1988年アメリカ合衆国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
選挙結果。青が民主党、赤が共和党の候補を支持。

1988年アメリカ合衆国大統領選挙(1988ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election of 1988)は、1988年11月8日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙である。現職副大統領であった共和党ジョージ・H・W・ブッシュ候補が当選した。

予備選[編集]

民主党予備選出馬候補[編集]

民主党は1984年の選挙で、ニューディール政策以来の伝統的なリベラル派[1]であるウォルター・モンデールを大統領候補に指名したが、共和党の現職であったレーガンの前に大敗を喫した。このため民主党指導部は、大統領選に勝利するために新しい手法を模索していた。当初彼らは、1986年中間選挙ではイラン・コントラ疑惑によるレーガン政権のイメージ低下もあって大きな支持を集め、6年ぶりに共和党から上院での過半数を取り戻したこともあり、今回の大統領選挙の戦局についてやや楽観的になっていた。 大統領候補として名乗りを上げたのは以下の人物である。

1987年初頭の時点では、上院議員のゲイリー・ハートが出馬を表明していた候補の中では明らかな先行候補であった。(民主党はこのほか、ニューヨーク州知事のマリオ・クオモも候補として考えていた。) ハートには、1984年の大統領選挙の際に民主党の予備選挙を戦った経験があり、そのことも彼を有利にしていた。しかしハートは、マイアミ・ヘラルド紙に女性スキャンダルをスクープされたことにより世論調査での支持率が急落、1987年5月には選挙キャンペーンからの撤退を迫られている。この後ハートは、1987年12月に電撃的に予備選レースに復帰したものの、スキャンダルによるイメージ失墜は致命的であり、結局再撤退を余儀なくされた。

マサチューセッツ州選出の上院議員であるエドワード・ケネディも有力候補と見られていたが、1985年には出馬を辞退している。また、デラウェア州選出の上院議員であるジョー・バイデンも、イギリス労働党ニール・キノック党首のスピーチを盗用した疑惑などが問題となり、1987年9月に選挙戦から撤退した。

初戦のアイオワ州では、ゲッパートがトップ、サイモンが2位、デュカキスが3位だった。ニューハンプシャー州ではデュカキスがトップ、ゲッパートが2位、サイモンが3位だった。デュカキスとゴアはゲッパードに対するネガティブキャンペーンを行なった。 全米自動車労働組合がゲッパードへの支持を取りやめたことにより、労組を主な支持母体としていたゲッパードは大きく後退することになる。

ゴアとジャクソンは南部諸州を主な地盤としており、スーパー・チューズデーの選挙戦で、デュカキスは6州、ゴアは5州、ジャクソンは5州、ゲッパートは1州で勝利した。翌週、イリノイ州ではサイモンが勝利した。最終的にデュカキスが勝利し、アトランタで開かれた民主党全国大会において、大統領候補に選出された。

ジェシー・ジャクソンを副大統領候補としようとする動きもあったが、デュカキスはそれを拒否、ロイド・ベンツェンを副大統領候補に選んだ。

共和党予備選出馬候補[編集]

副大統領のジョージ・H・W・ブッシュは現大統領のロナルド・レーガンの支援を受けるとともに、レーガンの政策を継承すると宣言したが、その一方で、穏健派の有権者を味方に付けるため、「優しいアメリカ」 (kinder, gentler America) を標榜した。 このようにブッシュ優勢の状況だったが、他にも大統領指名争いに、以下のような数人の候補者が出馬した。

ブッシュは予想外にも、初戦のアイオワ州での党員集会でドール、ロバートソンに敗れ3位に終わった。ブッシュ陣営が初戦でつまづく格好になったのに対し、アイオワで勝利を収めたドールは、次のニューハンプシャー州の党員集会でも当初は優勢であった。ブッシュ陣営はアイオワでの敗戦を挽回すべく、ドールを「増税男」だと表現したテレビコマーシャルを放送したり、ブッシュ支持を表明していたジョン・H・スヌヌ州知事が支持を訴えて州内各地を遊説して回るなど、様々な作戦を講じた。これらの作戦が功を奏し、ブッシュはニュー・ハンプシャーでドールを破り、今後の予備選に向けて大きな勢いをつけることとなった。一方、敗れたドールは非常に落胆し、テレビでブッシュに「私のことについてウソを言いまくるのはやめてくれ。」と話した。スーパー・チューズデーともなると、ブッシュは強力な組織力と資金面で優勢な立場となり、他の候補者を寄せ付けず、結局ブッシュが指名されたのであった。 共和党全国大会ニューオーリンズで開かれ、ブッシュは全会一致で指名された。

また上院議員ダン・クエールが発声採決により副大統領に指名されることとなった。

演説でブッシュは威勢のいい声でこう宣誓した、「よく聞いてください。もう増税はなしです。」(Read my lips: no new taxes)。だがこの公約が守られなかったため、1992年の大統領選挙でブッシュの足を引っ張ることになる。

本選結果[編集]

大統領候補 副大統領候補 政党 選挙人投票 (EV) 一般投票 (PV)
ジョージ・H・W・ブッシュテキサス州 (当選) ダン・クエールインディアナ州 共和党 426 48,882,808 53.4%
マイケル・デュカキスマサチューセッツ州 ロイド・ベンツェンテキサス州 民主党 111 41,807,430 45.6%
ロイド・ベンツェンテキサス州 マイケル・デュカキスマサチューセッツ州 民主党 1 (不出馬) -
ロナルド・ポール アンドレ・V・マーロウ リバタリアン党 0 432,179 0.5%
レノーラ・フラーニ 新連合党 0 217,219 0.2
その他     0 251,830 0.3
合計     538 91,591,486 100.00

雑学[編集]

この年の大統領選挙は、その名もズバリ「アメリカ大統領選挙」というファミコンソフトにもなって、日本でも取り上げられた(ただし実名ではない)。

脚注[編集]

  1. ^ モンデールを伝統的リベラル派と評している一例国際大学日米関係研究所の信田智人教授が作成・公開している文献より)