公職
先代:
チャールズ・ウェズリー・ロビンソン
アメリカ合衆国国務副長官
1977年2月26日 - 1981年1月16日
次代:
ウィリアム・パトリック・クラーク
先代:
ローレンス・イーグルバーガー
アメリカ合衆国国務長官
1993年1月20日 - 1997年1月17日
次代:
マデレーン・オルブライト